今宮戎神社に行きました

0

    十日戎で有名な、商売繁盛の神社、
    今宮戎神社に行きました。

    場所的には、
    あまりお行儀が良いとはいえない所なので、
    今まで訪れた事がありませんでした。
    通天閣の見える所にあるのです。

    行ってみて驚きました。
    とても小さいのです。
    毎年1月10日には、
    縁起物の笹を求めて
    大勢の人で大賑わいする
    有名な神社なので、
    もっと大きいのかと思っていましたが、
    一周5分もかからない、
    こじんまりした神社でした。

    神社仏閣といえば、
    大抵は平日であっても、
    何かしら観光客の参拝者がいるものですが、
    それも全く無く、
    実に閑散としています。



    それでも参拝に来る人はひっきりなしにあります。
    後で思ったのですが、
    時間的に、おそらくは、夕方から
    お店を開ける方々なのだと思います。

    境内はきれいに掃除してあり、
    本殿は立派で、質素な美しさがあります。
    でも、ぐるっと一周すると、
    裏の方で地べたに寝ている人がいたりして、
    さすがの土地柄です。(^_^;)

    お願い事は、いつもの通りです。
    商売繁盛の神社なので、
    下僕の皆様の繁盛もお祈りしました。
    沢山稼いで、たっぷり貢いで差し上げて下さいね。

    御朱印も頂きました。
    平成の御朱印はきっとこれでおしまいです。
    次回はどこで頂けるかわかりませんが、
    令和の年号になりますね。


    omachi 様
    耳寄りなお話をありがとうございます。
    本当に世の中には才能あふれる方が
    たくさんいらっしゃいますね。
    昔だったら、世に出ないままに
    なったかもしれない才能が、
    インターネットで
    広く伝わる可能性が広がったのは
    良いなあと、思います。
    探して読んでみます。
    ありがとうございます。(^_^)


    才能と努力にひれ伏す幸せ

    0

      大阪梅田の阪神百貨店に行きました。
      交通費は往復2000円です。
      死ねる。(;ω;)

      花房さくらさんの木彫り彫刻を
      見たくて行きました。
      行って良かったです。
      交通費で死んだけど。


      この作品は40〜50センチぐらい。
      お値段が2~30万円ぐらいだったでしょうか。
      2000円の交通費で死ぬ私は、
      いくら命があっても死に続けるしか!

      花房さくらさんの彫刻は、
      とにかくかわいらしくて、
      イキイキしていて、
      二足歩行の体型に無理が無いのです。
      こんなネコと暮らしたい。(T_T)
      こんなこがねちゃんとりうちゃんと暮らしたい。(T_T)
      泣ける。

      そして、お隣の画廊は、

      りうちゃん!?


      撮影は出来ないので、
      案内葉書の写真だけですが、

      とても精密で綺麗な絵画です!
      初めて拝見する画家さんでした。

      毛並みの描写が正確で、
      間違いがありません。
      ネコさんがホントに好きじゃないと、
      絶対に描けないです。

      画材は何だろう?
      アクリルか油彩か?

      なんと、クレヨンを針で引っ掻いて
      描かれているそうで、たまげました。
      ひげの白い細い線は、
      そうやって描かれていたとは、びっくりです。
      よくよく見て見ると、
      アンダーコートのフワフワの毛並みも見えるのです。
      毛並みの一本まで
      描こうとされているのが判って、
      本当にド肝抜かれました。(@@;)
      でも、精密画とも写実的とも少し違うのです。
      生きているネコの生命を、
      紙の中にそのまま生かそうとして、
      描かれているように思いました。
      この方の絵は生で実物を見て欲しいです。
      泣きますよ。
      私は泣きました。(T_T)
      こがねちゃん、りうちゃんに会いたくって。

      ナメるように長い時間絵を観て、
      挙げ句にダラダラ泣いているオバちゃんに、
      天下の阪神百貨店画廊は戦慄したに違いありません。
      もう行けないかも。(T_T)


      こちらももちろん何十万円の世界です。
      私には到底相応しくない素晴らしい作品です。
      まず、これに相応しい家が必要です。
      はい、無い!死のう!(T_T)

      優れた作品を所有するには、
      それに相応しい持ち主で無いといけないと思います。
      死蔵したり、劣悪な環境に置くのはダメです。

      どちらもお値段が高いと
      言ってるのでは無いです。
      多分、画廊や百貨店に
      40~50%は持ってかれると思うし。

      ただ、もし、私なら、
      ネコを描いたり作ったりしたものは、
      複製品で無ければ販売できないです。
      だから、オリジナルの原型や原画を
      手放せるのがただただ凄いと思うのです。

      制作過程が重要で、
      完成した物はさほど重要ではないとか、
      興味がないとか、
      同じような物ならまたいくらでも作れる、
      という作家さんもおられるとは思います。
      また、それがプロなのでしょうね。

      私は多分、どんなに不出来でも、
      自分の作ったネコの形の物は、
      我がネコ同然になってしまうと思うのです。
      情が移ってしまってダメ。(-_-;)
      きっと、ネコで身を滅ぼしかねないです。
      いや、もうすでに滅んだようなものです。(-_-;)

      あまりにも好き過ぎると、
      自滅する事もあるのでしょう。(-_-;)
      ネコさんは大好きだけど、
      大好きだけど、
      辛くて、いつでもどこでもすぐ泣けるのは、
      やっぱりマズイです。(-_-;)

      スゴい才能と努力に、ド肝ぬかれて、
      ひれ伏すのは幸せなことですね。
      良い物を見ると、幸せな気持ちになります。
      きっと、脳みそが喜んでいるのでしょう。
      私も久しぶりに何か描きたくなりました。
      うまい下手抜きにして、気楽にたのしく、
      自分のためだけに描きたいです。


      春日大社と奈良のお土産

      0


        春日大社さんの鹿のおみくじです。
        木彫と焼物の2種類あって、500円と600円。
        手作りなので、お顔が少しづつ違うのですが、
        まぁ、ほとんど違いはないので、
        目があった子にしました。
        ずっと長い間、欲しかったので嬉しいです。
        恐ろしいまでの出不精なので、多分、しばらく行くことはないと思います。(^_^;)

        春日大社の奥は原生林の禁足地です。
        土の参道をぐるっと周りましたが、
        昨年夏の台風で倒れたらしい木がゴロゴロしていました。


        同行してくれた友人に、
        ならまちの端っこにある、
        よつばカフェさんに連れて行って貰いました。
        これは「鹿の落とし物」プリンです。
        とても美味しかったです。
        品名の意味を理解したのは、何日も経ってからです。(^_^;)
        そうね、コロコロっとね、落とすのよね。


        チーズケーキもいただきました。
        アイスクリームも添えられてて、
        こちらも美味しかったです。

        よつばカフェさんは、
        築100年近くの小さな古民家です。
        平日夕方に行ったせいか、
        他にお客さんもいなくて貸切状態だったので、
        ゆっくり贅沢な時間を過ごさせていただきました。

        ならまちと呼ばれる旧い住宅街ですが、
        随分久しぶりに歩いて見ると、
        古民家が消えているような気がしました。
        新しいキレイな家に建て変わっているように思います。
        古い木造住宅は実際問題住みにくいと思うので、
        仕方がないのですが、やっぱり勿体ない。(^_^;)




        春日大社に行きました

        0

          ずっと行きたい行きたいと言いながら、

          暑いの寒いの忙しいのと言って、行け(か!)なかった、奈良の春日大社に行きました。

           

          こがねちゃん、りうちゃんをお還ししたことを報告し、

          全てのネコさんたちの幸せをお願いしました。

          私が神仏に祈るのは、このことだけしかありません。(^_^;)


          有名な、この灯篭は、伏見稲荷大社の鳥居みたいに寄進されたものだと初めて知りました。

          直江兼続さんや、宇喜多秀家さんなどの戦国時代の武将が寄進したものもありましたが、

          さすがに当時のものではないのじゃないかなあ?と。

          後世に作り直したものか、レプリカではないかと?

          どうなんだろう〜?


          鹿さんは、冬毛の抜け替わりなのか、ぼさぼさの子が多くて、

          ブラッシングしたくなりました。

          それにしても、何も持ってないのに、お煎餅を寄越せとグイグイ来ます。

          前はこんなことはなかったよなあ、とため息です。

          外国人客が増える前なら、お煎餅を持った人を見つけたら、

          そっと接近してくるぐらいだったのに、

          持ってなくてもグイグイ寄ってきます。(^_^;)

           

          奈良公園の鹿は、野生動物なので、

          人も接近しすぎないように無意識に線引きをしていたと思いますが、

          そんなことは解らない外国人が線引きを無視して、

          飼いならされたペット動物であるかのように触ったりするものだから、

          秩序が崩れてしまいました。

          日本人が何百年もかかって築いた信頼関係が台無しにされてしまいました。

          せめて、鹿の体に触らないようにしてほしいですが、無理でしょうね。

          目先の小銭のために外国人におもねるのも、いい加減にしてほしいです。

           

          久しぶりに訪れた奈良の商店街も、

          お店がちらほら変わっていて、様変わりしていました。

          メインストリート(すぐ終わる。とてもショボイ)の東向き商店街は普通に開いていましたが、

          餅井殿商店街(とても薄暗くて狭くてショボイ)、

          下御門商店街(心細くなるぐらいショボイ)は、

          定休日なのか、ほとんど閉まっていて、ため息が出ました。

          桜がきれいな、温暖なこの時期に稼がなくて、いつ稼ぐつもりなのかと。

          観光客シーズンの時期に定休日て。

          実に奈良らしいです。(^_^;)

           

          興福寺の国宝館にも初めて入りました。

          ここには、有名な阿修羅立像があります。

          修学旅行生と一緒になってしまったで、混雑してちょっと大変でした。

          それよりも、ただ入らせて、だらだら見物したって

          何も身につかないのだからもったいないと思いましたね。

          少しでも何かしらわかりやすい解説があれば、

          興味のある子は立ち止まって聞くだろうし、

          なんだろうね、学校っていまだにこんな無駄なことやってるのかと思いました。

           

          まあ、私も聞きかじりの受け売りですが、

          仏像の種類は、如来、菩薩、明王、天、の4種類とか、

          五重塔は仏舎利を入れておくためのもので、もともとは塔が信仰の対象とか、

          本尊の仏像は必ず南を向いているので、南大門から入るのがベスト、とか、

          知ってると面白いです。

          中高生でも食いつくと思うんだけどなあ。(^_^;)

           

          信仰というのは、人が理性を保つために編み出した秩序の要だったのだと思います。

          昔は、生きることの方が、死ぬことよりずっと辛くて大変だったから、

          すがる対象、救ってくれるものがどうしても必要だったのでしょうね。

          そう考えると、悲しいような、恐ろしいような気持にもなります。

          生きたい、死にたくないという気持ちに対して、

          諦めろ、執着するな、ワシが全部受け止めたる!と教えた仏教は、

          優しいのか、残酷なのか、私にはよく解りません。(^_^;)

           

           

          みなさま、本当にありがとうございます。

          ネコさんとの出会い、縁、見過ごせない、無視できない、という気持ち、

          とても大切で素晴らしい気持ちだと思います。

          みなさまのネコさんのことも、

          しっかり春日大社さんにお願いしましたので、大丈夫ですよ!

          何が?ということは置いといて、大丈夫ですよ!(^_^;)

           

           


          本屋さんに行きました

          0
            台風一過です。
            こちらは幸い大した事はなかったです。
            雨戸を閉めなくてもよかったですが、防災は無駄になって良しですしね。



            買い物のついでに本屋さんに寄りました。
            久しぶりに文庫本でも買って読もうと思ったのですが、
            よくよく考えたら、積ん読の本が何冊もあるのを思い出してやめました。
            目録だけもらいました。

            30代ぐらいまでは、月に5冊は文庫本を買って読んでました。
            古書店で買って読む分も入れたら、10冊近いかも。
            何に追われてたのか、よく判らないですが、
            多分、「日常」から逃避するため、
            「日常」以外の世界を
            自分の中に取り込みたかったのかな?と、思います。
            あの頃の自分に、説教するとしたら、
            アホみたいに本読むのもいいけど、
            もう少し自分の手足動かした方がいいよ、
            座学よりフィールドワークだよ、
            経験だよ、って言いたいですね。(^_^;)

            それに、主に読むのは文庫本の小説だから、
            結局、自分の読書は、
            時間潰しの娯楽なのだと気がついてしまって、
            それで貪欲に読むという事がなくなりました。

            ゲーム(RPG )をしなくなったのも、
            最終的には勝てるようにできてる
            接待ゴルフだと気がついて空しくなったからです。
            もちろん、そうじゃないゲームもありますが、
            そういうのはクリアできなくて、
            「むーーーー(´;ω;`)」って、なりますしね。
            バイオハザード1で、
            食堂の壁に顔面こすりながら
            テーブルの周りを一時間周回した挙げ句、
            物置部屋で一生を過ごすことを決意したのは私です。

            読書をディスってますが、
            あの、アホみたいにジャンル問わずに本を読んで、
            活字中毒者を自認していた時に読んだものが、
            なにかしら肥やしになっているのは本当だと思います。
            古い引き出しにしまいこんだままになっている、
            古い書き付け、捨ててもいいけど捨てられないもの。

            やっぱり本は読まないより読んだ方がいいですね。
            でも、そればっかりでもやっぱりダメです。(^_^;)


            いつだって猫展に行きました

            0
              ちょっと前に京都で開催中の「いつだって猫展」に行きました。


              詳細はまた後日に書きます。
              とりあえず、ネコ写真を貼るコーナーがありますので、私も貼って来ました。




              会期はもうわずかしか無いのですが、アレっと思ってくださる方がいたら嬉しいなぁ、と思います。
              とても素晴らしい会場と展示なので、今からでもぜひお越し下さい。
              お土産会場もすごいですよ。
              (^_^)


              「魔女の秘密 展」に行きました

              0

                大阪港、海遊館の隣で開催中の「魔女の秘密 展」を観にいきました。
                もう財布がもたないよう (´;ω;`)ウゥゥ
                こないだ梅田行った時とあわせると、ぶっちゃけ4000円交通費に消えたよう (´;ω;`)ウゥゥ
                魔女か? 魔女の仕業か? (´;ω;`)ウゥゥ

                いわゆる魔女狩りがもっとも多く行われたのがドイツで、年代的には関ヶ原の前後ぐらいの時代です。
                魔女狩りというのは本当に恐ろしい社会現象で、要するに根も葉もないデマで罪の無い人が大勢殺されたのです。
                いつ、何がきっかけで自分に攻撃の矛先が向かってくるかもしれないというのは本当に恐ろしいです。
                よくもまあ、ヨーロッパの人々はこんな世の中を生き抜いてこられたものです。
                敵がはっきりしている分、対外戦争の方がまだましかもしれません。

                一番ゾッとしたのが、魔女の烙印を押され処刑される男性が、娘に宛てて書いた遺書ともいえる手紙でした。
                手紙を看守に託すことさえとても危険なのだと綴りながらも、処刑前の自分の気持ちを娘に伝えないことにはおられないのですね。
                彼は、役所に勤める身分の高い人間であったにも関わらず、魔女とされてしまいました。
                もし、そうなるまでに誰かを糾弾していたとしたら、あまり同情できるものでもありませんが、そうでないのなら気の毒すぎます。

                 

                キタに行きました

                0
                  大阪はキタとミナミの2つに分かれています。
                  本来の由緒正しい「大坂」はミナミのことを指し、江戸時代までのキタは梅田村と言って、古地図を見ると町並みがまったくありません。
                  田んぼと畑だけです。それと墓場。
                  今のJR大阪駅は墓地だったそうです。

                  現在のキタとミナミの人の流れは、恐らくほぼ寸断されていて、キタの人はミナミには行かないし、逆もまた同じ。
                  東京の動線が東西で寸断されているのと同じです。
                  片方で用事が足りてしまうのですね。

                  で、右も左もよくわからなくなったキタに行ってきたわけです。
                  いえ、ミナミもあんまりよくわかっていません。
                  それにしても、なんといっても手強いのが梅田は地下街です。
                  方向音痴にはキツすぎます。地下街は。
                  方向音痴の恐ろしさは、人に道を尋ねて教えていただいても、わかりました、ありがとうございます、(^_^) と言って、反対方向にスタスタ悪気もなく平気で歩いて行くのです。
                  いや、もうホントに悪気はないんです。
                  それに、説明してもらっても、途中からまったく判らなくなるんです。
                  方向音痴に道案内したってムダなんです!(´;ω;`)ウゥゥ

                  なので、ヤフーの地図をプリントアウトして貼り合わせたものを密かにバッグに忍ばせて、隠し持っていきました。
                  判らなくなったら、こっそり見ます。

                  最初の目的地は、阪急百貨店で期間開催されているヒグチユウコさんのブランドショップです。
                  いやいや眼福眼福。
                  原画は全て売約済み。
                  一番大きなカラーの物が50万円弱で、決して高いとは思いません。
                  どうせ半分は阪急さんが持っていくでしょうし。
                  複製画はグッとお安くなりますが、グッとガマンします。
                  こがねちゃんとりうちゃんのために出費は極力抑えないといけませんし、だいたいうちはこれらの絵画に相応しくありません。汚くて!

                  。・゜・(ノД`)・゜・。

                  泣かせて!今は泣かせてよ!。
                  ・゜・(ノД`)・゜・。

                  堪能して、逃げるようにその場を去ります。
                  理性のタガが外れて物欲餓鬼道に堕ちる寸前に。

                  それにしても、阪急百貨店は素晴らしい百貨店でした。
                  百貨店に入ってビビったのは、東京の三越本店以来です。
                  間違いなく関西ナンバーワンの百貨店です。
                  なんかもう、他の百貨店と空気が違うんですよ。
                  やっぱり、歌劇団とか持っちゃってるとこだから、経営センスとか美学がなんか違うんでしょうね。
                  またゆっくり見てまわりたい。

                  で、次に向かったのは、丸善ジュンク堂です。
                  私は由緒正しい書店の丸善が大好きだったのですが、なくなってしまって残念でした。
                  でも、いつの間にか丸善がジュンク堂を買収したらしくってビックリです。

                  丸善ジュンク堂の目当ては、フライングサーカスの原画展示…… 待て待て待て!
                  いま、素で間違えたぞ!((((;゚Д゚)))))))
                  センチメンタルサーカスです!
                  フライングサーカスはモンティパイソンだよ!
                  脳みそがテーマ曲再生始めちゃったよ、どうすんだこれ!

                   

                  川瀬巴水 展

                  0


                    大阪高島屋で開催中の川瀬巴水展を見に行ってきました。
                    あらためて日本の版画美術の美しさに圧倒されました。
                    精密なカラー印刷による美しいイラスト画。
                    ジブリのアニメの背景画のようです。
                    雪の風景などは、しんしんという音が聞こえてくるようです。( ̄ー ̄)
                    どの版画も構図も色も絶妙です。

                    私は、実は昭和30年頃のテレビが出現するまでは日本は文化や生活的に江戸時代だと思っていて、それがいいとは決して思ってないんですね。
                    昔の景色を美しく描いた絵を見ると、昔はよかったような勘違いをしがちですが、貧困の度合いは凄まじかったはずです。
                    昔は良かったというのは、タチの悪い幻想で、これを言い出したら、もう死人の仲間入りしたと同じだと思っています。
                    そういう人に未来は無いでしょう。

                    川瀬さんが現代に生きていたら、今の景色を美しく切り取って描いたのだと思います。
                    毎日の風景は美しくは見えないのが当たり前ですが、画家の目はそういう所に美を見出すことが出来るのでしょうね。
                    高層ビル群や住宅街をどう描いたのか。( ̄ー ̄)

                    図録は2000円でした。
                    展覧会の図録って、カラー印刷でページも厚いのに比較的安価でありがたいです。
                    絵葉書なども販売されていて、クリアファイルを額装したものもありました。
                    PPフィルムに印刷したものを額装するという発想はなかったので、ちょっとビックリしました。




                    駅のエスカレーターで

                    0
                      日曜日は所用があって、電車で外出していました。
                      帰宅時に改札口を通って、ホームに降りるエスカレーターに向かって歩いて行く途中、前に杖をついたお年寄り男性と、その連れの男性がおられました。

                      お年寄りは歩くことが困難な様子で、付き添いの介護無しでは通行する事はムリな感じです。
                      お年も90歳前後な感じです。
                      付き添いの男性は、多分、息子さんでしょう。
                      こちらも60代から70代ぐらいでしょう。

                      大変だなぁ、大丈夫かなぁ、と少しハラハラしながら、後ろから見ていたら、お二人がエスカレーターの少し手前で立ち止まり、後ろにいた人たちに、「どうぞ、お先にどうぞ」と、道を譲られたのです。

                      私は正直、驚いてしまいました。
                      思わず、「恐れ入ります。申し訳ございません」と、ワケのわからない事を言ってしまいました。

                      すると、付き添いの男性が、「こちらこそ恐縮です。ご丁寧に痛み入ります」と、いうような事をおっしゃったのです。
                      もうなんだか恥ずかしくなって、ほんとにたまげました。
                      私より明らかに年輩の方から丁寧な言葉で挨拶をされてしまったのです。
                      恥ずかしいですよ!(>人<;)

                      自分の権利や立場を振りかざし、周囲の人に会釈することはおろか、声すらかけない人が大多数な昨今、真に、人から譲って貰って当然であり、配慮を受けるべき方から逆に譲られてしまったのです。

                      いやもう、ほんとに恥ずかしくてたまりませんでした。
                      帰りの電車の中で、猛省しながら考えてしまいました。

                      人から大事にされたかったら、ぞんざいにされるのが嫌だったら、まず、自分が人を大事にし、ぞんざいにしない事が大事なのだなぁ、と。

                      自分の権利や立場を振りかざす人は、結局は大事にはされないから、ますます権利や立場を振りかざす羽目になるのでしよう。
                      そして、社会が悪い、こんな社会だから○○できないだなんだと不平不満だけのつまらん人間になるのでしょう。

                      ハンデのある人の方が、まず譲れ、配慮しろと言っているのではありません。
                      権利や立場を主張する時にも人としての礼儀を忘れてはいけないということです。

                      今日は、そういうことを考えさせられる機会に恵まれました。
                      この一期一会に感謝します。(^_^)







                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      楽天市場

                      キャットフード

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM