今日は月命日&初盆

0
    あまりの暑さで効率が上がらなくて、
    息をしてるだけで1日が終わってしまいます。(;つД`)
    あっという間にお盆休みになりました。
    もう8月も終わりです。
    この暑さはいつまで続くのかなあ?( ;´・ω・`)
    今度は寒い寒いって言うはめになるのでしょうね。
    暑い寒い暑い寒い、で、一生が終わるのでしょうね。
    幸せなんだか、つまんないんだか。( ;´・ω・`)

    今日は、こがねちゃんの月命日です。
    こんなに時間が経っても、辛いし悲しいけど、
    姿が見えない事に慣れつつあるのも確かです。

    そして、りうちゃんの初盆です。
    うちはお仏壇が昔からあった家ではないので、
    お仏壇の手入れがなっちゃないのですが、
    まあ、神棚ではないので許して下さい。
    信仰心がまるでないのでお恥ずかしいですが、
    尊重する気持ちはあるつもりです。

    帰ってくるっていうのも悲しいですね。
    姿が見えないけど、いてくれてると思うのは、
    よくないことなのかもしれません。( ;´・ω・`)
    お坊さんがお葬式であげるお経は、
    故人を悼むためではなくなく、
    遺族の未練を絶ちきるためなのだそうです。
    私は、すっぱり思い切るという事は
    できそうにありません。
    きっと一生できません。

    勿論、すっぱり思い切れるのも、いいと思います。
    人それぞれなのだから、
    その人がそうしようと思う事が正解なのです。

    厄介なのは、自分が苦しむ事を選択してしまうこともあることです。
    自罰っていうのかな。
    それでも、それで気がすむのなら仕方がないのかな。( ;´・ω・`)


    昨日と今日は、町内の夏祭りでした。
    わざわざは行かないのですが、打ち上げ花火は楽しみです。
    今年は去年より豪華でちょっと驚きました。

    花火が始まると、庭かベランダへ出て見るのですが、
    こがねちゃんが怒ってねえ。(^_^;)
    部屋のなかに入らないとダメって言って
    怒ってるみたいです。
    花火は10〜15分ぐらいしかないのですが、
    終わって部屋に入って来たら、もう何も言わないで
    黙って座ってましたね。
    りうちゃんは、どこかに隠れてしまいます。
    ホントに怖がりな子なので、もっと気を配ってあげたらよかったと後悔しています。(´;ω;`)



    こがねちゃん月命日

    0

      12日は月命日です。

      まだそんなこと言ってるの?

      って向きもあるとは思いますが、
      まだまだ家の中に気配があるのです。
      小さな物音がする度に、階段をかけ上がってくる気配を感じます。

      過去になってしまえば悲しいということはきっとなくなるでしょう。
      楽しい思い出と感謝の気持ちだけになるでしょう。

      私はまだまだそうはなれないのです。

      毎月12日

      0
        毎月12日が基準の日になってしまいました。
        来月は祥月命日です。
        また一年、もう一年、まだ一年。
        何年経っても、悲しいのは消えないし、薄まりもしませんね。
        きっと自分でどこかで吹っ切らないとどうにもならないのでしょう。
        自分の気持ちの処理や持ち方は自分で決めないと仕方がないと思いますし、もし、「そんなじゃいけない」とか、「こうするべき」とか言う人がいたら、一切信用してはいけません。
        その人は、自分が気がすむからそう言っているだけで、他人を自分のコントロール下に置きたい人だからです。
        信用するとしまいには精神や心を滅茶苦茶にされます。
        なぜなら、この手の人はダブルスタンダードな人であることも多く、言うことが人によって違うことも多く、また自分には甘く、八方美人で、特定の人(つまり餌食)にだけ厳しいからです。( ;´・ω・`)

        なんの話なんだか。( ;´・ω・`)
        まあ、つまり私はこの先もずっとグズグズめめしく、
        こがねちゃん、こがねちゃん言い続けるってことです。( ;´・ω・`)


        りうちゃんはもう無法地帯です。
        どうもトイレはトイレでするということを忘れ去ったようです。( ;´・ω・`)

        昨日はついに廊下でオシッコしてる現場に立ち会ったのですが、おしりを落としてないのです。
        立ったままジョージョーオシッコ飛ばしていました。
        タチションです。( ;´・ω・`)
        つまり、これ、オシッコいきなり出るってことなのでしょうか。( ;´・ω・`)
        コントロールできないのか、意識してやってないのか。( ;´・ω・`)

        玄関、廊下、洗面所はビニールシートと新聞紙敷き詰めがデフォルトになりました。
        もう諦めました。
        布団でしないだけありがとうございます!

        それより怖いのは、自分では寝ないことです。
        猫ベッドに寝かせるまで、放っておいたらずっと歩き回っています。
        すごく怖いです。
        きっと一晩中でも歩き回るので、毎晩3時4時に起きて、捕まえて寝かせています。

        夜泣きはほとんど無くなりました。
        不思議ですが、助かります。

        食欲はモリモリですね。
        もう食べたいだけ食べればいいと思っています。

        大変じゃないと言えばウソですが、腹はたちません。
        しょーがないなあ、と思うだけです。
        くーすか寝てて息してるのを見ると嬉しいです。(^_^)

        台風が来ています。
        連休に直撃ですので、どうぞご無理なさらず、お気をつけ下さい。(^_^)





        昨夜の明け方の夢

        0
          暑さ+りうちゃん油断ならん、で、睡眠不足が続きます。
          短時間でも熟睡はしてるみたいで、夏バテはないです。(^_^)

          でも、昨晩は悲しい夢をみました。

          こがねちゃんが行方不明で、探したくてももう見つけるのは絶望的で、もうどうしたらいいのか、どうしようもない。
          ただただ絶望だけしかなくて、諦めるしかなくて、でも諦めることなんか出来なくて、呆然としていました。
          泣くこともわめく事もできません。
          それすらできないぐらいの絶望でした。

          目が覚めてから少しの間、寝ぼけて、その絶望の中でボケていたのですが、だんだん、あ、こがねちゃんはこの家で看取って、お弔いもして、お骨もちゃんとある、いきなり行方が判らなくなんかなってない、ということを思い出して、やっと現実に戻りました。

          ああ、よかった、と思いました。
          姿が見えない悲しさはいつでも常に抱いていますが、行方不明の生き別れの方が、もしかしたらもっと辛くてキツイんじゃないかと思いました。
          変な話、死別できてよかったと、ホッとさえしました。
          それぐらい、行方不明の生き別れは怖い夢でした。(´;ω;`)

          毎日毎日、性懲りもなく、こがねちゃんに会いたい、と思っているので、こんな怖い夢見たのかも。(´;ω;`)


          まるる様

          りうちゃんも、ボーッとしてる事が多くなって、ダイレクトな意思の疎通ができなくなった気がします。(´・ω・)
          何より不思議なのは、自発的には寝ないことです。
          放っておいたらずっと歩き回っています。
          猫って、食べて飲んで、身繕いしたら、適当な気に入った場所で自然に眠る生き物じゃないですか。

          寝ないのです。
          こっちが根負けして、猫ベッドに寝かさないと寝ません。
          ずっと歩き回って、しまいにそこらで排泄して、手足が濡れるのお構い無しに歩き回っています。(´;ω;`)
          いわゆるこれが徘徊か!( ; ゚Д゚) と。

          うがーうがー言う時もありますが、私に向かって言ってるのではなく、言いたいから言ってるだけみたいです。(´・ω・)
          人の存在が判らなくなっているみたいで、来客にも全く動じません。
          以前は家の前に自動車が止まっただけで隠れてたぐらいだったのに。(´・ω・)

          これが猫の認知症なのかどうかわかりませんが、老衰の症状のひとつなのだろうと思います。
          これはこれでこんなもんだ、しょうがないと受け止めていくしかないのだろうな、と思います。

          悲しいですけどね。
          でも、それもきっと幸せな時間なのだと信じます。
          オシッコされても、ウンコされても、生きてるからできることだと思えばぜんぜん平気です。(´;ω;`)
          今のところ、布団やソファーは被害がないのです言えることですが。(´;ω;`)


          こがねちゃんの月命日

          0

            12日です。
            こがねちゃんの月命日です。

            ちょっと前に、なんとなく、「こがねちゃん、遊びに出かけて、まだ帰ってこない」んだなあ、と思いました。
            よっぽど楽しいのでしょう。

            遊びに行ってくる!( =^ω^)

            って、言って飛び出していって、なかなか帰ってこない。
            まあ、そのうち帰ってくるでしょう。
            今は遊びが楽しくて、家のことなんか忘れて遊んでいるのでしょう。
            寂しいし、心配だけど、遊びに行ってるだけだから、気長に待ってましょう。

            こがねちゃんは、遊びに行ってる。

            ただのゴマカシですが、ちょっとだけ気持ちが軽くなりました。
            愛別離苦の気持ちは人のそれぞれですし、受け止め方もそれぞれです。
            自分でなんとかするしかないですし、全部正解だと思います。

            私は、ちょっと遊びに行ってる、と、ちょっと思ってみる事にしました。
            りうちゃんと一緒に、遊びに行ってるこがねちゃんの帰りを待ってましょう。
            そのうち帰ってくるでしょう。(^_^)

             

            100131_1612~01.jpg

            みなさま、いつも本当にありがとうございます。

            姿が見えなくなるのは、本当につらくて悲しいですが、

            見えなくてもいつもずっと一緒なのだとやっぱり思います。

             

            だから、その日その時のことを考えて、悲しむのはどうかおやめください。

            それよりも、毎日毎日、存分にかわいがって、わがままに振り回されて閉口してください。

            邪険にしたり、雑に対応したりしないように気を付けて下さい。

            後から絶対後悔しますからね。

            ネコさんは執念深いので、後からたっぷり仕返しされますからね。

            一緒に過ごす毎日以上の幸せなんか、ありませんよね?

            だから、存分に堪能しましょう。

            ネコさんと過ごす毎日は、それこそが楽しい楽しいバカンス旅行のようなものです。

             

            (^_^)

             


            こがねちゃんの月命日

            0
              12日はこがねちゃんの月命日です。

              今日の午後、二階の方からネコの声、それも不穏な怒声が聞こえて来たので、庭に出てみたのですが、誰もいません。

              また聞こえたので、まさか、りうちゃんが何か?と思い、
              二階に行きました。

              りうちゃん、自分のベッドで熟睡中でした。

              なんだろうと思って、窓を開けてみましたら、ぶっといネコさんが二人、うちの物置の屋根の上でにらみ合いしてました。( ;´・ω・`)

              白ネコさんは、私に気づいて、すぐに塀の上に飛び降りて見えなくなりました。
              もうひとりの方が、なんだかちょっと長毛風味のキレイな茶とらさんで。

              こがねちゃんとよく似た茶とらさんだけど、こがねちゃんには似てなくて、似て非なる茶とらさん。
              嬉しいような悲しいような心配なような悲喜こもごも。( ;∀;)

              思わず不躾に見とれていたら、
              なんだよ!失礼な人間だな!( ・`ω・´)
              みたいな感じで、こちらを気にしつつ、物置の屋根の上をゆっくり歩いて、塀の上に降り、姿を消しました。

              ちょっと距離があったので、首輪をしてるかどうか判りませんが、二人ともぷりぷりしてたし、元気盛りに見えました。
              まあ、食べているようです。

              外でネコに会うことは私にはこの世で一番の「恐怖」なので、どうかお願いだから、お家に無事に帰ってくれますように。(´;ω;`)
              幸せな暮らしでありますようにと願い、祈るだけです。

              と、同時に、半分野生の自由闊達な生き方こそが、本来のネコの生き方、幸せ、なのだろうなあ、とも思ったりもします。(´・ω・)

              こがねちゃんもりうちゃんも、そういうネコの生き方とは無縁の生き方をさせて来ました。
              人間の便利の上の生活の枠組みにキッチリ囲いこんで生きてもらいました。
              ペットとして幸せに生きてもらいました。
              私がそう望んだからです。
              後悔はしてませんが、やはりかわいそうな事はしたのだろうな、とも思います。(´・ω・)

              こがねちゃんは、基本的にヨワッチイ癖に向こう気は強くて、何回も外に飛び出して行って、その度に私は生きた心地がしなくって、寿命が何年もちじみました。( ;∀;)

              りうちゃんは、一回もそういう事がありません。
              こがねちゃんが飛び出して行って、開いてるのに、りうちゃんは行かないのです。
              そこはホントに運が良かったと思いますし、ネコの神様ありがとうございます。( ;∀;)

              何回でも言います。
              子供と動物は信用してはいけません。
              まあ大丈夫だろう、は通用しません。( ;゚皿゚)ノシ

              こがねちゃん、自由闊達はいいけど、基本、うちにいるんだよ。
              生きてようといまいと、姿が見えようと見えまいと、こがねちゃんは私の、うちのコなんだからね。

              ( ;∀;)


              こがねちゃん月命日

              0
                12日はこがねちゃんの月命日。
                また1ヶ月が過ぎました。

                やっぱりいつまでも寂しく悲しいですが、一緒に過ごした時間のなんと幸せでありがたかったことか、と言うことをつくづく思います。
                間違いなく幸せな時間でした。
                これ以上の事を望む事はもう、無い、と思う程です。

                ピチピチむちむちの若ネコ時代は、今にして思えばあっという間で、だんだん痩せて、心配な気持ちが大きくなって、

                でも、その時間だってホントに幸せな時間でした。
                年取って痩せて貧相になっても、いえ、なってからますます大好きで可愛かった。
                本当に意志が通じた事さえあったのです。
                (これには正直驚きましたね。)

                そして、亡くなってからも対する気持ちは呆れる程変わりません。
                こがねちゃんが私と一緒にいるんじゃなくて、どうやら私が一緒にいるようになっているみたいです。

                こがねちゃんによく似た金色の茶とらのネコさんの写真を拝見すると、またこんな子と暮らしたいなあ、と思ったりもしますが、こがねちゃんではないですしね。
                そこは間違えてはいけないな、と思います。
                色柄が同じでも、よく似ていてもネコはみんな個性があって、全部違いますしね。
                そして、どの子もみんなかわいい。

                命を看取る事はホントにつらくて悲しくて、大変な、なんというか魂の修羅場です。
                ですが、きっと看取れる事は幸せなことなのだと思います。

                ネコと暮らす人は何があっても生きなくてはいけません。
                ネコのために頑張って健康を維持し、生活を整え、看取らないといけません。
                一生をすべて抱えて受け止めて、仕上げる、のです。

                私もそうですが、看取りについては、飼い主さんはきっと多くは語れません。
                辛すぎるからです。
                だから、その事についての情報はあまり多くは伝わっていないと思います。
                でも、言うまでもないですが、そこまでが「ネコと暮らす」ということなのです。
                全部が全部、幸せな時間です。

                今の悲しくて寂しい気持ちも、きっともっと後になれば幸せな時間になるのかもしれません。
                もし出会っていなかったら、一緒に暮らせてなかったらと、それを想像をすると、心底ゾッとします。
                どんなに良いことがあったとしても、こがねちゃん、りうちゃんと暮らすこと以上の事は考えられませんからね。
                看取りよりも、出会っていなかった事の方がずっと恐ろしく悲しいです。

                だから、もうひたすら、ありがとう、なのですよ。
                泣き笑いなのですよ。( ;∀;)






                またまた月命日

                0
                  12日はこがねちゃんの月命日でした。
                  1ヶ月の経つの早いですね。
                  雪が少し降ったりして、とても寒い日でした。
                  2月は一番冷え込みますね。( ;´・ω・`)

                  昨日はいよいよ、ネコごはんの備蓄が尽きかけたので、ホームセンターへ買いに行きました。
                  ネット通販で頼んであったのですが、それがやっぱり届かなくて。

                  私は大抵は楽天の「快適ねこ生活」というお店で買っているのですが、運営会社が替わってから発送がとても遅くなってしまいました。( ;´・ω・`)
                  注文から軽く一週間はかかります。

                  冷静に考えれば、一週間ぐらいは充分許容範囲だと思いますが、運営会社が替わる前はもっと早かったので、何でこんな改悪になったのかな?と、ちょい不思議なわけです。
                  人間のやることは、良くなることはあっても、悪くなることはあるべきではない思うことが間違いなのかも知れませんね。( ;´・ω・`)

                  ちなみにその運営会社の直接のお店でもネット通販でカリカリを頼んだ事がありますが、あまりの遅さに驚いて、ここには二度と頼めないと思ったのが、もう何年も前で、つまりそこからまったく進歩も改善もされてないということで。

                  顧客の評判があまり芳しくないにも関わらず、競合店を買収していける体力を持っていることに感心します。
                  経営がうまいのでしょうね。
                  こちらは発送がもう少し早ければ別に文句ないのですが。( ;´・ω・`)

                  そんなわけで、今、うちにはネコごはんのパウチが100袋もあります。
                  こがねちゃんにもお供えしましょうね。

                  さあ、この100袋が春までもつかな?

                  みなさま、いつもありがとうございます。
                  頂いたお言葉、きちんとありがたく拝読しています。
                  未承認のままですが、ちょっと寒くてパソコンにたどり着けないだけですので、どうぞお許しください。( ;´・ω・`)


                  寒い寒い月命日

                  0
                    寒いですね。(;ω;)
                    これから更に寒くなるそうなので、何かと心配です。
                    交通の事はどうかご無理なさらないようになさってください。

                    今日は12日で、こがねちゃんの月命日です。
                    毎月ハッとしますね。
                    先月からもう一ヶ月も経ったのかと、ハッとします。

                    いまだに毎日とりとめのない事を考えてしまいます。
                    いまだにです。
                    悲しい、寂しい、申し訳ないという気持ちと共に、生きていてもそうでなくても、こがねちゃんは私の大事なネコなのだし、それはずっと変わらないのだから、大丈夫だね、という気持ちもあります。


                    ほんとうに愛別離苦は苦しくて、想像以上にキツくて参りますが、全部ドンと受け止める力と強さをちょっとだけ得られるのだとも思います。


                    こがねちゃん月命日

                    0

                      昨日の12/12日は、またまたこがねちゃんの月命日でした。

                      ちゃんとおぼえていますが、寒さにかまけてしまいました。

                      去年の今頃は、どうしていたのかなあ、とかも思いますが、

                      あまり思い出さないようにしたいですね。(´・_・`)

                      今とたいして変わらないでしょうし。

                       

                      これは、99年の冬の一枚。

                      膀胱炎になって、病院で注射してもらったので、凹んでいる写真です。

                      4歳ですね。

                       

                      こがねちゃんは、毎年寒くなると軽く膀胱炎になって、

                      あっちこちでオシッコしようとしてしゃがみこんでいました。

                      効果があったのかどうかはわかりませんが、カリカリをちょっとお高いピュリナワンに替えたら、ピタッと膀胱炎にはならなくなったので、ピュリナワンは長いこと信頼していました。

                      ピュリナワンをやめたのは、シニア用でもかなりたんぱく質の数値が高かったからです。

                       

                      ペットフードには正解の答えはないかもしれないですが、

                      やはりあるていど、値段と質は比例すると思って間違いはないと思います。

                      お安い庶民フードだけ食べ続けても長生きする子もいますが、

                      私はそのラッキーな例を過信するのは危ないかな、と思います。

                      まあ、飼い主さんの懐事情にあわせて頑張るしかないですよね。(^_^)

                       

                      こがねちゃんのことが心にない日は1日もありませんし、名前を呼ばない日も1日もありません。

                      我ながら、精神科案件なのかな、と思うこともありますが、別にそれで困ってないのでいいです。

                      もともと、明るいとか、楽しいとか、ご陽気とかいう気持ちのほうが、子供の時からあまりないので、

                      私は気持ちが憂鬱でも悲しくても割と平気なんですね。

                      むしろ、楽しいとか嬉しいとかをいつも貪欲に追いかけている人の気持ちが不思議です。

                       

                      これは言ってはいけないことだと思っていますので、

                      ここだけの話、わたしの間違った認識だと思って嘲笑って流していただきたいのですが、

                      ねこが好きな人は、基本的に人間が嫌いで信じていなくて、精神的には完全な引きこもりだと思います。

                      あ、すみません、ごめんなさい。ごめんなさい! m( _ _;)m

                       


                      こがねちゃんにあいたいなあ。

                       

                      昨日、お風呂でふと、くだらないことを思ったのですが、

                      もし、こがねちゃんにあえるか、無尽蔵の資金かの二択をつきつけられたら、

                      そりゃ、こがねちゃんにあえるほうを選ぶよ。(^_^)

                       

                      とか、思ったのですが、

                       

                      いや、無尽蔵の資金でもって、

                      ねこと下僕の国を作ることを選ぶかもしれないと思いました。

                      こがねちゃんにあいたいのはやまやまなのですが、

                      無尽蔵の資金でたくさんの幸せ(やや狂気)が生まれるのなら、そっちがいいかな、と。

                      いや、実際、その時になってみないとわかんないですけどね。(^_^;)

                       

                      こがねちゃん、おねいちゃんの馬鹿さ加減は今も同じです。

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      楽天市場

                      キャットフード

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM