祥月命日

0
    今日は、こがねちゃんの祥月命日です。
    10/12。
    この日の記憶は今も鮮明で、
    自分の姿を含めた映像ではっきりと思い浮かびます。
    人間の脳ミソは、
    時々変なバグりかたをするのでしょう。

    そして、時間が停止しました。

    あの日以来、私の時間は、
    以降全て死ぬまでの時間つぶしです。
    2年の時間、りうちゃんがいてくれたので、
    毎日は寂しくても楽しかったですが、
    以降は、なんでしょう、言うならば「老後」ですね。

    「老後」というのは、
    将来や先の希望や、成長が望めない状態を
    言うのだと思います。
    毎日が、個々の1日で、
    今日はあるけれど、昨日や明日はありません。
    不連続です。

    それでも、やらないといけないことはあるし、
    やりたいこともあります。
    それは全部、こがねちゃんとりうちゃんに、
    こんなこともあったよ、
    こんな物を見たよ、と、話すためです。
    そうでなければ、廃人になってるかもしれません。
    いえ、そうなれるほど、
    私は強靱な意志を持つ人間ではありません。
    すぐ、楽な方に流されてしまう、
    グダグダでいい加減な人間です。┐(‘〜`;)┌

    幻覚でも脳のバグでもなんでもいいので、
    死ぬときには、
    こがねちゃんとりうちゃんに会いたいです。

    毎日の時間も、行動も、
    すべて、その時までの時間つぶし。
    時間つぶしは、楽しぃ方がいいです。
    でないと時間がもったいないし、
    楽しい話をするために、生きてるわけですし。(^_^)

    12日は

    0
      今日は12日で、こがねちゃんの月命日です。
      毎日、飽きもせず、クヨクヨしているので、
      特段の感慨はないですが、
      10/12と、1/28というのは、
      これらの数字は重いものになりました。
      仕方がないです。

      梅雨入りする少し前から、
      真夏になりました。

      夏になると、
      こがねちゃんとりうちゃんは、
      早朝から洗面所の横に無理矢理作った
      物置の棚の上にいて、
      足だけ空中に放り出してたりしたので、
      朝、歯磨きしながら、
      頭の上にニョッと生えている肉球を
      眺めていましたね。

      棚の上に上がる道筋何かつけてないですから、
      (うちのハハにそういう思いやりなんかないです)
      上がろうと思ったら、
      洗濯機の上に大ジャンプして、
      さらに向かいの棚に大ジャンプ、
      さらにジャンプ、
      さらにジャンプと、
      キャットタワーどころじゃない
      ジャンプをしないといけなかったので、
      高齢になってからは流石に無理になりましたね。

      ネコのためにできる限りの住環境を整える事をしたかといえば、
      しなかった、できなかったです。
      (ハハがさせなかったという恨みつらみがありますね)

      あの、小汚い、実際には屋外の物置の棚は、
      ふたりにとっては、
      ホッとする場所だったのかもしれません。
      人の目や手が届かなくて、
      外からの風が吹き通って、
      日当たりも熱いほどあって。

      元気な時は、毎日、通勤するみたいに上がって行って、
      夕方まで昼寝して、
      夕方になったら、降りてきてゴハン。
      毎日毎日、春夏はこれ。

      寂しいなあ。

      こがねちゃんの夢

      0

        久しぶりにこがねちゃんの夢をみました。

        お風呂に入って、濡れ濡れの身体をタオルで拭いて乾かしている夢です。
        こがねちゃんはペルシャ猫みたいに長毛でモフモフ。
        それに、太っていました。

        こがねちゃんが出てくる夢を見た時だけは、

        スッキリ気持ちよく目が覚めて起きられます。
        たいていはそうではないので、

        私の毎日の睡眠と目覚めは最悪です。( _ )
        仕方がないですが、やっぱり辛い。( _ )

        そして、りうちゃんの出てくる夢をほとんど見ないのも、これまた辛いです。
        たまには出て来てほしいよ。
        私は毎日、想っているのに。(T_T)

        もう来週は6月ですね。
        もうどうにでもなれ〜、と万事投げ槍王国フィンランドな気持ちです。
        ほとんどの人が、
        予定や計画通りに物事が進まない事の方が、
        きっとこれからどんどん増えると思います。
        ドタキャン、ドタキャン、またドタキャンみたいな事が増えて

        ブチ切れそうになると思います。

        ま、しょーがないよね〜、と、
        流すしか仕方がないです。

        非常時ですから、
        みんな自分の身の安全だけを考えて
        行動していいと思います。
        助け合いとかなんとか言う向きもありますが、
        その前に、自分で考えて、自分で決めて、
        自分で行動する事が一番大事です。

        助けてもらえる人は、
        絶対に人を助ける事はしません。
        人を助ける人が、
        助けてもらえる事は絶対にありません。
        助け合いなんてのは嘘です。( _ )

        みもふたもないですが、
        助け合いなんてのは、
        同等の能力を持った同士でないと
        成立しないのですよ。( _ )

        今はとにかく、自分が感染発症しない事を

        最優先にして行動をする事が大事だと思います。
         


        こがねちゃんの夢を見ました。

        0
          こがねちゃんが、
          いつものようにお布団の枕元にやってきて、
          お布団に入れろと言うので、
          めくってやると、
          スッと入って来て、方向を変えて、
          枕を全部取ってしまって、
          すぴーすぴーと寝息を立てて寝てしまう。

          そんな、いつもの毎晩の光景の夢を見ました。
          こがねちゃんはカラーで半透明でした。
          嬉しかったなあ。
          夢でも何でも、
          生きて動いているこがねちゃんに会えるのが、
          私は一番嬉しい。
          他の何よりも嬉しい。

          続いて見たのは、
          私は郊外の団地の中の公園みたいな、
          静かで人気の無い所の歩道を歩いていて、

          ちょっと離れた所を歩いている小さい男の子を見る。

          その子が言ったかどうかはわからないけど、
          子供の男の子の声が聞こえた。
          「こがねちゃんは天界(みたいな所)にいる。
          りうちゃんは、もう一回ネコに生まれ直す。
          (もう生まれ直している。)」

          私は、あ、そうなんだ、と、納得する。
          誰かの消息を聞いて、
          納得するような、安心するような、そんな感じ。

          夢に意味なんか無いけれど、
          目が覚めて起きて、
          ちょっとの間、
          ボーッとしていた短い時間は、
          とても穏やかな気持ちだった。
          こんな気持ちになることはほとんど無い。
          ちょっと悲しい。
          でも、ちょっと安心したような感じ。


          ここしばらく、あまりの寒さに
          毎日、早寝遅起きで、書けませんでした。
          私は寒さには強いつもりですが、
          流石に室温5度では、寒いです。
          10度までは平気なのですが。

          それに、怒髪天を突く毎日ですしね。
          言いたいことは山ほどありますが、
          今回は、いいお話で終わりたいので、
          言わないでおきます。(^_^)

          25年になるのです

          0
            今年は1995年から25年になるとのこと。
            こがねちゃんが生まれた年から、
            25年になります。
            生まれたのは晩秋の頃なのです。
            うちに連れて来たのは翌年の春。

            神戸の震災の早朝に三回、
            ベッドの上で、ばいんばいん跳ねた時には、
            まさか、こがねちゃんと出会うとは
            思ってもみませんでした。
            先のことなんかホントにわかりませんね。
            ただ、一日を生きることしかできないですね。

            そして、12日は月命日。
            28日は、りうちゃんの祥月命日です。
            いまだに辛いですが、
            気持ちはいつも、そちらにあって、
            それが日常なので、うん、これでいいよね、
            という感じです。(´・ω・)


            フルールさま

            ご挨拶遅れまして申し訳ございません。
            今年も宜しくお願い致します。
            ひめのすけさんの健康を
            心よりお祈り致します。\(^_^)/

            まるる様

            「教場」私も観ました。
            とても面白くてハラハラしました。
            最近の木村拓哉さんの主演作では
            かなり良かったと思います。

            しかしながら、
            私の俳優の男前の定義は、
            かなりおかしいので、
            もっと年配の俳優さんで
            観たかった気もします。

            狂言回し的なポジションの、
            工藤阿須加さんの警官は、
            二回もころされかけたのは可哀想でした。
            あんな目に二回もあったら、
            普通はもうここには
            いられないですよね。(^_^;)
            精神的ダメージが大き過ぎて。(^_^;)




            ずっといっしょなんですね

            0
              23年経っても、ずっと一緒にいるのは、
              寂しいけど幸せなことでもあるのだと思います。
              でも、とてつもなく寂しく悲しく、辛い。
              死別後の世界を生きるのは、
              半分死んだも同じで、
              生きてても死んだのと大差ないのです。

              年に一回だけでも、
              ちょっとの間でもいいから、
              目に見える姿で会えたら、
              どれだけ救われるでしょうか。
              生きる事ができるでしょうか。

              私は、今は、
              自分の寿命は3ヶ月と思って
              生きていく事にしています。
              取り敢えず、来年の3月いっぱいまでは、
              まあ、生きていけるでしょう。
              大きな病気が発症しない限り、
              何か事故に遭わない限り、
              向こう3ヶ月は生きていけるでしょう。
              そのつもりで、毎日を過ごします。
              3ヶ月ぐらいなら、まあ、何とかしのげる。

              一年先、10年先なんか、とても無理。
              毎日飽きもせず、寂しくて悲しくて辛いのに、
              そんな長く生きては行けません。
              でも、3ヶ月ぐらいなら、
              まあ、何とかしのげる。

              その積み重ねで、いつか、もしかしたら、
              私も23年を過ごすのかもしれません。(^_^;)

              明日は祥月命日

              0
                明日は、こがねちゃんの祥月命日です。
                特に思い詰めていたつもりはないけど、
                ここ数日、ずっと辛かったのは、
                もしかしたら、脳ミソが勝手に反応して、
                反芻してたのかもしれません。( ;´・ω・`)

                こがねちゃんが、あっという間に、
                勝手に走って行ってしまうみたいに
                逝ってしまってから、
                私の世界は変色して、
                りうちゃんには充分な事も
                してあげられなくて、
                今度は、世界が変色する以上に、
                私も変色してしまった。

                どうも恐ろしい事に、
                これは治らない。
                治る見込みが見いだせない。
                時間を巻き戻す事が出来ないから。

                でも、不幸ではない。
                こんな気持ちや状態は、幸せではないから、
                不幸なんだろうけど、
                ネコと暮らせた、これ以上ない幸せの、
                結果が不幸であってはいけないと思うし、
                そうしてなるものか、という気持ちだけで、
                なんとか持ち続けている。

                それ以外には、正直、何もない。

                日々の暮らしの安寧の有り難さは、
                これは充分、幸せだと思う。
                あれがない、これがない、
                また、これさえなければ、といった、
                我欲が沸き出る気力も元気ももう無い。
                諸行無常、とはこういうものかもしれない。

                喜怒哀楽の全部が、
                次の瞬間には意味を持たない、
                無いものになっている。
                テレビのチャンネルを変えていくみたいに、
                一個一個が次々に終わって、継続しない。

                良いことも悪いことも、
                終われば、過ぎれば、それまでで、
                思い出や記憶として蓄積しない。
                私の貧弱な、怠け者の脳ミソは、
                全部吐き出してしまう。

                きっと、
                こがねちゃん、りうちゃんのいた時で、
                一定の機能が止まってしまったのだろう。
                死別後の世界を生きるとは、
                そういうことなのだろう。

                ただ、どうにも困るのが、
                今のうちにやれるだけの事をしてやろう、
                という、いわゆる前向きな気持ちや行動と、
                何もしない、したくない気持ちが、
                せめぎ会うからとても疲れる。

                これ、軽い躁鬱じゃないかとおもうと、
                ヤバイなあ、と、思う。
                躁鬱は治らないらしいから、
                降り幅が大きくならないようにしないと
                身の破滅だからね。( ;´・ω・`)

                明日は、こがねちゃんの祥月命日。
                泣きわめく事も出来ないぐらいに
                打ちのめされた日。
                諸行無常でも、これだけは無常にならない。
                打ちのめされたままで、
                なんとかやっていくしか仕方がない。
                死別後の世界を生きていくのは、
                多分、こういうこと。

                台風怖い。( ;´・ω・`)

                今日はこがねちゃんの月命日

                0
                  12日と言う日付を特に気にしなくても、
                  私はいまだに毎日、気持の半分ぐらいを
                  こがねちゃんとりうちゃんの事を思って
                  過ごしています。

                  つまり、半分ぐらい、いつも常に悲しいのです。

                  もちろん、楽しい事も、嬉しい事もあります。
                  その時は、悲しい気持ちは引っ込んでくれています。
                  嬉しい事、楽しい事は、一瞬の花火みたいなもので、
                  いつの間にか消えて、
                  またいつもの悲しい気持ちに戻ります。

                  でも、ただ悲しいのではなく、
                  懐かしいような寂しい悲しさです。
                  もしかしたら、ようようにして、
                  自分の内に、ふたりを巣食わせる事に
                  なったのかもしれません。

                  いてほしいのに、いない。
                  いないのに、いる。
                  いるのか、いないのか、わからない。
                  いないのは耐えられない。
                  だから、いることにしたいのかも。

                  時々、一人暮らしでネコがひとりいる人に対して、
                  イラッとなる時があるので困っている。
                  まだ若いネコとはいえ、
                  どうして泊りがけの遊びの旅行に
                  行けるのか解らない。
                  どうして狭いケージに閉じ込める事ができるのかわからない。

                  明らかな間違いでない限り、
                  他人の飼い方にケチをつけたり、
                  文句を言うことはできないので、
                  もう、その人と、その人のネコの話はしない事にした。
                  でないと、いつか私は爆発して、
                  喧嘩して、また人間関係をぶち壊す。
                  私にできるのは、やんわりとたしなめることだけだ。
                  だから、イラッとする。

                  人間関係というのは、
                  相手を尊重できなくなったらおしまいだ。
                  だから、ある程度距離を置いて、
                  親しくなりすぎないようにしないと、
                  私はだめだ。(-_-;)

                  私とて、人に胸を張れるような飼い方を
                  してたわけじゃない。
                  完全室内飼育以外は、割といい加減だったと思う。
                  だから、後悔ばかり。

                  今、ネコと暮らしている人には
                  本当にお願いしたいです。

                  その子には、あなたしかいません。
                  あなたがいなかったら生きていけなくて、
                  すぐに死んでしまうのです。

                  自分のことより何より、
                  ネコの事を第一に、最優先にして下さい。
                  この世で一番に大事にして下さい。
                  お願いします。

                  仕事が、終わったら、急いで早く帰って下さい。
                  ネコは待っています。
                  待ってないような顔を
                  しているかもしれないけれど、待ってます。

                  ネコはインテリアの一部でもないし、
                  ましてや、動くオモチャでもないし、
                  気が向いた時だけ可愛がれるぬいぐるみではないです。
                  一人の人間と同じ生命で、
                  しかも人間よりはるかに短い。

                  外に出かけて、半日接していない時間の、
                  なんともったいないことか。
                  ネコにとっては、なんと長い時間であることか。
                  考えただけで辛い。
                  ネコを待たせてはいけない!(´;ω;`)


                  いや〜、

                  重いわ。

                  我ながら重いわ。
                  ほとんどストーカーのヤンデレ彼女だわ。(´;ω;`)

                  ネコはネコ、人は人。
                  ネコはペット。

                  そういうふうにサクッと考える方が、
                  はるかに健康的だわ。
                  わかってる。
                  それはわかってる。

                  わかってるけど、ダメなこともあるわけで。

                  こがねちゃんに会いたい。
                  りうちゃんに会いたい。
                  やり直したい。

                  って、やっぱストーカーだよ!( ;´・ω・`)


                  フルール様

                  食が細くなって、
                  好き嫌いも大きくなって来ているのでしょうか。
                  ナメるだけで食べられるウェットフード、
                  なんだったら仔猫用でも構わないと思います。
                  食べないと痩せてしまうので、
                  いつでも好きな時に少しでも食べられるように
                  できる限りで良いと思うので、
                  根気よくお世話してあげてくださいね。
                  怒っちゃいけませんよ。
                  私みたいに、
                  これ食べないんだったら、
                  もう食べるものないよ〜!( ; ゚Д゚)
                  なんて、言ったら可哀想ですから。

                  もし、イラっとしちゃったら、

                  これだから関西人は!!( :゚皿゚)
                  あ〜!も〜!関西人は!( :゚皿゚)

                  って、私のこと、ののしってくださいね。
                  大丈夫です、
                  ひめのすけさんの好き嫌いは私のせいです。
                  私が悪いのです。
                  ひめのすけさんは悪くありません。


                  ネコに恥ずかしくない生き方

                  0
                    こがねちゃん、りうちゃんに
                    恥ずかしくない生き方をしたい、とか、
                    うっかり言ったものの、
                    ハテ、それは?

                    と、つらつら考えていました。

                    ネコに恥ずかしくない人の生き方とは?

                    まず思い当たることは、
                    よく眠ること。
                    何より寝ること。

                    それから、いちいちイライラしないこと。
                    まぁ、いいか、と、流して寝てしまうこと。

                    食べる時は美味しく楽しく感謝して。
                    お行儀よく食べること。

                    自分のやりたいこと、したいことを最優先に。
                    そのためには一人で行動することを厭わない。
                    一人を恐れない。
                    寂しくなったら寝てしまうこと。

                    好きな人には好きって言う。
                    キライな人は無視してなるべく関わらない。
                    何だったら逃げる。

                    今だけを見つめて、ただ生きる。
                    明日のことや、その先の事を心配してクヨクヨしない。
                    しそうになったら寝てしまうこと。

                    自分を大好きでいい。
                    イヤになったら寝てしまうこと。



                    こんな感じかな?(^_^)



                    写真をプリント

                    0


                      姪っ子ちゃんに送る物があったので、

                      ついでに何枚か写真をプリントして送りました。

                      姪っ子ちゃんは時々、今いるネコ姉妹の写真を

                      絵葉書にプリントして送ってくれます。

                      スマホのアプリで作っているらしくて、

                      小学校高学年でもうそれぐらいできるのかと、

                      文明開化に驚くばかり。

                       

                      私も、新しもの好きな方だとは自負してるのだけど、

                      (Windowsの存在しない時代からMacintosh使ってたしね!)

                      最近は、もうわりかしどうでもよくなってしまって、

                      コスパが最優先事項になってしまってますね。

                       

                      使っている携帯電話も二つ折りの。

                      この間、携帯電話会社から、2022年で使えなくなるから替えて!って、

                      DMが来たけど、不自由はないので、当分ギリギリまで替えない。(^_^;)

                      今の料金より高くなるのは嫌だし、

                      スマホに替えるのなら、格安会社のも視野に入れて考えるし、

                      きっとまた状況や技術も変わるでしょうしね。

                       

                      写真をあれこれ吟味していたら、ほんとにおもしろいほどまともな写真がない。

                      変な顔ばっかりで、ブサイクとしか言いようがない。(-_-;)

                      りうちゃんなんか、もう本当になんかもうすみません。

                      でも、ブサイクな顔してる時のネコは、最高にくつろいでて機嫌がいいらしいので、

                      ならもう仕方がない…か… ウェーン ( ノД`)シクシク…

                       

                      動画もすこしだけあって、

                      HTMLのバージョンが5になって、動画を貼るタグができたそうなので、

                      あまり忙しくないうちに、少しずつ貼っていきたいです。

                      きったない部屋が見えてしまうので、私個人的にはつらいです。

                       

                      こがねちゃんとりうちゃんが若くてピチピチだった頃は、

                      デジタルカメラも携帯電話もなかったから、写真がほとんどありません。

                      悔やんでも仕方がないけど、ほんとに残念。(-_-;)

                       

                       

                      あゆさま、

                      いつもありがとうございます。

                      お言葉うれしいです。

                      また後程お返事させていただきますね。

                      フルールさまもありがとうございます。

                      ひめのすけさんとの出会いは、いつうかがっても衝撃です。

                      ジブリのアニメみたいとしか。(^_^;)

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      楽天市場

                      キャットフード

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM