「不登校」について

0

    九州が豪雨続きなので、ほんとに心配です。

    近畿もここのところ雨続きですが、台風ではないので平気です。

    昨年の台風はほんとに怖かったですが、今年は今のところ大丈夫。

     

    この間、NHKで「不登校」について放送していて、

    つい観てしまいました。

    まあ、学校に行くのが死ぬほどつらいなら行かなくてもいい、という趣旨です。

    死ぬぐらいなら行かなくてもいい、と。

     

    それは確かにそうなのですが、

    どうしても気になったのは、

    不登校で学校に行かなくても、本人の努力や運の良さで、

    なんとかなった人のケースだけが紹介され、

    世間で活躍している著名人、ある意味上級国民の方たちが、

    不登校をむしろ奨励する、という印象だったのが、とてもひっかかりました。

     

    物事にはメリット、デメリットが必ずありますし、

    この人がうまくいったからと言って、自分もうまくいくわけはない。

    そして、結果には誰も責任をとってくれない。

     

    不登校でも大丈夫なんだ、学校なんか行かなくても大丈夫なんだ、

    だったら、行かない。

     

    私は、それをやってもいい人と、ダメな人があると思います。

    やってもいい人は、おそらく、人並み以上に知能の高い人。

    学校に行かなくても、塾や予備校の勉強で、大卒まで行ける人。

    それ以外は、ただただアブナイと思う。

    並以下の凡人は、不登校なんかしちゃいけない。

     

    泣いても笑っても、日本は学歴社会です。

    とびぬけた才能に恵まれなかった凡人にとって、学歴だけが武器になることもあるのです。

    学校の勉強は、まじめに取り組めば、なんとかなる場合が多いです。

    めいっぱい頑張って、自己ベストを出して、

    そのめいっぱいのところでやっていければ一番いい。

    (ちなみに、私の最高自己ベストは、高校一年の学年8位/400人。

     勉強しないから、以降順調に下降しました。)

     

    でも、今はどうかしらないけど、

    学校の先生の教え方はへたくそだし、いいかげんだったと思う。

    まず、教師の方がやる気がない。

    教科書もへたくそでやる気がない。

    一行目から何を書いてあるのか判らない。

    判っている人が書くと、こうなるという、最低最悪の内容が教科書だったと思う。

     

    ちょっと前に、書店で学参コーナーを見てみたら、

    懇切丁寧な内容ばかりの本ばかりでびっくりした。

    私が子供の時は、こんなんじゃなかった。

    一行目から何を書いてあるのかわからないような本ばかりだった。

    今は、噛んで砕いて含ませるような、懇切丁寧な本が多くて、

    今の子供は本当にいいなあ、と思った。

    (私はもう、分数の計算が判らない。きれいに忘れている。)

     

    親に、塾や予備校に通わせる甲斐性があれば、

    人並み以上の知能があれば、学校に行かなくてもなんとかなるかもだけど、

    そうでないのなら、やっぱりアブナイよ。

     


    モネの睡蓮の絵の修復

    0
      途中から観たのですが、面白かったです。
      モネさんとか、
      印象派は別に好きでは無いのですが、
      あの睡蓮の絵は、
      あれは日本の屏風絵を、
      絶対に意識してると思うのです。
      構図とか似てるよねえ。

      大学の時に、西洋美術史は一応習ったのです。
      ピカソとかのヘンテコな絵が出てきた事にも
      ちゃんと流れや理屈があって、
      天才が急にポンと出てきたわけでは
      無いという事が解りました。
      が、困った事に、内容はキレイに
      忘れてしまいました。(-_-;)

      絵をまた描きたいなぁ、とも思うのですが、
      描いてるヒマも場所もない、というのが現状です。
      人に見せない事を前提に、
      小さい、意味の無い、
      ラクガキみたいな絵を描きたいです。

      美術とデザインは、多分、根本的に全く別物で、
      私が大学で習ったのは美術寄りのデザインで、
      どうにも半端で、どっちつかずの
      役立たずだったと思う。( _ )

      美術は、作家が自分のために行う事で、
      デザインは、依頼されて他人のために行う事なので、
      方向性が右と左ぐらい違う。

      デザインは、仕事の現場で覚えるしかない、
      シビアな会社仕事で、職人じゃないと思う。
      まったくのサラリーマン仕事。
      会社人間じゃないと勤まらない。(´・ω・)
      私はまったく向いてなかった。

      しかも、パソコンなんかが出てきたもんだから、
      デザイン仕事から手仕事は駆逐されてしまい、
      デザイン≒パソコンになってしまった。( _ )
      パソコン仕事は面白いけど、
      便利に馴れると、ダメになると思うのです。(´・ω・)

      やっぱり最後は、鉛筆と紙です。
      普通の鉛筆とメモ帳。
      意味の無い、小さい落書き。
      そういうのが一番楽しいような気がします。
      小さい子供の落書きの絵。(^_^)


      フルール様

      少しづつでも食べてくれれば大丈夫です。
      少しづつ、全ての行動が
      ゆっくりになってくると思いますので、
      人間もゆっくり、待ってあげないといけなくなります。
      根気と寛容さが必要になります。
      人の生活は忙しくて大変なので、
      待つことは大変です。
      でも、どうぞ、待ってあげて、
      可能な限り気長に付き合ってあげてくださいね。
      叱ったり、怒ったりしないでくださいね。

      私は、自分をぶん殴りたいです。(´;ω;`)


      まるる様

      いかがですか?
      まだまだずっと辛いですよね。
      私も辛いです。

      でも、辛い記憶にはしたくないです。
      ずっと辛くて悲しくても、
      幸せな記憶にしておかずにおくものか、と、
      思います。
      まあ、元気な時は思います。(´・ω・)

      元気じゃない時は、ぐにゃぐにゃです。
      ぐにゃぐにゃの時もないと、
      人のカタチを保ってられませんよねえ?

      いつでも、きっと、傍に、
      近くにいてくれますよ。
      見えなくても、
      かわいいね、いい子ね、大好き、って、
      言ってあげてくださいね。(^_^)












      「死命」を観て

      0
        「死命」というドラマを観ました。
        とても良かったです。

        病で余命幾ばくも無い殺人鬼と、
        同じく余命わずかの刑事の話です。
        刑事役の吉田鋼太郎さんは舞台俳優なので、
        歩き方や身のこなしがきれいですね。

        毎日毎日、平穏無事に生活できていると、
        それが未来永劫ずっと続くような気がします。
        が、そんな事は無いのです。
        自分がいつ、どんな風に死ぬかは判らないし、選べない。(-_-;)

        末期ガンの刑事と、その娘のやり取りがとても自然で、哀しくて、胸がつまりました。
        母親も亡くなっているので、
        まだ若くてダンサー志望の彼女が、
        これから一人で生きていくことの寂しさを思うと辛いです。
        多分、人が生きるうちで一番辛いのは、
        寂しさなのだと思います。
        寂しいという気持ちに喰い殺されないようにするには、
        好きな事に取り組むしかないように思います。
        彼女にはダンスがあるので、
        きっと寂しくても辛くても生きていくのでしょう。

        また、若い刑事のお父さんが脳梗塞を患いながら、
        パン屋さんを続けているというエピソードも
        胸をつかれました。
        一生、自分の仕事を続けていけるというのは、
        幸せな事だと思います。
        それに対して、余命わずかの刑事が、
        自分は何かを作る仕事をしたことがない、
        と言うのが印象的でした。
        いろんな仕事がある中で、
        パン屋さんになった不思議、
        警察官になった不思議。

        余命わずかの殺人鬼の方は、
        あまりにも生い立ちが残酷で悲惨で、
        いったい、どの段階なら彼が更生できたのか、
        生き直す事ができたのかが解らなくて、
        呆然とするばかりでした。

        ひるがえって、私は、

        目の前の事を一個一個やっていくのが精一杯です。
        将来設計など何もありません。

        ヨコにそれますが、
        大昔に、新卒で漠然と適当に就職したばかりの時に、
        どこぞの保険屋が、
        将来設計書みたいな物を持って来た時は、
        こんな失礼な傲慢な人間(職種)がいるのかと思いました。
        何勝手に人の人生を小銭に換算してくれてるのか、と。
        私はお前の作ったお話のキャラクターか?、と。
        保険屋という輩は以来好きにはなれません。
        悪いけど、あれは虚業だと思います。

        明日も明日の用事があります。
        頑張らないとね。
        こがねちゃん、りうちゃんに
        恥ずかしくないように頑張らないと。

        稀勢の里さん引退表明

        0
          残念ですが、決めたのなら仕方ないですね。( ;´・ω・`)
          毎日、今日は勝つよ横綱だもん勝つよ勝つよウワーーーーー!負けたーーー!なんでーーー!

          を繰り返す三日間でした。

          怪我のせいなのか、気持ちの衰えか、
          多分、色んな事の積み重ねで、
          人はある日突然、崩れ落ちてしまう事が
          あるように思います。( ;´・ω・`)

          1つの事に懸命に取り組む事を続ける、
          戦い続けるほど、
          そうなるように思います。

          アマチュアなら、他の用事があったりして、
          ほどほどということができるけど、
          プロにはいつも全力が求められ、
          また、そうしようとするから、
          100か0かになってしまう。
          それがプロで、厳しさなのだろうけど。

          でも、1つの事が終わっても、
          生きてれば、ご飯も頂くし、
          お布団に潜り込めばいつか眠ってしまうし、
          朝になれば目も覚めるし、
          まあ、どうとでもなるのです。

          不調から復活して、順調に勝って、
          でも引退というが本当は良かったのだろうけど、
          スポーツの世界の人は、多分みんな負けて敗れて去っていくのだと思います。
          また、それが本当だと思います。
          勝って優勝、はい引退というのは、私はちょっと違うと思います、荒川静香さんの事なんですけどね。( ;´・ω・`)

          もうすぐ、りうちゃんの一周忌です。
          追体験したり、思い返したりしないようにしています。
          乗り越える事はできないので、
          受け止めるしかありません。

          悲しい事で記憶するのでは辛いだけなので、
          ありがとう、大好きよ、という言葉を
          いつも添えて思うようにしようと思います。

          悲しい事を悲しいままで記憶するのは辛すぎます。(;ω;)
          忘れる事ができないのなら、
          なにかしら形を変えていくのも方法だと思います。

          今日も夕方は初場所観ます。(^_^)

          テレビばっかり観てる ( ;´・ω・`)

          0
            もう年末過ぎるねんまつになのに、テレビばかり観てるのです。

            「まんぷく」はとても面白いです。
            前作がZ級のまだ下のその下なのに比べれば、
            S級の予感もします。(^_^)
            現時点でもAA+つけちゃいます。

            「落語心中」もとてもよかったです。
            録画しなかったのが悔やまれます。
            俳優の魅力で見てしまいました。(^_^)

            「西郷どん」
            あっという間の一年でした。
            西南戦争だけで1ヶ月ぐらいやってほしかったです。
            明治になると数字がどうしても下がるから、
            駆け足ではしょった印象。( ;´・ω・`)
            西郷という人のカリスマ性、人徳は恐ろしいです。
            でも、同時代の薩摩藩士でも、
            西郷になびかなかったヒネクレモノものいるわけで、
            人間の相性って奥が深いです。

            鈴木亮平さんの膨らみ具合が恐ろしいです。
            クランクアップしたら、もうちぢんでるし。
            けんこうに大事にして欲しいです。( ;´・ω・`)

            瑛太さんの大久保が、
            帰宅して嗚咽するシーンはつらかったです。
            きっと、彼は、親しい誰かとの死別を
            経験してると思います。
            でないと、あんな演技はできないと思う。(´;ω;`)
            りうちゃんがみまかった時の私と、
            ほぼ同じ感じだったので、
            フラッシュバックしました。(´;ω;`)

            「大誘拐」
            原作の小説の評判がとてもいいので、観ました。
            未読です。
            いい人しかいない世界で、
            旧い洋画を観てるみたいでした。
            心暖まるドラマでした。(^_^)


            みなさまありがとうございます。
            どなたでも、年末は普通にしてても無理しています。
            充分頑張ってます。
            だから、先伸ばしできる事は伸ばして、
            自分をいたわって甘やかして下さい。
            寒いと能率は下がります。
            気候のいい時の半分、
            できれば七割達成できたら上等です!(^_^)


            日産のトップが逮捕されたこと

            0
              別に縁もゆかりも無いので、関係ないけど、
              我が家では
              「50億ちょろまかされて気づかないのがスゴい!」
              「50円なら仕方ない」
              「むしろ50円ちょろまかして逮捕されるのを観たい!」
              「それぐらいは不起訴にしてやってもいいのでは?」
              と、議論がまきおこっています。( ;´・ω・`)

              お金の欲って、満足が無いのでしょうね。( ;´・ω・`)
              仮に1億円手にしても、
              次は2億円欲しくなって、
              収入に比例して出費も多くなって、
              相対的には裕福でも何でもなくなるのかも。( ;´・ω・`)

              ため込んだらため込んだで、
              狙われたり恨まれたりもする。

              それでも無いよりある方がいいに決まってる。( ;´・ω・`)

              人間の世の中は、やっぱりお金なのです。

              まっとうに働いて得たお金は尊いものです。

              私は、子供たちにはできるだけ早い時期から、
              働いてお金を得るという大原則を
              教えるべきだと思います。

              お金は問題じゃない。
              お金より大事なものはたくさんある。

              なんて大嘘のきれいごとを、
              学校の先生に吹き込まれる前に、
              交渉、契約、労働、報酬、の流れをきちんと
              お手伝いなどを通じて
              叩き込んだ方がいいと思います。

              条件交渉をする重要さ、
              契約を守る責任、
              労働の大変さ、
              報酬の嬉しさ、

              人間の世の中の基本だと思います。

              私の親は、そういうことは一つも教えてはくれませんでした。( ;´・ω・`)
              それが私の不幸のひとつだと思っています。

              お金は大事よ。



              「あさが来た」再放送

              0

                「カーネーション」が終わって、ボーっとしていましたら、

                「あさが来た」の再放送が始まりました。

                4年ぶりだそうです。

                 

                (´・_・`)

                 

                ということは、こがねちゃんがあっちに行ってしまってから、

                四年になるということです。

                 

                「あさが来た」の前半は、当然ながらほとんど観られませんでしたが、

                録画していたので、ぼちぼち観てとりかえしました。

                ベトナム戦争時のアメリカ海兵隊の皆さんの作戦行動のように、

                現在進行形で観ながら、録画を見ていたのです。

                 

                たとえがなんのこっちゃわかりませんね。

                ベトナム戦争時のアメリカ海兵隊がジャングルを進む時は、

                敵の尾行に備えて、ちょっと進んでは大きく迂回してUターンして、

                もし尾行されていたら、敵を殲滅して((>_<))、進むそうです。

                3歩進んで2歩下がる具合ですね。

                気が長いですが、命がかかっているからこそなのでしょうね。

                 

                当時のことを思い出すというか、追体験してしまうというか、

                忘れないというか、PTSDというか、複雑な気持ちですが、

                この毎日のドラマが随分と気持ちを救ってくれたのも確かです。

                とても質のいいドラマでよかったです。

                 

                逆に、りうちゃんの時は「半分、青い」で。(-_-;)

                まあ、逆に気持ちを逆なでされて、

                不快感と怒りで気持ちをまぎらわすことができたのも確か…

                なのかもしれませんNHKふざけんな忘れんぞ。( *`ω´) プンスカ

                 

                「あさが来た」は、宮崎あおいさんの演じる、おねえちゃんの初さんが、

                これからなんともかわいそうな一生をおくることが判ってて、

                観ないといけないのがつらいですね。

                もちろん、そういう時代なので仕方がなかったのですが、

                「嫌なことは絶対に嫌」だと、

                周りの人間にどれだけ言われても、脅されても頼まれても、泣かれても、

                自分の気持ちがざわついて、どうにも嫌なことは、

                絶対に妥協してはいけない、のです。

                 

                女の人には、これだけは、ここだけは強く意思を持ってほしいです。

                今の若いお嬢さんたちは、大事に育てられていますから、

                そんなことはないかもしれませんが、

                一昔前の世代の女の人は、親や学校に、

                自己権利の主張は悪だと洗脳されて育ってますから、

                嫌なことを強要されると我慢してしまいがちです。

                 

                やさしい人はつけこまれます。

                つけこむ人間は、利用できるからしているだけで、やさしさに感謝なんかしません。

                一歩譲れば三歩踏み込んできます。

                だから、一歩も引いてはいけないし、逆に踏み込んでやればいいのです。

                そしたら、利用できないと解りますから、近づいてこなくなります。

                 

                これは、わかままとは違います。

                つけこもうとする人間は「わがまま言うな」とか言うと思いますが、違います。

                 

                わがままには、「絶対に嫌」という、

                気持ちのざわざわするような不快感は伴いません。

                子供はともかく、大人なら

                「あ、今、自分、わがまま勝手言ってる」と、判るはずです。(^_^;)

                 

                そもそも、相手に対する「甘え、馴れ」があるから、わがままは言えます。

                無い相手には、わがままは言わないでしょう?

                子供だって言いませんよ。

                 

                「絶対に嫌」は、本能的に、危険だと、全身が警告を発しているのだと思います。

                その警告を無視したら、待っているのは不幸だけです。

                いいことなんか一つもありません。

                 

                初さんが、ききわけなんかせずに、この結婚は絶対に嫌だと言えたら、

                彼女はあれほど不幸にはならなかった。(-_-;)

                嫌いな人間、好きになれない人間、と一緒に過ごす人生は不幸です。

                ドラマでは、最終的に丸くおさまっていますが、

                私は、彼女の人生は、他人の犠牲になった不幸な一生だったと思います。

                実家の家族も、彼女が大事なら引きずってでも連れ戻せばよかったのです。

                それをしなかったのは、時代がさせなかった、できなかったのでしょうね。

                不幸なことです。(-_-;)

                でも、本当に本当に大事なら、絶対に連れ戻すと思いますよ。

                だいたい、縁談の最初から不幸フラッグが立ちまくっているのに、

                この家族は、結局つけこまれて妥協してしまい、

                結果、初さんは不幸になるのだから、頭に来ます。( *`ω´) プンスカ

                 

                初さん… (´;ω;`)ウゥゥ

                 

                あんな人生、絶対に送っちゃいけないです。

                 

                 

                 


                サッカー ウルグアイ戦

                0

                  世界ランキング5位のウルグアイ。

                  血祭りにあげられるか、

                  お互いに無得点のつまんない試合になるかのどちらかだと思っていたので、

                  4:3で勝ったのは Σ(・ω・ノ)ノ!

                  日本は22年ぶりにウルグアイに勝ったそうです。

                   

                  これまでの代表選手の後が育ってきていないことが懸念だったけど、

                  後の後の世代が、もしかしたら相当にイイ!選手が育ってきているように思います。

                  嬉しいですね。

                  後の世代の選手には申し訳ありませんが、その後の世代に私は期待します。

                   

                  3点取られたことは痛いですが、4点取ったことをすごく評価します。

                  この調子でどんどんやってほしいです。

                  ケガしないように気を付けて。

                   

                   

                  Aさま

                   

                  同世代ですものね〜 (^皿^)

                  昔のテレビドラマって、きっと、今見ても面白い!ものと、

                  なんでこれが面白かったのか?(´・_・`) と思うものに分かれると思います。

                  そういう意味では、思い出のままにしておいた方がいい作品もあるかもしれません。

                  でも、DVDなどで観られるのは、ありがたいですよね。

                  私は外国テレビドラマも好きなので、旧いものを無性に見たくなる時があります。

                  今は、地上波ではめったに放送してくれなくなったので残念です。

                  スカパーとかでお金払ってみればいいのですが、

                  観てる時間がないのですよ。(´;ω;`)ウゥゥ

                   


                  スカパーの無料日

                  0

                    10/7はスカパーの無料放送日でした。

                     

                    地デジ化の時にチューナーを取り替えないといけなくなって、

                    なんやかんやあってほったらかしで映らなくなって、

                    もう解約しようと思ってたら、無料でチューナーを送ってくれることになって、

                    届いたけど、設置が面倒で保留にしておいたら、

                    知らない間にどっかにしまい込まれて行方不明。

                    それが、この間発掘されて出てきたのです。

                    うーん、もう何年埋まっていたかもわかりません。(-_-;)

                     

                    なので、先月の下旬に、せっかく出てきたし、まだ契約はしてるからつないでみました。

                    私はテレビ周りの機器の接続が超苦痛です。

                    パソコンは平気なのにね。

                    でも、つないだらつながりました。

                    よかった。(^_^)

                     


                    大相撲秋場所が終わって

                    0

                      宇良さんが三段目で6勝1敗で頑張ってくれたので良かったです。

                      三段目は地上波放送では見られないので、結果を知っただけですが、ケガもなかったみたいでホッとしました。

                      次の場所が楽しみです。

                       

                      なのに、なんですか。

                      いきなり貴乃花親方が引退をするそうです。

                      びっくりしました。

                      いろいろ揉めてたのはテレビで見て知ってましたが、なんだかんだあって、なんとか治まったものと思っていました。

                      ぜんぜん治まってなかったのですね。(-_-;)
                       

                      続きを読む >>


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      楽天市場

                      キャットフード

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM