最新!おすすめの漫画!

0

    とても楽しみにしている漫画単行本を購入したのでご紹介しますね。

     

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    イシュタルの娘〜小野於通伝〜(14) [ 大和 和紀 ]
    価格:514円(税込、送料無料) (2016/11/13時点)

     

     

    お通さんの物語ももう14巻です。

    ちょうど大河ドラマ「真田丸」と時間軸が同じなので、さらにおもしろいです。

    この巻では大坂夏の陣も終わってしまったので、

    最終巻かな?と思ったのですが、

    徳川の世になってもさらに続くようです。

     

    大坂夏の陣を契機に、たくさんの人物が世を去ります。

    いままでもたくさんの人と死に別れてきた、お通さんも、

    これだけ一度に近しい人々の死に直面すると、

    やはりお辛いご様子で、読んでいるこちらも胸が痛みます。

     

    愛別離苦の悲しみ苦しみは、若い時よりもなお、

    年を経てからは一層こたえるものなのでしょうね。(T_T)

    お通さんもあいかわらずお美しいですが、

    もう少し絵的にお年を召されてもよいのではないでしょうか。

    美しすぎますよ。( *`ω´) シットトセンボウ

     

    大坂夏の陣で、徳川軍はジェノサイドを決行したそうです。

    それまで大坂に住んでいた人々は一掃され、

    それ以降の江戸時代に住んでいた人々は、

    よそから移住してきた人々だそうです。

     

    何かの本で読んだのですが、殺されなかった人々、

    特に女性や子供は奴隷に売られた記録もあるそうで、

    そのリストの中に、2歳の女の子の記録がありました。

    惨すぎて惨すぎて、もうこういうのは本当に嫌です。

    日本には人身売買制度はあっても、

    身分としての奴隷制度はなかったと思っていたので、

    奴隷として売られたというのもショックでしたね。

     

    豊臣家を地上から抹殺するために、

    一般の庶民まで根絶やしにした家康の残酷さに戦慄します。

    権力の樹立と維持、その後の平和が、

    犠牲の上にしか成立しないとは思いたくないのですがねえ…

     

     

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    猫mix幻奇譚とらじ 10 [ 田村 由美 ]
    価格:463円(税込、送料無料) (2016/11/13時点)

     

     

    それから、もう一冊。

    この作品は、私が今いちばん好きな物語です。

    ついこのあいだ、10巻が出ました。

    年に一冊のペースで単行本が出るそうなので、

    実は長期連載作品なのですね。

     

    私がこの作品を知ったのは、ほんとにこの間なので、

    あちこち本屋さんを巡って買い求めましたよ。

    苦労しました。

    というのも、品切れが多いのです。

    ほとんど品切れなのです。

    増刷かけてほしいのです。(´;ω;`)ウゥゥ

    電子書籍でなら読めるのですが、

    好きな作品なら、紙の本が欲しいじゃないですか。

     

    だいたい、1〜2巻につき一話の構成で、

    一冊ずつでも楽しめます。

    内容は、ファンタジーです。

    主人公の「とらじ」ちゃんが、かわいいので、

    とにかくかわいいので、もうどのページもかわいいので、

    最初から終わりまでかわいく読めます。

     

    未読の方は、とりあえず書店で一冊買って、読んでみてください。

    とらじちゃんのかわいさにやられたら、

    品切れ品切れの嵐にのたうって、ブックオフ巡りをしてください。

    私はしましたとも!ええ!しましたとも!(´;ω;`)ウゥゥ

     


    コメント
    うわー!うわー!
    ホンマにものごっついお久しぶりで…^^;
    10月〜11月はなんか忙しく、でも収入がない日々で…なんて私の事はいいですね。

    時間は着実に過ぎていき こがねちゃんの1周忌も過ぎていきましたね。

    先日 前にも書いたと思いますが 犬の富士丸くんの飼い主さんであった穴澤賢さんの「また犬と暮らして」を読んでて 富士丸くんを亡くしてからの穴澤さんの気持ちとしばてんさまの気持ちが似ている、、、と言うか 共通点を感じました。

    富士丸くんは7才で穴澤さんが出掛けている何時間かの間に突然亡くなってしまい その時の穴澤さんの心情を後々綴った「またね富士丸」は最初の1ページ目から最後まで号泣でした。

    そうやって突然亡くした愛犬の命は決して忘れる事はなく 今一緒に暮らしている2ワンコも愛おしくて仕方ないけど富士丸くんの事を忘れるよりもずっとずっと大切で大事なワンコだったと。
    そーして新しい家族を迎える時は何も考えずにやってくる、早い遅いは関係なく。
    亡くなって7年経つそうですが今でもちゃんとオヤツをお供えしてあげているそうです。

    私はそう思うと冷たいやつかもしれません。
    歴代のワンニャンを忘れる事はないですがお供えとかしてないです(;´д`)
    …そこは人それぞれなのかな?
    でも母に対してもですね。。。^^;

    なんか久しぶりなのにまとまりなくすみませんm(__)m

    「イシュタルの娘」4巻で止まってます。
    読みたいんですがなかなか買えずにいます。ゆっくり揃えていこうと思ってます(^^)

    • ねこいるか
    • 2016/11/20 1:20 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    楽天市場

    キャットフード

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM