つらいけど

0
    グズグズ言ってても自分の首が絞まるだけなので、手を動かしはじめました。
    できる事からはじめないとホントに首が絞まるので。(`;ω;´)

    でも、対外的な事にまだ向き合いたくありません。
    病院にも借りてる湯タンポ返さないといけないし、先生にも挨拶しないといけないし、余った薬の処分も頼みたい。
    でもまだ行きたくないんです。
    他にも行かないといけない所はあるし、連絡しないといけない所もある。
    でもしたくない。
    ダメだけど、今週一杯はグズグズ。


    こがねちゃんの寝込みを襲う、りうちゃん。

    ストーブの前に近づきすぎてないか、
    ネコベッドで寝てるのか、
    居間に入りたくて、ドアの前に来てないか、
    お水は減ってないか、
    などなど、つい気を付けるのが体に染み付いていて、目を配るのが当たり前になっていて、その度に打ちのめされています。
    仕方がないですね。

    堂々の20才超え。
    誰でも仕方がないと言うでしょう。
    私も12才頃から覚悟しないと、なんて言っていました。
    でも、そんなのは嘘っぱちでした。
    覚悟なんかしてるつもりでもしてませんでした。
    いよいよ20才になって、いよいよだと思っても、それもまた嘘っぱちでした。
    ホントになってしまって初めて覚悟を突きつけられたのです。

    みなさまのおっしゃる通り、どんなにつらくても、最期を看取るのが飼い主の義務で宿命で、多分何回経験しても慣れることはできなくて、つらい。

    りうちゃんの病気を早く見つけて病院に行かなかったこと、治してあげられなかったことが本当に悔やまれて、申し訳なくて、つらいです。
    二十歳だから仕方がない、とは思いません。
    あちこちオシッコしまくる以外、りうちゃんは本当に普通に元気だったのです。(`;ω;´)
    それがなおさらつらいのです。

    しかしながら、手を動かす事を無理矢理はじめて、平常心を取り戻しつつあります。
    まだまだ、朝、目が覚めると悲しくて、なんで泣きながら起きないといかんのや〜!( TДT) って、泣きながら起きています。

    関連する記事
    コメント
    こんにちは。
    こがねちゃんの寝込みを襲うりうちゃん、デカッ笑!
    なんという迫力なのでしょうΣ(・□・;)。

    りうちゃん、こがねちゃんを襲ったらおえんよ(*´ω`*)。
    りうちゃんは本当に大きな猫さんですね〜(*^^*)。
    おしっこおしっこ言われているし笑。

    今は絶望や悲しみ辛さでどん底だと思います・・(*_*)。
    でもでもこれから少〜し、少しづつでも楽しい思い出もゆっくりと思い出していけたら良いですね^^。
    辛い思い出ばかりでは心が持たないですね・・涙。
    悲しい時はとことん悲しまないと。と思っています(>_<)。
    泣くのも体力いりますね。成るべく召し上がって頂きたいです^^。

    猫さんも高齢化が進んで、その分病気も増えるわけですが、皆様がおっしゃいますように、いつも通りだし?、まあ元気に見えるし食べているしとか、良いように良いように考えてしまう自分がいます(>_<)。
    後悔するお気持ち、良く分かるつもりです(>_<)。

    日常のちょっとした、本当にちょっとした事でももういないと気づき、「あぁ・・・」となりますね。。



    ねこいるかさん

    こんにちは。
    アンちゃん空ちゃんの事、教えてくださってどうもありがとうございます。
    それはお辛いですね。。
    皆様、悲しみや後悔などいろいろな思いを抱えて暮らしてらっしゃるのですね(>_<)。

    その分、幸せも貰えますが、どっちが大きいのでしょうね(^^;。
    気持ちの持ちようもありますが、でも笑顔にしてくれる大切な存在でしたね(*^^*)。


    • まるる
    • 2018/02/03 5:03 PM
    病気発見遅れるのは 私たちの方で「大丈夫だよね?」「しんどそうじゃないもの」「ご飯食べてる」「お金ないんだ^^;」と理屈をごちゃごちゃ並べて結局病院行ったら「オイオイ&#128166;」な状態だったりします。

    アンは抱っこした時にあまりに軽くなってて「!!」って感じで病院行って即手術。大腸に腫瘍があり取ってもらいましたが手遅れなのか手術後1週間ほどで亡くなりました。
    空は最近よくくしゃみしてるなぁ、でもご飯食べてるし、大丈夫やろ!と思ってたある日あまりに苦しそうに咳をしているので病院。肺の半分ほどが固くなっており水が溜まりもうあまり長くない、と言われました。

    私たちはどーしてもワンニャンに対して「大丈夫だよね」「ご飯も食べてるもんね」と自分都合のいいように解釈して そして結局後悔します。

    それはきっと誰でもある事なのです。

    後悔も辛さもその見逃した私たちへの罰なのですよ。
    罰は受けないとね。。。(⌒-⌒; )
    • ねこいるか
    • 2018/02/03 3:17 AM
    お辛い中更新してくれてありがとうございます
    • フル-ル
    • 2018/02/02 10:08 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    楽天市場

    キャットフード

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM