スカパーの無料日

0

    10/7はスカパーの無料放送日でした。

     

    地デジ化の時にチューナーを取り替えないといけなくなって、

    なんやかんやあってほったらかしで映らなくなって、

    もう解約しようと思ってたら、無料でチューナーを送ってくれることになって、

    届いたけど、設置が面倒で保留にしておいたら、

    知らない間にどっかにしまい込まれて行方不明。

    それが、この間発掘されて出てきたのです。

    うーん、もう何年埋まっていたかもわかりません。(-_-;)

     

    なので、先月の下旬に、せっかく出てきたし、まだ契約はしてるからつないでみました。

    私はテレビ周りの機器の接続が超苦痛です。

    パソコンは平気なのにね。

    でも、つないだらつながりました。

    よかった。(^_^)

     

    まだ手続きとかしないといけないみたいだけど、とりあえず昨日が無料日だったので、

    久しぶりに観ました。

    いつのまにか、チャンネル構成がずいぶん変わっているみたいです。

    また、無料日と言っても、全部見られるわけではないのです。

     

    海外の自然、動物ドキュメンタリーはやっぱり映像がきれいで見ごたえがあります。

    でも、弱肉強食の世界のことなので、メンタルの弱い日本人にはキツイことも多いです。(-_-;)

    私は正視ができません。(-_-;)

     

    映画とかは見せてくれないのがほとんど。

    その中で比較的気前よく見せてくれたのが、意外なことに「東映チャンネル」でした。

    たしかここはお高かった上に、無料日放送もしてなかったかと。

    で、何を見たかというと、

    高橋英樹さんが滅茶苦茶若い「男の紋章」、

    高倉健さんが滅茶苦茶若い「網走番外地」、

    富司純子さんが滅茶苦茶若い「緋牡丹博徒」、

    野際陽子さんが滅茶苦茶若い「キイハンター 第一話」

    など。

     

    高倉健さんは、「緋牡丹博徒」にも出演されています。

    「網走番外地」の方がだいぶ若くて、まだ半分ぐらいしか高倉健じゃないので、笑ってしまいました。

    大原麗子さんがすごく若くて、まだ女の子で、高倉健さんは「かわいこちゃん」とか言ってしまうんですね。

    高倉健さんの口から「かわいこちゃん」… というすごい破壊力!Σ(・ω・ノ)ノ!

    まあ、高倉健さんだって、若い時があったわけで。

    「緋牡丹博徒」の高倉健さんは、もうしっかり高倉健さんです。

    富司純子さんは、とにかくきれいで、「緋牡丹博徒」の頃と、

    現在とそれほど変わっていないような気がします。Σ(・ω・ノ)ノ!

     

    「男の紋章」も「緋牡丹博徒」も、いわゆる今はもう絶滅した任侠ものってヤツです。

    「緋牡丹博徒」の時代設定は明治中期、「男の紋章」はよくわかりません。

    トラックがでてきたかと思えば、殴り込みにいくやくざたちの格好が着物を尻からげにして手甲脚絆で江戸時代。

    警官たちは馬に乗って移動してる。

    時代がぜんぜんわかりません。

    まあいいけど。

    ただ、日本建築などのセットの作りがきれいなのです。

    豪華と言ってもいいぐらいです。

    葬儀のシーンなどでは、ちゃんと屏風が逆さに置かれてたりして、さすがにきっちりしてると感心しました。

     

    「キイハンター 第一話」は、野際陽子さんを観たくて、モノクロを我慢して観ました。

    う〜ん、美人さん。

    なんでしょうね、キュートであか抜けてて、今でもなんら遜色ないモダンさです。

    丹波哲郎さん、千葉真一さん、谷隼人さんが、わ、若い!

    谷隼人さんなんか、今でも十分通用する男前ですね。

    役名の前につけられた肩書が「カー狂」なのには笑いました。

    カーマニアって言いたいんだと思います。(^_^;)

     

    どの作品も見ていて思ったのですが、昔の俳優さんって、滅茶苦茶に活舌が悪いです。

    早口でべしゃべしゃセリフを言うので、ちょっと聞き取りに苦労します。

    どれもそれなりに面白かったです。

     

    が!

     

    どの作品よりびっくりしたのが、予告編で観たこの作品です!

     

    「皮ジャン反抗族」!

     

    タイトルだけでびっくりしてしまいます。

    主演は舘ひろしさん、主演第一作!

    これが第一作!

    【解説・ストーリー】 目的もなく大都会に群がる若者たちのやり場のない怒りと憎しみ、欲望を70年代の時代背景の中に描き出した、舘ひろし本格主演作。

    【公開日】1978年12月公開

     

    予告編の映像の舘ひろしさんがディスコで踊りまくっています。

    なんぼ若いといっても、舘ひろしさんにこの仕打ちは… むごい… (´;ω;`)ウゥゥ

    柴田恭兵さんならいざしらず、彼はなんぼ若くてもディスコで踊りまくるキャラクターじゃないんじゃないかと。

     

    「サタデーナイトフィーバー」をためらいなくパクって真似て作って、

    「イケてる!」と思ったのに、見事にすべったのが解りすぎるほどわかってつらいです。

    ハリウッドの猿真似は「宇宙からのメッセージ」でもう、おなかいっぱい!

    もうやめとけとあれほど…!

     

    予告編だけでこの破壊力!

    精神をごりごり削ってくる破壊力! (´;ω;`)ウゥゥ

    観たい! でも観たくない! 観ちゃいけない!

     


    コメント
    こんにちは。
    10月12日はこがねちゃんの命日ですね。

    どれほど月日が流れても悲しく辛いですね。
    寂しいです。

    一緒に暮らした日々は幻?だったのかと思う程です。
    切なく辛いですね・・(ノД`)・゜・。。


    フルールさん

    ひめのすけちゃん、病院に行ったのですか。
    何かあったのかな?

    体重が増えて、食べてくれているのですね^^。
    嬉しい事ですね(#^^#)。
    良かったです。

    うちはまるが吐くばっかりしていたので、セレニアという制吐剤(他にも種類があるようですね)をお試しで短期間飲ませていました。
    効き目があるのかどうか。。
    吐くのは少し減ったと思います。
    他の薬も無くなってきたので、また貰いに行かなければ。
    引き続き、制吐剤を飲ませるかどうかも話し合わないとです。

    ひめのすけちゃんは吐きますか?
    • まるる
    • 2018/10/11 8:05 PM
     「キィハンター」・・・好きでした〜〜〜千葉サンが。谷くんはオープンカーみたいなのに乗ってた記憶が・・・半世紀前のだからあやふやですが。

     舘ひろしさんはクールス時代、バイクでヤンチャしてたから、こーゆー役が廻って来たのでは? そーいや、ハトさんもバイク乗ってたっけ・・・。
     どっちかっつーと、このヒトが“ 流全次郎 ”を演じた事実の方が破壊力半端ネェと思います。

     街のあちこちにキンモクセイの香りが漂っています。そろそろ、こがねちゃんの命日ですね。
    • A
    • 2018/10/10 10:00 PM
    スカパーを退会して
    NETFLIXとhuluにしたらちょっと物足りないですねただ、台風の時アンテナの心配がなくなったのはうれしい
    • フル-ル
    • 2018/10/10 9:35 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    楽天市場

    キャットフード

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM