一周忌です

0
    りうちゃんの一周忌の日です。

    この一年、毎日、同じ事を思って、
    厭きもせず同じ事を繰り返しています。

    りうちゃんには、どれだけあやまっても足りませんし、
    後悔と無念と哀惜と、
    そして、今でも大好きで離れる事ができなくて、
    失ってしまった、打ちのめされた思いは、
    どうしても拭うことができません。

    共に暮らす生き物は、必ず看取る宿命にあります。

    悔いの無いように、後悔の無い看取りとは、
    どういう事を言うのか、
    それも少しずつ頭の片隅で考え続けています。

    もちろん、人それぞれ違うと思います。

    ただ、充分な事をした、させてもらった、
    この子は精一杯、毎日を楽しく幸せに生きた。
    そして、自分はその暮らしを維持し続ける事が出来た!

    と、いう、満足感、誇り。
    そういうものがあるのが、

    いい、

    のではないかと、思ったりします。

    そう思う事が出来る看取りをするには、
    努力だけでなく、幸運も必要な気がします。
    だから、きっと、どれだけ頑張っても、
    そうはならない、事もあると思います。

    だから、そういう後悔の無い看取りが
    出来なかったとしても、
    それは100%、飼い主のせいでは無い、とも思います。

    どんなに頑張っても、努力しても、
    どうにもならないことはあります。
    努力と結果は絶対にイコールではないのですから。


    私の後悔、罪悪感の源は、
    「命を諦めた」事にある事を白状します。

    もうどうしたって治らない、
    回復しないだろう、
    毎日、病院に通ってもどうにもならないだろう、
    という見通しで、私は命を諦めたのです。
    りうちゃんの命を諦めたのです。

    認めたくないことですし、恥ずかしい事です。
    言語道断です。

    これが人間の子供なら、諦める親などいません。
    最後の最後まで、頑張るはずです。

    もちろん、りうちゃんは、すっごく可愛いネコ!で、
    人間の子供と同列に考えるのは間違いです。
    人間なら百歳近い老人の年齢でしたしね。
    それでも、諦めた事を諦められないのです。

    21才になるであろう年の初めの1月です。
    寿命といえば寿命だったのでしょう。
    年齢を言えば誰もが、ああ、その歳なら仕方ないという歳です。

    しかし、歳と、私が諦めた、事とは
    別の話だと思うのです。
    悔いが残る看取りになってしまいました。

    後悔と罪悪感を、
    これからも変わらずかかえて生活していきます。
    でも、それと、
    りうちゃんがかわいい!大好き!
    という気持ちは別々なのです。

    いい子ね、かわいいね、大好きよ!

    この気持ちも変わらず抱きしめて生きていきます。

    よろしくお願いいたします。

    関連する記事
    コメント
    今日、病院に行ってきました
    愛猫のハゲの原因はわからないそうです
    この以上大きくなったら
    即、病院に来ることと言われました
    エリザベスカラーはしなくてもよいと言われたので良かったです
    一番良かったことは
    体重が増えてたことです(笑
    血液検査も良くはないけど・・
    維持しながら再来月の結果を期待したいです
    お騒がせしてすみませんでした
    愛猫のわがままを聞いて満足するよう頑張ります

    • フル−ル
    • 2019/01/31 4:50 PM
    こんばんは。
    なんと申して良いでしょうか。。

    私もフルールさんと一緒でしばてん先生がこがねちゃん、りうちゃんの事、本当に大事に大事に思っている事、存じています。

    お二人とも天に還ってしまって、しばてん先生本当に寂しくお辛い事と思います・・。

    ありがとうの感謝の気持ちや、ああすれば良かった、しなければ良かった等の自責の念など、様々な思いがぐるぐるぐるぐる駆け回っています。

    私も後悔だらけです。

    辛いながらもいつも思う事は、本当に猫さんって
    凄い存在感なのだなぁと(´;ω;`)。
    • まるる
    • 2019/01/31 12:39 AM
    しばてんさんが
    こがねちゃんとりうちゃんを大事にしてるというか
    愛してること知ってますよ
    会ったことなくても知ってます
    だって、漫画から愛があふれてますから
    たから、最後の最後まで愛情そそいだのわかってますよ
    二人もそれをわかって天国に旅だったと思います

    飼い主さんが「頑張れ」と言うと頑張っちゃうみたいですね
    これは、子供も一緒みたいで
    だから、「もう、頑張らなくていいだよ」と言うと安らかに亡くなるそうです
    私は、その言葉を言えるか・・・
    最近悩んでます
    きっと、あと一日 もう何時間頑張って
    と、上から目線で言うと思う
    きっと、その言葉で愛猫が苦しむのか考えちゃいます


    毛を抜く行為ですが
    また、抜いたり抜かなかったり・・・
    どうも、自分の思い通りいかないと抜くみたいです
    どこまで、わがままなのか
    自分の思い通りにならないとむくれるみたいです
    私と、同じ性格です
    一緒に生活してると似るんですね

    • フル-ル
    • 2019/01/28 3:13 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    楽天市場

    キャットフード

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM