クローンペット

0
    少し前にテレビ番組で、
    多分NHKだったと思うのだけど、
    ペットのクローンが、
    実際に生まれているという事を知りました。
    韓国でビジネスとして成立しているそうです。
    もちろん、顧客はお金持ちです。

    しかし、そのためには、
    犠牲になる生命がどうしても必要みたいで、
    それが母体となる動物なのか、
    受精卵のことなのかは不明瞭でした。

    でも、だとしたら、私は、
    無いな、と思いましたし、
    駄目だ、とも思いました。

    生命倫理の領域に、
    ビジネスが侵食するのは、
    あってはならないと思います。

    番組の主題は、
    ゲノム編集で、マンモスを創り出す事でしたが、
    これにも私は嫌悪感しかありません。
    普通のゾウとして生まれたゾウの遺伝子を弄って、
    マンモスの遺伝子に書き換えて、
    それでハイ、マンモスって、
    今迄、散々、生き物を大量に殺して絶滅させてきた
    キリスト教徒にだけは言われたくないし、
    この人たちは、骨の髄まで、
    全ての生き物は、
    アンタらの神様が人間のために作ったと
    信じているのだなあ、と、心底から呆れ果てるし、
    トコトン底無しに強欲だと、
    絶望的な気持ちになります。
    自分は良い事をしていると、
    信じていると言うことの恐ろしさだとも思います。

    もしかしたら、秘密裏に、
    自分のクローンを産み出しているお金持ちや
    権力者もいるのかもしれませんし、
    多分、SF小説の分野では
    とっくにそういう作品もあるのでしょう。

    もし、犠牲無しに、手の届く価格で、
    クローンペットが産み出せるようになったとしたら、

    私は、それに手を出すかどうか。

    悩ましい所ですが、出さないでしょう。

    もし、そんな事が普通に行われるようになったら、
    まず一番に淘汰されるのは、
    姿形が「かわいくない」と、
    される個体の遺伝子だと思うからです。

    かわいい個体のクローンが大量に生まれて、
    かわいくない遺伝子が淘汰され、
    同じような特徴の個体ばかりになるように思います。
    また、自然には存在しない毛色や、
    形も生み出されるかもしれません。

    恐ろしさと、おぞましさしかありません。

    生命倫理の確立と法制化は、
    核エネルギーの問題とあわせて
    早くなんとかしないと手遅れになりますね。

    もうきっと、どちらも手遅れだろうけれど。(*_*)





    関連する記事
    コメント
    クロ-ンペットを作ったと言うのか
    生み出した人をテレビでみましたけど
    どうなんでしようかね
    長生きできたのか
    一緒に生活して幸せなのか聞きたいですね
    • フル-ル
    • 2019/06/10 7:51 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    楽天市場

    キャットフード

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM