大阪歴史博物館 その3

0

    大阪歴史博物館の記事、途中で消えてしまって、

    がっくり来て、放置してしまいました。
    せっかくなので続きを書きます。


    お弁当の掛け紙です。
    コレクターの人がいたので残っているのですね。
    多分、間違いなく男性だと思います。
    女の人はこういうものはあまりとっては置かないでしょう。
    私は取っておくほう。(*´ω`*)

    そして、そんなものをとっておいたことを忘れる。



    きれいだと思います。



    味がありますよね。


    のらくろの漫画です。
    私は、田川水泡さんの「のらくろ」が、大好きです。
    また復刻版とか出ないかなあ。

     

    うろ覚えですが、猛犬連隊のトップは、ブル連隊長。

    副官がモールさんでした。

    どちらも洋犬なのが、いいの?それ?って感じですが、

    まあ、なんやかんや言っても、のどかな時代だったのかも。

     

    仮想敵国というか、実際、戦争になって戦死者とかもでてしまうのですが、

    相手方は、山猿、河童、なんかだったと思います。

    かわいいカエルもいたかなあ。

    のらくろは、カエルが嫌いで、けっこう辛く当たるんですよね。

    ちょっとそこは、腹が立ちました。

    ネコは憶えがありません。

    多分、ネコは登場しなかった。

     

    戦争のシーンは、とにかく、猛犬連隊が「正義」なので、

    うへえ、と思うこともありますが、

    敵味方同じに死者を悼む気持ちや、

    戦争は惨いという気持ちが読者に伝わる点は、作者の人柄なんだろうな、と。

     

    のらくろは、二等兵から始まって、

    単行本一巻ごとに階級が上がっていきます。

    実際は下士官が、尉官や佐官まで上がれることは、まあ、なかったみたいですね。

    だから曹長が下士官の最高位。

    軍曹や総長は、死線をくぐりぬけた、たたき上げで、

    こういう人が実は現場のトップだったみたいです。

    じゃあ、将校は何をしていたんですかね?

     

    多分、作戦立案が将校の仕事で、

    実際に走り回るのが兵隊を指揮するのが、軍曹や総長だったのかもしれません。

     

    全部の国の軍隊がそうなのかそうかは知りませんが、

    潜水艦乗りは、全員が尉官以上の士官だそうです。

    並の精神力では務まらないから、だそうです。

    閉所恐怖症の私は、素直にそうだね、と思います。

     

    のらくろのお話には、戦後編もあって、

    私は未読なのですが、

    田川水泡さんは、どうしても、のらくろにお嫁さんを迎えてあげたかったそうです。

    優しい人柄だと思います。

    戦後は、会社を作ったブルさんの下で会社員になったみたいですよ。


    とりあえずここまで。

    また続きを書きます。

     

    大阪歴史博物館、建物が新しくて、大阪城がすぐそばで、

    ついでにNHK大阪局がすぐ隣で、半日ぐらいゆっくり過ごすにはとても良いところです。

    でも、歴史博物館としては、フロア面積がとても狭くて、

    申し訳ないけれど、展示は物足りないです。

    江戸東京博物館と比べると、フロア面積は1/5ぐらいじゃなかろうかというぐらい狭い。

    ワンフロアの展示を一周するのには、ゆっくり見ても10〜15分ぐらい。

    ぶっちゃけ、がんばっているんだけど、狭いから、どうしてもしょぼい。(-_-;)

     

    10〜6階までが展示スペースで、5〜2階は非公開の会議室や研修室。

    見学者は、5〜2階をエスカレーターで黙々と降りて行かなくちゃいけない。

    6階から1階エントランスの1階までのエレベーターもあるけど、

    大阪城を眺めたかったら、エスカレーターで降りないといけない。

    薄暗い非公開エリアを横目に見ながら降りていくと、とてもテンションが下がります。

    なんとかならないものかと思います。

     

    1階エントランスには、ミュージアムショップもありますが、

    これがまた狭い。

    エントランスは無駄に広いので、もう少しショップを広くすればよさそうなものです。

    新しくてきれいで立派なんだけど、いろいろ惜しい。

     

     

    今年の春夏は、出不精の私にしては、あちこちでかけたと思います。

    生き急いでいる感さえあります。

    本当に出不精なので、何か観たい、行きたいところがあっても、

    めんどくさくて行かないことが多いのです。

    でも、いつか、そのうちはもう無いんだろうな、という気があって、

    できるだけ行こうと思うようになりました。

    私の住んでいる県は、交通費で死ねる県(競合他社が無い一社独占県)なので、

    交通費の引き落としで、毎月死んでいますが、まあ、がんばりたいですね。

     

    いつも読んでくださってありがとうございます。

    なかなかお返事が書けなくて本当に申し訳ありません。

    何か書こうと思っていても、あっという間に真夜中の2時3時になってしまって、

    明日にしよう〜(´;ω;`)ウゥゥ  となってしまいます。

     


    コメント
    こんにちは。
    この前まで真夏復活でしたが、ここのところは秋らしくなってきました。

    大阪歴史博物館の常設展も面白そうですね^^。
    書かれた記事が途中で消えてしまわれたの、ショックですね(>_<)。

    お弁当の掛け紙コレクターさんもいらっしゃるのですね〜。よくマッチは見かけますけど。
    レトロなデザインが素敵ですね。

    大正時代のお店の実物大模型もあるのですね。
    非常に凝っていて趣きがありますね^^。
    実物を見ると重苦しい感じですか。

    のらくろ、読んだ事がありません。
    階級とかも分かりません(@_@)。

    しばてん先生は本当に様々な事に博識でいらっしゃいますね!
    • まるる
    • 2019/09/22 11:18 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    楽天市場

    キャットフード

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM