「黒蜥蜴」

0
    スカパーの無料放送日に、たまたま観ました。
    あまりにも衝撃作だったので、
    記録しておきます。
    絵も描きたいんだけど、
    描いてる暇がないので、いずれまた。

    「黒蜥蜴」です。
    江戸川乱歩さん原作で、何度も映像化されています。
    今回観たのは、1993年のテレビドラマ。
    黒蜥蜴さんは岩下志麻さん、
    明智小五郎は伊武雅刀さんです。

    衝撃ポイントは、先ずは、明智小五郎のイデタチ。
    伊武雅刀さん、前髪パッツンで、金髪メッシュ入りです。
    ごめんなさい!ダッセー!
    こんなアタマしてる奴、信用できないです!
    しかも、服装が凄い!
    何回もお着替えしますが、
    アマガエルも大喜びの、きみどり色の背広の上着!
    その下は群青色のシャツ!
    目にも鮮やかなんてものじゃないです!
    目が!目が痛い!
    1993年の明智小五郎、凄まじいです!

    そして、この明智小五郎、何もしません。
    ウロウロしてるだけで、全てが後手後手。
    派手な服装で、ウロウロしてるだけです!

    番組紹介には、
    「ハイテク機器を駆使して!」などと、
    書かれていましたが、
    出てきたのは、デカいトランシーバーと、
    一回だけチラッと映ったパソコンらしきものだけです。
    しかも特に何もしない。
    一回だけキーボードのどこかのキーが、
    ポチッと押されただけ。
    まあ、時代的に仕方がないかもしれないけど、
    あまりにもショボい。
    脚本家も監督もハイテクとか絶対にわかってないし、興味も無いに違いない。

    黒蜥蜴さんの秘密のアジトは、どこかの島。
    誘拐した令嬢、早苗さんを載せたクルーザーが島に向かうシーン。
    うん、予算無かったのね。
    これ、クルーザー違う。
    ほぼ漁船。

    アジトの一室には、
    海中か水中が見える大きな窓があって、
    たくさんの人間かウヨウヨと泳いでいる。

    うわー!懐かしい!
    近藤レイ子水中バレエ団の皆様じゃないですか!
    昭和の昔は水槽がショボかったから、
    なんじゃこりゃ感が強かったけど、
    演者の動きは結構キレイなのですね。

    黒蜥蜴さんは、怪しい仲間の医師に命じて、
    気に入った人間を改造しゅじゅちゅして、
    水中でしか生きられない「人魚」に
    してしまってるのですね!
    医師役は、名優津川雅彦さん!
    何で受けちゃったの!この役!

    で、最大の衝撃ポイント!
    黒蜥蜴さんを密かに愛していた、この医師、
    なんと、黒蜥蜴さんを勝手に手術して、
    人魚にしてしまう!
    その上、いつの間にか用意していた金色の人魚衣装を黒蜥蜴さんに着せて、
    手術台に放置して、どっか行ってしまう!

    陸上では生きられない体にされた黒蜥蜴さん。
    明智小五郎は、
    瀕死の黒蜥蜴さんをお姫様抱っこして、
    海岸から海に、放す!放流する!
    ゆっくり、海に潜っていく黒蜥蜴さん!

    だいたい終わり!
    これで終わり!

    岩下志麻の無駄遣いとしか!
    津川雅彦の無駄遣い!
    何でこんな脚本、受けちゃったの!?









    コメント
    明智小五郎と言えば

    「天地茂」じゃないんですね
    って、ご存じですかね?

    昔、見てたなぁ
    • フル-ル
    • 2020/07/09 9:31 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    楽天市場

    キャットフード

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM