お隣の娘さんが亡くなりました

0

    一昨日、お隣の娘さんが亡くなりました。
    障害のある娘さんで、娘さんと言っても
    50代にはなっていたと思います。
    ご両親も80代近くになっていると思います。

    もう何年も前から、娘さんは入退院を繰り返していました。
    障害があるので、自分の症状や状態を
    医師に伝えることができないのが、一つのネックだったそうです。

    お隣とは普段は没交渉なのですが、
    ずっと一緒に暮らしてきた我が子を
    看取る悲しさ、苦しさを思うと、いたたまれません。

    私には、障害のある人を、
    家族に持つ方の気持ちや苦労は判りません。
    正直、想像を絶するものがあります。
    公的な支援無しにはどうにもならないと思います。

    いえ、障害のあるなしは関係ないですね。
    一人の女性が、彼女の人生を終え、天に還られました。
    遅かれ早かれ、誰もが同じなのです。
    本当にお疲れ様でした。
    よく頑張られました。
    と、そう思うことを私の手向けとしたいと思います。

     


    コメント
    お隣さんお寂しいでしょうね
    きっと、大事に大切に育てたお嬢さんが亡くなれたんですから

    私も、高齢なので
    いつかの為に 日記を捨てました
    読まれたら困りますからね
    色々、まだ処分しないといけないものもありますが
    ゆっくりやっていこうと思ってます
    • フル-ル
    • 2020/10/06 9:20 PM
    こんにちは。
    亡くなってからでないと死後の世界は分からないですね。
    本当、どうなっているのでしょう。
    不思議です。

    そうですね。いつなのか分からないだけでいずれは皆ですね。

    たまたまネットで見つけたのですが、お化けが見えるという2歳の姪っ子がお盆に遊びに来た時、「にゃんこちゃんあそこにいるよ」と夏に涼んでいたお気に入りの場所だった玄関を指さして言ったのだそう。

    その猫ちゃんは暑い夏の日にまだへその緒がついた状態で紙袋に入れられ捨てられていたそうです。
    そしてまだまだ若い、6歳と11か月で脳腫瘍で最期苦しみながらそのお盆の2週間前に亡くなったばかりでした。

    この方は怖いのでお化け否定派らしいのですが、姪っ子のその「にゃんこちゃんあそこにいるよ」と言う言葉を聞いた瞬間、その玄関に猫ちゃんが気持ち良さそうに寝転んでいる姿が見えた気がしたらしいです。

    説明が下手で分かりづらくてすみません。

    なんだか良いお話で泣けました(;_;)。



    フルールさん
    冬のアイスも良いですね^^。食べたくなります。
    アイスの実ですか。
    ちょっと夏向きですね^^。
    朝夕は寒くなって来ましたね。



    • まるる
    • 2020/10/05 11:45 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    楽天市場

    キャットフード

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM