「フィッシュマンの涙」

0

    「フィッシュマンの涙」という韓国の映画を、GYAOで無料で観ました。

    製薬会社の新薬治験に参加した若者が原因不明の副作用で魚男に変身してしまう。

    事件はトップニュースとなり、若者は一躍脚光を浴びて時代の寵児に。

    しかし、メディアは手の平を返し、魚男は奈落の底へと落とされていく……。

    父親、恋人、弁護士、そして新米TV記者が魚男を生み出した製薬会社に戦いを挑んでいく──。

    あらすじは、↑こういうことらしいですが、実際の内容はたぶん違います。

    でも、あらすじを無難に書こうと思ったら、こんな感じにならざるをえないかも。

     

    私は、普段は韓国の映画やドラマはまったく観ません。

    なんか、ことごとくセンスが合わないというか、

    見た目、ほぼ同じ黄色人種なのに、空気やセンス、価値観? が違和感ありすぎて、

    なじめなくて、なんだか別の平行世界に来たみたいな居心地の悪さがあるのですね。

    時代物も、なんだか居心地が悪いです。(´・_・`)

     

    なので、たぶん、これがまともに見た初の韓国映画です。

    感想は、なんか韓国の社会もいろいろ大変そうだなあ、に尽きます。

     

    主人公の青年は、テレビ局の報道志望だけど、

    地方大学卒なので、なかなか就職に苦労しているみたいです。

    (韓国がえげつない学歴社会というのは本当なんだ〜)

    たまたまテレビ局の職員がストライキをしていたので、

    テレビ局の身分を隠して魚男の取材をするという条件で仮採用になる。

     

    製薬会社を相手取って、弁護士、魚男のお父さん、魚男が片思いする女性、

    そして、この記者の青年などがいつもケンカしながら訴訟の活動をする。

    魚男は、いつもお水をがぶ飲みして、霧吹きでお水を吹いてもらって、ぼーっと座っているだけ。

    当事者なのに、疎外感がものすごい。

    なんか、すごいかわいそう。(´;ω;`)ウゥゥ

     

    魚男のお父さんは、いつも居丈高で、魚男が片思いする女性と口論ばかりしている。

    「年上に向かって、その口のききかたはなんだ!」とか、

    いまどき、日本では言わないようなことを言う。

    (韓国がえげつない儒教の国って、ホントなんだ〜)

     

    魚男を元の人間に戻す方法を模索して、

    しまいにはインチキ臭いキリスト教の教会にまで行く。

    インチキ臭い教会の司祭にボコボコ殴られる魚男。

    かわいそう。(´;ω;`)ウゥゥ

    白いひらひらドレスを着て、ひとりで舞い踊る信者の女性。

    (韓国がえげつないインチキ臭キリスト教宗教のある国ってホントなんだ〜)

     

    魚男を生み出した、製薬会社の研究が成功すれば、ノーベル賞確実!

    色めき立つマスコミ記者。

    世論は製薬会社を持ち上げ、魚男は逆に非難される。

    (韓国がノーベル賞欲しくて欲しくて仕方がないの、ホントなんだ〜)

     

    とうとう、魚男は首つり自殺を図ってしまう。

    でも、えら呼吸だから大丈夫。

    そして、自ら製薬会社の被験者となるために製薬会社に行ってしまう。

    ここから先は、とにかくかわいそうでたまらない。

    特に残酷な描写はないけれど、それでもとても惨く見える。(´;ω;`)ウゥゥ

     

    もし、同じ材料で日本で映画を作ったら、

    きっと、家族や友人の愛や絆(うえっぷ)一色で、

    最後は、きっと、ありがとう魚男、君のことは忘れない!

    で、終わると思うの。

     

    もう、ぜんぜん違う。

    何が言いたいのか、描きたいのかぜんぜんわかんない。

    センスが違いすぎる。

    社会風刺… なのかもしれないけど、韓国の社会を知らないからぜんぜん解らない。

     

    ただ、ひたすら、魚男が哀れで可哀そう。

    最初から最後まで彼は孤独で、誰も味方がいないまま。

    (´;ω;`)ウゥゥ

     

     


    12日は

    0
      今日は12日で、こがねちゃんの月命日です。
      毎日、飽きもせず、クヨクヨしているので、
      特段の感慨はないですが、
      10/12と、1/28というのは、
      これらの数字は重いものになりました。
      仕方がないです。

      梅雨入りする少し前から、
      真夏になりました。

      夏になると、
      こがねちゃんとりうちゃんは、
      早朝から洗面所の横に無理矢理作った
      物置の棚の上にいて、
      足だけ空中に放り出してたりしたので、
      朝、歯磨きしながら、
      頭の上にニョッと生えている肉球を
      眺めていましたね。

      棚の上に上がる道筋何かつけてないですから、
      (うちのハハにそういう思いやりなんかないです)
      上がろうと思ったら、
      洗濯機の上に大ジャンプして、
      さらに向かいの棚に大ジャンプ、
      さらにジャンプ、
      さらにジャンプと、
      キャットタワーどころじゃない
      ジャンプをしないといけなかったので、
      高齢になってからは流石に無理になりましたね。

      ネコのためにできる限りの住環境を整える事をしたかといえば、
      しなかった、できなかったです。
      (ハハがさせなかったという恨みつらみがありますね)

      あの、小汚い、実際には屋外の物置の棚は、
      ふたりにとっては、
      ホッとする場所だったのかもしれません。
      人の目や手が届かなくて、
      外からの風が吹き通って、
      日当たりも熱いほどあって。

      元気な時は、毎日、通勤するみたいに上がって行って、
      夕方まで昼寝して、
      夕方になったら、降りてきてゴハン。
      毎日毎日、春夏はこれ。

      寂しいなあ。

      マスクが届きました

      0
        うちにも国の配布しているマスクが届きました。

        よく小さいとか言われていますが、
        パッと見、私は小さいとは思いませんでした。
        まあ、これぐらいの大きさが普通かなぁ。

        大河ドラマ「真田丸」で、
        真田のお父さんが言ってましたよね。

        「貰えるモンは病気以外、
        何でも貰っとけばいいんだ! (# ゚Д゚) 」




        「伊賀忍法帖」

        0
          Yahooの映画サービス、GYAOで観ました。
          真田広之さんが若い!
          若すぎてピチピチです。

          大昔にテレビ放映された時に観て以来で、
          記憶に残っているのは、美保純さんだけです。
          今観ると、別にそんな、
          どぉってことのない
          エロティックなシーンですが、
          当時は、この女優さん若いのに
          凄い仕事するなぁ!と、
          ド肝抜かれたからです。
          美保純さんがポルノ映画の女優さんだなんて
          全く知らなかったので、
          とても若くて幼い顔立ちとの
          ギャップにびっくりしたのですね。

          懐かしい個性的な俳優さんがたくさん出ていて、
          もう誰を見ても、若い!とか、
          生きてるー!とか、そればっかり。

          ストーリーは、
          あれ、こんなめちゃくちゃだったっけ?
          特にラストに困惑しました。
          何なんだろう、このラストシーン。
          観客置いてきぼりと言うか、
          80年代臭が臭いまくりと言うか、
          角川映画らしいというか、なんというか。
          すべてが中途半端で、
          俳優の無駄遣いとしか言いようがないような。
          一つ一つのシーンは、
          俳優の力で良くできてるのに、
          全部繋ぐとバラバラなのですね。
          角川映画だから仕方ないかー (^_^;)

          こがねちゃんの夢

          0

            久しぶりにこがねちゃんの夢をみました。

            お風呂に入って、濡れ濡れの身体をタオルで拭いて乾かしている夢です。
            こがねちゃんはペルシャ猫みたいに長毛でモフモフ。
            それに、太っていました。

            こがねちゃんが出てくる夢を見た時だけは、

            スッキリ気持ちよく目が覚めて起きられます。
            たいていはそうではないので、

            私の毎日の睡眠と目覚めは最悪です。( _ )
            仕方がないですが、やっぱり辛い。( _ )

            そして、りうちゃんの出てくる夢をほとんど見ないのも、これまた辛いです。
            たまには出て来てほしいよ。
            私は毎日、想っているのに。(T_T)

            もう来週は6月ですね。
            もうどうにでもなれ〜、と万事投げ槍王国フィンランドな気持ちです。
            ほとんどの人が、
            予定や計画通りに物事が進まない事の方が、
            きっとこれからどんどん増えると思います。
            ドタキャン、ドタキャン、またドタキャンみたいな事が増えて

            ブチ切れそうになると思います。

            ま、しょーがないよね〜、と、
            流すしか仕方がないです。

            非常時ですから、
            みんな自分の身の安全だけを考えて
            行動していいと思います。
            助け合いとかなんとか言う向きもありますが、
            その前に、自分で考えて、自分で決めて、
            自分で行動する事が一番大事です。

            助けてもらえる人は、
            絶対に人を助ける事はしません。
            人を助ける人が、
            助けてもらえる事は絶対にありません。
            助け合いなんてのは嘘です。( _ )

            みもふたもないですが、
            助け合いなんてのは、
            同等の能力を持った同士でないと
            成立しないのですよ。( _ )

            今はとにかく、自分が感染発症しない事を

            最優先にして行動をする事が大事だと思います。
             



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2020 >>

            categories

            selected entries

            archives

            recent comment

            楽天市場

            キャットフード

            recommend

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM