23年経っても

0

    今日の毎日新聞の投稿欄の投稿です。

    そうか、
    23年たっても、
    80歳過ぎても
    忘れることなんかできないんだ。
    ずっと悲しくて寂しいんだね。

    私も、もう死ぬまでずっと、
    今のままの状態なんだ。

    死なないから生きてるだけ。

    スケジュールやなにかに追われて忙しい時だけ、気持ちがまぎれる。
    だから、忙しくしていたい。
    でも、とても疲れる。

    こういう時は、古い映画を観るに限る、と思う。
    大昔の、内容うろ覚えの、古い映画とかドラマ。

    それか、寝る。
    寝てしまう。

    インフルエンザA型

    0
      何年ぶり?  何十年ぶり? に、
      インフルエンザA型にかかっています。

      39度も熱が出たので、
      昨日の外出のせいで疲れたのかなあ、
      とか思って、寝ていたのですが、
      2日目も39度なので、
      流石にもうどうでもよくなって、
      病院に行きました。

      インフルエンザの事もすっかり忘れてまして、
      まあ、これは、熱があるからです。
      それに、これだけ熱が高いと、
      全然、寒くないですね。

      何年か前に、インフルエンザで
      病院に行った時はもっとフラフラで、
      起きてられないぐらいで、
      でも、普通に受付して、
      普通に長時間、待合室で待たされて、
      元気な年寄が元気に診察室に入って行くのを
      横目に見ながら、
      「いったい病院とは…」と、
      虚無と絶望に沈んだものです。

      しかし、僅かでも世の中は良くなっています。

      今回は、玄関に、
      「37度以上熱のある方はインターホン押して」と、書いてあります。
      おう、こちとら39度じゃい。
      と、ためらいなく押すと、
      ナースさんが走ってきて、
      別室へ入れてくれました。
      これよ、この扱い、求めてたのこれ。

      で、鼻の奥に細長い綿棒ツッコまれたりして、
      うギギギ、とかなって、
      インフルエンザA型と診断されたわけです。

      熱の割には、そんなに苦しくないのですが、
      年内の予定があらかたパーです。
      タミフル5日分服用し終わるまでは、
      出かけないほうがいいみたいですし、
      寝込んだ時間は、仕方ないので、諦めるしか。

      高熱の割には、頭は痛くなくて、
      気管支も少し喉が腫れてるぐらい。
      参ったのは、
      ずっとアタマの中を
      高速タイプで文章の断片が流れているので、
      うるさくってしょうがないのです。
      スゴいやかましい店の中にいる状態に似ています。
      だから、寝てても眠れてないのですね。

      熱はもう下がったので、今は普通です。

      インフルエンザA型は、何種類もあるので、
      また罹患する可能性もあるそうです。
      予防接種してても罹患する場合があるのは、
      そのためだそうです。
      どのインフルエンザにあわせて
      ワクチンを作るのか、なんて、
      競馬予想みたいなもんですね。
      それぐらいA型は種類が多いです。
      私は5千円も出して、
      当たるか当たらないかわからないものを
      痛い思いしてはやらないです。
      (ネコの予防接種ならやります。
      痛いのは私のフトコロだけだから。)

      インフルエンザも
      人から人への経口感染だから、
      防ぎようはいくらでもあります。
      一番いいのは、人混みに行かないこと。
      でも、そうはいかないだろうし、
      マスク、手洗が大事だと思います。
      マスクは好きじゃないんですけどね。

      高熱のしんどさよりも、
      寝付いた時間、ムダになった時間の方が
      よほどダメージです。
      私、こんなワーカーホリックだったかなあ?

      まあ、自分のせいで段取り遅れまくって、
      余裕が全くないだけなのですが。



      ネコは大好きだけれども

      0

        インターネット上には、たくさんのネコさんがあふれていますね。

        みんなかわいいし、幸せそうな子を見ると、

        どうか幸せな一生を過ごせますようにと思います。

         

        でも、私は、完膚なきまでに打ちのめされたので、

         

        正直、今は、ナマのネコさんからは少し距離を置きたいと思っています。

        もちろん、大好きです。

         

        でも、あんまりたくさん写真を拝見すると、

        こがねちゃん、りうちゃんの顔を忘れてしまいそうです。

        そんな危惧をいだくほどに、よく似た、でも違うネコさんがたくさんいます。

         

        意地の悪い、嫌なことも言います。

         

        幸せそうなネコさんを、幸せそうな飼い主さんを見ると、

        その幸せは永久には続かないですよ、

        その子はずっとそばにいることはできないです。

        その毎日が当たり前に続くと思って、

        ぞんざいに暮らしているのを見るのは、

        私は、今は、気持ちを逆なでされる気さえします。

         

        我ながら嫌になるほど、意地の悪いことを言っています。

        きっと、私が20年ちょっと、浮かれて暮らしてきたのを、

        死別を経験された方は、冷ややかに見ていたのかもしれません。

         

        もっと遊んであげたらいいのに、

        もっと早く帰ればいいのに、

        もっとお金をかけて、上等なものを食べさせてあげればいいのに、

        どうして、そんなに、いい加減に扱えるのだろう!

         

        そう思っていた人はいると思います。

        でも、叱られたことはありません。

        ハハには、たまに、

        「大事にしてるのか、粗末にしてるのか分からない」って言われたけど、

        自分では大事にしてるつもり満々だから、何も思わなかった。

        ハハは、ハハなりに、呆れることもあったのだろう。

         

        だから、今、自分が抱えるような「いらだち」を、

        人に投げかけるつもりはありません。

        自分の価値観や気持ちを、人にぶつけるのは違うから。

         

        ただただ、大事になさってほしい。

        自分よりも大事に、一番に考えてほしい。

        生まれたての赤ちゃんを育てているつもりで、お世話をしてほしい。

         

        私が、やらなかったこと、を、やってほしいと願うことが

        どれほど傲慢で恥を知らないか。

         

        でも、それでも、そう願うのです。

         

         


        フィギアスケートグランプリファイナル

        0
          別に特に好きなわけではないのだけど、
          フィギアスケートはつい観てしまう。
          仕組みとかよくわからないけど、
          グランプリファイナルというのは、
          サッカーワールドカップで言うと、
          決勝トーナメントみたいな感じで、
          その年の世界一が決まるみたい。

          羽生結弦さんの演技はいつもハラハラする。
          ファンの人には申し訳ないけれど、
          ピークは過ぎたのだな、と、思った。
          きっと、どんな世界でも、
          上り坂を夢中で登るしんどさよりも、
          下り坂をズルズル落ちていくのを踏ん張って、
          ちょっとでも登ろうとするほうが、
          はるかに辛くてキツい。

          下り坂で踏ん張って、藻掻いて、
          足掻いている人をせせら笑う様な人間には
          決してなってはいけないと思う。
          そういうヤカラは、まずもって、
          坂を登ったこともないだろう。

          かといって、

          がんばれ、がんばれと、言うのも、
          私は言いにくい。
          鞭打っているようで言いにくい。

          ただただ、気の済むように、好きなように、
          どんな結果でも、どんな形でも、
          本人が思うようにしてほしいとだけ思う。

          この間、FMのNHKで、
          ジャズの名盤を聴いていた。
          タダで、とても良い演奏を聴かせて貰って、
          とてもありがたかった。

          それで、ふと思ったのだけど、
          こんなに上手に演奏できるまでに、
          この人は、どれだけの練習を重ね、
          どれだけの努力をしたのだろう。
          きっと、一生を演奏する事に使い切ったのだろう。
          幸せな一生だったらいいのだけど。




          12月、もう12月

          0

            くーりすますが、ころしにやーってくるぅ! 

             

            (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>

            categories

            selected entries

            archives

            recent comment

            楽天市場

            キャットフード

            recommend

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM