きれいなお花 (´;ω;`)

0

    なんと言うことでしょう。(`;ω;´)


    りうちゃんに、きれいなお花を頂戴しました。(`;ω;´)
    プリザーブドフラワーです。
    とても長持ちするお花です。(`;ω;´)
    お、お高いお花です。(`;ω;´)

    りうちゃんが亡くなってしまった日に買ってきたお花が、さすがに力尽きて来たので、新しいお花を求めに行こうか、プリザーブドフラワー奮発しちゃおうか、とか思っていた所に、はい、ドーン!(´;ω;`)

    申し訳なくて、申し訳なくて、ありがたくって、申し訳なくて。(`;ω;´)

    りうちゃん、よかったねえ。(`;ω;´)


    辛いのも悲しいのも、寂しいのも相変わらずですが、ずっとそればかりにとらわれている訳にもいかないと思っています。
    こがねちゃん、りうちゃんの魂が幸せで、安らかで、ずっと楽しくて幸せなら、私の事なんかケロッと忘れてくれてもいいです。(`;ω;´)
    私は忘れないですけどね!(´;ω;`)

    ああ、だめだ。
    やっぱりまだまだとらわれています。
    でも、何にもする気力がない状態は抜けました。
    まだ楽しいという気持ちにはなれませんが、冬季オリンピックを観る気力は出てきました。
    りうちゃんの葬儀の前後は、もうオリンピックもワールドカップもへったくれもない!( TДT)
    今年はもうダメ!
    来年もダメ!
    と、思った事を思うと、時間と日にちにゆだねるって、大事なのだな、と思います。
    今の自分の気持ちに、ゆっくり付き合って行くしかないですね。
    がんばります。
    何をがんばるのかよくわからないけど、がんばります。(`;ω;´)
    ありがとうございます!
    スノーボードクロス楽しみ!

    つらくて悲しいけど

    0
      みなさま、本当にありがとうございます。
      いただいたお言葉の全てがありがたく、そして、ホントにそう!(´;ω;`) と、うなづくことばかりです。
      気づかされる事、励まされる事ばかりで、ただただ、うろたえて恐慌におちいっている自分を恥ずかしく思います。

      乗り越える事、立ち直る事が無理でも、後悔や罪悪感を抱えて、それを糧として生きていくこと、それもまた飼い主の役目なのだと思います。
      20年という年月を共に生きてくれた、こがねちゃんとりうちゃんに、私はこれからもずっと感謝します。
      忘れる事も、思いきる事もないですし、できません。
      姿が見えないのはつらいですが、ずっと一緒です。(`;ω;´)

      しかしながら、今年の冬の寒さは一層厳しく身にこたえますね。
      お布団の真ん中で寝る気になれなくて、端っこで固まって寝ています。
      チョッと真ん中寄りで寝ても、朝方には端っこにいます。(`;ω;´)
      バカみたいダなあ、と思いますが、20年の月日のなせるワザなのでしょうね。
      どうか、暖かくしてお休み下さいね。


      初七日

      0

        名前を書きました。
        一発書きなので緊張しますね。
        字の上手な方がうらやましいです。

        まだまだ、りうちゃんの存在感や気配が体や五感に染み付いていて、居間にいなくても二階のベッドで寝てる感じがします。

        姿が見えないことそのものよりも、いるはずの存在がいないという、喪失感がつらいです。
        そして、いずれそれにも慣れていくのだろうな、と思うことが、またつらいです。

        対外的な事も少しずつはじめていきますが、まだあまり人に会いたくない感じですね。
        人に対して気を使う余裕がないので、不機嫌な態度をとってしまいそうです。
        そういうのは良くないので、コントロールする目処がつくまでは、万事控え目にしましょうかと。

        昨晩、なぜだか、犬を助ける夢を見ました。
        茶色の巻き毛のプードルみたいな犬です。
        なんとかマンションの部屋に連れて入りたいのですが、人に見られないように連れていきたいので、苦心するという内容です。

        りうちゃん、こがねちゃんに会いたいのに!(´;ω;`)





        一週間前の土曜日の夜

        0
          一週間経ちました。

          もう食べられない、(`;ω;´)
          お水も飲めない、(`;ω;´)
          病院に行ったって治らないかもしれない、(`;ω;´)
          治らない、(`;ω;´)
          回復しない、(`;ω;´)
          看取る時間を過ごすしかない、(´;ω;`)

          とか言いながら、

          夜の10時には「もみ消して冬」を観て、
          執事見習いの背中に彫り物があるのを見てビックリして、
          11時には「3月のライオン」を観て、

          りうちゃんが、その数時間後に息を引き取るのに、(´;ω;`)
          テレビ番組なんか普通に観て、(´;ω;`)
          楽観的過ぎるにも程があって、(´;ω;`)
          りうちゃんが可哀想過ぎて、(´;ω;`)
          自分の酷さに愛想が尽きます。(`;ω;´)

          ずっとずっと抱っこしていたら、
          ずっと様子を見守っていたら、
          こんなに後悔しなかったかもしれません。
          りうちゃんに申し訳なくてたまりません。

          ねこいるかさんのおっしゃる通り、
          とことん後悔し続けるしかないです。
          私はいい加減な人間なので、一生に一回ぐらい、自分をとことん許さない事があってもいいでしょう。

          日曜日は初七日です。
          何だか、もうずいぶん前の事のような気もします。
          まだ一週間しか経ってないなんて。

          そうそう、りうちゃんに持たせる物で、1つ忘れてしまった物があることに気がつきました。
          こがねちゃんにも持たせるのを忘れました。

          てぬぐい、です。
          踊る用のてぬぐいです。(`;ω;´)


          こがねちゃん、どこ行くの?

          つらいけど

          0
            グズグズ言ってても自分の首が絞まるだけなので、手を動かしはじめました。
            できる事からはじめないとホントに首が絞まるので。(`;ω;´)

            でも、対外的な事にまだ向き合いたくありません。
            病院にも借りてる湯タンポ返さないといけないし、先生にも挨拶しないといけないし、余った薬の処分も頼みたい。
            でもまだ行きたくないんです。
            他にも行かないといけない所はあるし、連絡しないといけない所もある。
            でもしたくない。
            ダメだけど、今週一杯はグズグズ。


            こがねちゃんの寝込みを襲う、りうちゃん。

            ストーブの前に近づきすぎてないか、
            ネコベッドで寝てるのか、
            居間に入りたくて、ドアの前に来てないか、
            お水は減ってないか、
            などなど、つい気を付けるのが体に染み付いていて、目を配るのが当たり前になっていて、その度に打ちのめされています。
            仕方がないですね。

            堂々の20才超え。
            誰でも仕方がないと言うでしょう。
            私も12才頃から覚悟しないと、なんて言っていました。
            でも、そんなのは嘘っぱちでした。
            覚悟なんかしてるつもりでもしてませんでした。
            いよいよ20才になって、いよいよだと思っても、それもまた嘘っぱちでした。
            ホントになってしまって初めて覚悟を突きつけられたのです。

            みなさまのおっしゃる通り、どんなにつらくても、最期を看取るのが飼い主の義務で宿命で、多分何回経験しても慣れることはできなくて、つらい。

            りうちゃんの病気を早く見つけて病院に行かなかったこと、治してあげられなかったことが本当に悔やまれて、申し訳なくて、つらいです。
            二十歳だから仕方がない、とは思いません。
            あちこちオシッコしまくる以外、りうちゃんは本当に普通に元気だったのです。(`;ω;´)
            それがなおさらつらいのです。

            しかしながら、手を動かす事を無理矢理はじめて、平常心を取り戻しつつあります。
            まだまだ、朝、目が覚めると悲しくて、なんで泣きながら起きないといかんのや〜!( TДT) って、泣きながら起きています。

            一夜明けて

            0
              打ちのめされています。
              ウダウダ言っても、時間は過ぎるし、用事は片付かないです。
              焦る気持ちがじわじわ首を絞めてきます。
              ずっと一歩も家から出ないで、ウダウダしていたいですが、そうはいきません。

              失ってはじめてわかる、りうちゃんの存在感、かわいさ、大切さ。
              自分をどれだけ責めても飽きたらないぐらい、何より自分に腹が立ちます。
              また、そんなことを言ってるのもウザくて腹が立ちます。(`;ω;´)

              まだきれいに洗ってないタオルや、クッションなどに、まだ少し匂いが残っています。
              ぶっちゃけ、いまいましい膿の匂いです。
              ドン引きしてくださって構いませんが、その匂いが嬉しいぐらいです。(`;ω;´)

              りうちゃんがいないと、姿が見えないと、生きにくいなあ。(`;ω;´)
              脳ミソが半分以上を動かないよ。
              もう、きっと生きててもあんまり楽しくなくて、リビングデッドみたいにうごめいて生きていくんだろうと思ったりして。

              せめてやらないといけない事はやっていかないと、いよいよ首が絞まってしまう。(`;ω;´)

              りうちゃん… ( ノД`)…

              ああ、ウザイ。
              こんなこと書いてるのがウザイ。(`;ω;´)

              お帰りなさい、りうちゃん

              0

                りうちゃん、帰ってきました。
                お疲れさまでした、りうちゃん。

                こがねちゃんの時とは違う会社でしたが、とても丁寧で、よくしていただきました。
                おホネも全部きれいに残ったそうです。
                お尻尾と指先のおホネを少しカプセルキーホルダーに分けて入れてくれるサービス付きです。

                待っている間に、ネコ用のお皿やブラシなどのお道具をきれいに洗って、箱に移しました。
                とても処分できるものではないので、置いておきます。(;ω;)
                たくさんあるかと思ったら、案外少なくて、もっと小さい箱でよかったです。
                まあ、また後から何かしら出てくるでしょう。

                こがねちゃんとりうちゃん、2つのおホネが私の部屋にずっと並びます。
                悲しいし、寂しいし、辛いけど、ずっと一緒です。

                約20年、一緒に暮らしてきて、それが当たり前になって、毎日ホントに幸せでした。
                嫌な事も、困った事も、ふたりがいたから全然大したことではありませんでした。
                楽しい事は、もっと楽しかったです。
                これからは、いつも何かしら悲しくて寂しくて辛いのだと思います。
                慣れていかないといけないのだけど、慣れたくない気持ちもあります。(;ω;)

                みなさま、本当にありがとうございます。
                お返事がきちんとできなくて申し訳ありません。
                時には、混乱して整理のつかない気持ちをスパッと言い当ててくださることもあって、気持ちがとても楽になりました。
                本当に有り難くて涙が出ます。(;ω;)
                私は自分の不徳のいたすところで、あまり人付き合いが良くなく、実際に友人も少ないのですが、こんなによくして頂けるなんて、何かのまちがいなんじゃないかと、もう号泣号泣また号泣です。
                ありがとうございます。(;ω;)


                ととのいました

                0
                  りうちゃんの体を箱に移しました。

                  見て気持ちのいい写真ではないと思いますが、載せておきます。

                  お花がちょっと少なかったです。(;ω;)
                  葉っぱ除けるとボリュームダウンするので、ちょっと多すぎるぐらい用意した方がいいですね。

                  でも、せっかく咲いているお花をこんな風に使わせて頂くのも申し訳ない気がするので、お花はこれだけで許してもらいます。


                  ほっぺたの絆創膏が痛々しいです。(;ω;)
                  本当に、こんなことになっちゃったことだけは申し訳ないし、悔やんでも悔やんでも悔やみきれません。(;ω;)
                  痛恨としか言いようがありません。(;ω;)
                  どれだけ謝っても足らないし、どうにもなりません。

                  体の上に、私がおふろ入ってから着た黄色のTシャツを被せます。
                  あと、ナミダと若干のハナミズのしみこんだタオル地ハンカチも。
                  りうちゃんは迷惑だろうけど。

                  ちょっと不思議なことがあるのです。
                  去年の夏頃に下手なストレッチをして左肩を痛めてしまい、腕が背中に回らず、寝てておきあがる時も左肩を着くと痛くて起き上がれなかったのです。
                  すぐに病院に行かなかったから、もう治らないんだろうな、と思いました。
                  時々、下手に動かしてイタタになる以外は生活に支障はないし、仕方ないかと。

                  それが、りうちゃんが亡くなる三日前ぐらいから急に不思議と痛くなくなって、腕も後ろに回るようになりました。
                  何にも関係ないと思うし、りうちゃんが生きててくれるのなら腕が動かなくてもいいぐらいです。

                  亡くなる二日前、私はりうちゃんに付き添って、居間のソファーで二晩寝ましたが、その前の日の晩まで、私の左腕を枕にして、脇にくるまって寝ていました。

                  腕が痛いから離しても、頭をくっつけてきて、垂直に突き刺さってきて、ベッドの半分以上を占領するんです。
                  ゴロゴロゴロゴロ言ってくれる時もあって、ホントにかわいいです。(;ω;)
                  もうそうなると離すことができなくて、左腕のことも忘れて寝ました。
                  これ以上悪化することもないだろうし、したらしたで仕方ないし。
                  それがあんまり今は痛くないんです。
                  たまたまだと思うけど、不思議です。

                  りうちゃんは幸せだった。
                  充分生きた。

                  というのはわかります。

                  でも、少し違うんです。
                  違うと思います。

                  私が幸せだったのです。
                  りうちゃんに、幸せにしてもらっていたのです。
                  りうちゃんがくれた幸せに比べたら、私はたいして何もしてません。(;ω;)
                  偉いのは、りうちゃん。
                  立派なのは、りうちゃん。
                  その事が解ったのも、りうちゃんのおかげです。(;ω;)

                  みなさま、ホントにありがとうございます。
                  みなさまにも感謝してもしきれません。(;ω;)



                  あれもこれも

                  0

                    ちゃちゃっと作りました。
                    どちらも五センチ大くらいの大きさです。
                    赤い巾着袋には、こがねちゃんとりうちゃんの小さな毛玉が入っています。
                    黒い花模様の小袋の中は私の髪の毛を入れて、閉じつけたものです。
                    ちょうど前髪が伸びすぎてたので、ハサミで切って入れたのですが、思いの外バッサリ切りすぎました。
                    あう〜 (´Д`)

                    あゆさんのアドバイスを参考に、Tシャツを一晩着て、それを敷こうと思います。
                    みなさま、創意工夫なさっていて、とても参考になります。
                    ありがとうございます。(;ω;)



                    これはカリカリを詰める袋です。


                    シーバが二袋入りました。
                    またたびの小袋もひとつ入れました。


                    こんなこと今やるんなら、もっと好きなものを好きなだけ食べさせてあげればよかった、好き嫌い言うとか言って、昨日の残りのウェットフードを食べなさいとか、これ食べないのならもう食べるものないよ?とか、ケチ臭いこと言うんじゃなかった。

                    りうちゃんは、なんでも食べる良いこで、もっともっと食べたかったんだと思う。
                    カリカリはいまいち好きじゃないから、ウェットフードやおさしみをもっと食べたかったはず。
                    あげればいいのに、なんでもっとあげなかったんだろう。
                    今頃悔やんでも遅すぎる。

                    わーわー鳴いている時、うるさいとか思うんなら、すぐに抱っこすればよかった。
                    手をあげたことは一回もないし、怖がらせるような叱り方は一回もしてないと、これだけは自信があるけど、叱りつけたことはいっぱいある。

                    猫は悪くない。
                    悪いことをしても悪くない。
                    人間の都合で悪いことをしたと思うだけで、猫は悪いことをしてやろうとは思ってやってない。
                    感情的な叱り方はしない方がいい。
                    信頼してくれなくなるから。

                    もっと大事にして、もっとかまって、うざがられてもかまって、毎日向き合う時間をたっぷりきっちり作ればよかった。
                    後悔してもしきれない。

                    そこにいるのが当たり前になって、本当には大切にしてなかった。
                    ひどすぎる。
                    りうちゃんは、文句もあんまり言わずに、食べて、寝て、トイレして、ホントに手のかからない子。
                    いや、それをいいことに、手をかけなかった。

                    こがねちゃんにおしりくっつけて寝るのがきっと一番の幸せで、あと、たまに食べるおさしみが一番の楽しみ。
                    隠しておいた、またたびの小袋を一袋舐めてしまって、連続でんぐり返しをしてるのを見た時はびっくりした。

                    もっともっと毎日幸せな気持ちになるよう、色んなことをしてあげればよかった。
                    後悔ばかりが込み上げてくる。





                    葬儀の準備

                    0
                      午前中にホームセンターに段ボール箱とお花を買い求めに行ってきました。
                      ちゃんとした生花店が見当たらないので、スーパーマーケットとか回るつもりでしたが、ホームセンターで良いお花をお安く求めることができました。

                      店内では平静を装いましたが、クルマに乗ってから泣けて泣けて、泣きながら運転して帰って来ました。
                      こういうのは危ないのでダメです。


                      玄関に安置しています。
                      冷蔵庫並みに冷え冷えです。
                      葬儀は明後日の火曜日なので、まだ箱には入れていません。

                      葬儀は、こがねちゃんの時と同じ所に電話して頼みました。
                      ペット葬儀110番という所です。
                      ここは窓口だけで、加盟店の業者さんが派遣されてくる、ホットペッパーみたいな所のようです。
                      こがねちゃんの時はきちんと対応してもらいました。
                      ここに電話してしまうと、いよいよ決定的な現実となるので、なかなか電話できませんでした。
                      でも、しないとね。


                      りうちゃんに着ける首飾りのシュシュを大急ぎで作りました。
                      右側のちょっとくたびれたのは、りうちゃんが身に付けていたものです。
                      これは私がずっと持っています。
                      りうちゃんには同じ布で作ったピカピカのおニューをしてもらいました。
                      一度着けてみたら、細ってしまってブカブカだったので、ゴムを短くして作り直しました。


                      こがねちゃんの毛玉です。
                      りうちゃんの毛玉は結構たくさんあるのですが、こがねちゃんのはそれほどたくさんはありません。
                      貴重な毛玉ですが、りうちゃんに持たせないとね。

                      後は、おもちゃを少しと、ウェットフード、カリカリ、チュール、おやつ。
                      それと、私の髪の毛を少し入れます。

                      他に、こんな物を入れたよ、入れるといいよ、いいんじゃないかな、というのがあれば教えて下さい。



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      楽天市場

                      キャットフード

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM