世界がちぢむ

0
    10代から20代中頃というのは、
    おこがましくも世界征服を目論んで、
    自分というものを世界に拡大しようとしているのだと、
    今になって解る。
    戦国大名の天下取りと同じようなもんだと思う。

    もちろん、99.999%まで、
    ほぼすべてが限界を思い知って諦める。

    これより一人芝居の朗読劇です。
    舞台は戦国時代の終わりごろです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    あ、自分には才能も無いし、
    力も何も無い。(´・ω・`)
    無理だ。(´・ω・`)
    そもそも自分、大名じゃなかった、
    足軽以下の農民だったわ、(´・ω・`)
    武士の真似事してただけだったわ、(´・ω・`)

    こわいわー、( >Д<;)
    何か武士だと勘違いしてたわー、( >Д<;)
    天下取りはさすがに無理だとは薄々思ってたけど、
    武士だと思ってたわー、( >Д<;)

    畑耕そ。( ´ー`)
    今から耕すの大変だけどやるしかないわ。
    もう戦さ場はいいわ。( ´ー`)


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    って、なるのが、30代中〜後半。

    で、なんとかかんとか必死でやってきて、

    ふと、

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    え!?( ; ゚Д゚)
    戦さ場でよく一緒だった山田氏、
    去年亡くなったの!?( ; ゚Д゚)

    知らなかった…(´・ω・)
    てか、織田も豊臣も
    いつの間にか無くなってたもんなあ…
    こっちは畑で忙しくて、
    もうどうでも良かったし、
    山田氏ももう何十年も行き来なかったし…
    忘れてたわけじゃないけど、
    元気でやってると思ってた…
    そうかぁ…(´・ω・)
    亡くなったのか…(´・ω・)
    うーん、何で連絡取らなかったって?
    だって、今さらなぁ…
    負け戦で逃げ出して、バラバラになって、
    それっきりだから、今さらって感じで、
    気になることはあったけど、
    もういいやって思ったのよ。
    向こうもそうだと思うよ。
    てか、こっちの事なんか
    きれいさっぱり忘れてると思うし。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ってな、事が、
    ポチポチ、ポチポチっと、
    起きるようになって

    ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    自分は逃げて諦めてしまったけど、
    戦さ場は今も何処かで続いていて、
    自分がフッとその気になったら、
    また、あの日々に戻れるのだと、
    そうどこかで思っていたことは
    間違いだったんだなあ。(´・ω・`)

    戦さ場はもう無い。
    戦友ももういない。
    敵も味方ももういない。

    自分一人しかいない。
    自分の生きて見てきたものを
    知っているのは自分だけで、
    それを語り合える人間はいない。

    なんだか世界が、
    ぎううう〜と、
    ちぢんでいく感じがする。(;ω;`*)

    あれだけ世界は広くて、
    どこまでもきっと行けるし、
    行かないといけないと思っていたのは、
    あれは何だったのだろう?

    武士になった、なれたと思ってだけど、
    なってなかったし、なれなかったのが、
    ちょっとは悔しくて、はずかしいから、
    ずっと隠して黙って来たけど、
    自分が戦さ場にいた事を
    憶えてる人間もいなくなるとは…(;ω;`*)

    悲しくはないけど、少し寂しい。
    ああ、そうか、
    これが、諸行無常ってやつか。(;ω;`*)

    年寄りがどうでもいいような昔話を、
    同じ話を何回もするのは、
    話す相手がもうどこにもいないからなんだ。
    自分の生きてきた年月を
    知ってる人間がいないからなんだ。
    もう、自分の体のすぐ周りにしか、
    世界がないからなんだ。
    立って半畳、寝て一畳ってやつか。(´;ω;`)

    畑、耕そ。

    草取りもあるし、肥料もやらなきゃ。
    去年よりもっと良いもの作りたいしな。
    やること、いっぱいあるしな。(´・ω・)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    訃報とか、
    旧知の会社の解散を知って、
    早朝からやるせなく。(;ω;)


    フルール様

    丸投げは楽ですが、お金は大事なので、
    更新前半年ぐらいに
    見積りだけでもやってみると面白いですよ。

    うちはずっとトヨタの販売店に丸投げで、
    長期だと安くなるとか言われて契約してた金額が
    年10万でした。
    新しく契約した所は年5万円ちょっとです。
    びっくりでしょ?(^_^;)
    しかもトヨタの時は3000万円の保障が、
    5000万円にアップしてです。
    対人対物車両つけてです。

    ネットで見積りも出来るので、
    見積りお奨めです。

    噂ではスイスの外資系は、
    支払わないので定評があるらしいですが、
    噂でしか聞いた事が無いので、
    ノーコメントですね。

    事故はしないにいいに決まってますから、
    自動車保険は魔除けのお札みたいなものです。
    お世話にならない、掛け捨てにするお金なら、
    安いにこしたことはないかと。

    あと、うちはJAFと
    保険のロードサービスも重複してました。
    もったいない〜(-_-;)




    自動車保険の手続きで半日潰れた

    0

      前に見積もりをもらっていた、自動車保険の手続きをしました。

      半日潰れました。

      でも、ネットで手続きを自分ですると、一万円も割引。

      まあ、テレビショッピングと同様に、もともとその値段なのでしょうけれども。

       

      いままでは、面倒だから、自動車の販売店に丸投げにしていました。

      でも、少し前に、そう、ゴーンさんが捕まる寸前に、

      営業の人が日産に転職したので、直で頼める当てが無くなったのですね。

      実家の家業を継ぐとか、顧客に嘘言って、会社をかわった彼には

      「ねえねえ、今、どんなキモチ? 株価どうなの?」って

      聞きたい気持ちをねじ伏せて殺しています。

      まあ、いろいろあったんだろうしね。(^_^;)

      縁が切れた人に意地の悪いこと言っても仕方がないし。

       

      で、いつも行くガソリンスタンドに見積もり頼んでいました。

      忙しくて手続きできなかったけど、今日、やっとしました。

      私、自動車保険に少しだけ詳しくなってしまいましたよ。

      そして、保険料もほぼ半額になりました。

      おのれ、トヨタ!

      いままでようもぼったくってくれたな!( *`ω´) プンスカ

      いや、丸投げにしていたこちらが愚かなだけです。

       

      「おろかな…」

      しわい顔のこがねちゃん

       

      面倒な手続き、って、それはもう面倒だけど、

      乗り越えることができたら、ちょっと賢くなるところが嫌いじゃないです。

       

      すぐ忘れるけど。(´・_・`)

       

       


      「人に迷惑をかけてはいけない」

      0

        5月末の山をなんとか越えて、6月頭の山もなんとか越えられそうです。

        なんかもう、悲惨な事件が連続して起きてしまい、

        世間の出来事からは距離を置こうと決めた私でも重苦しい気持ちです。

         

        「人に迷惑をかけてはいけない」

         

        私は、いつからか、これが日本の諸問題の原因、宿痾だと思うようになりました。

         

        そもそも「迷惑」って言葉が曖昧過ぎると思います。

        一口に迷惑って言っても、いろいろです。

        例えば、山田さんが佐藤さんに「ごめん、当番代わって」とか頼んだとする。

        佐藤さんは、迷惑だ!と、ムッとします。

        山田さんに迷惑をかけられたと思うわけです。

        山田さんは、佐藤さんに迷惑をかけたのです。

        で、別の機会に、山田さんは木村さんに同じことを頼みます。

        木村さんは、あ、ぜんぜんオッケー、と、快諾します。

        木村さんは迷惑をかけられたとは思いません。

        山田さんは木村さんに迷惑はかけていません。

        かように、迷惑の定義というのは、

        受け取り手の許容度でぜんぜん違ってくるのではないかと。

         

        まあ、本来は自分の義務であるべき当番を代わってほしいと言うこと自体が

        「迷惑行為」なのかもしれません。

        でも、やむを得ない汲むべき事情があるのなら、

        迷惑だと切って捨てるのは酷薄に過ぎるのではとも思います。

        第一、木村さんは迷惑をかけられたとは思っていないのですから。

         

        日本人は、幼児の頃から、

        「人に迷惑をかけてはいけない」と、

        ことあるごとに言い聞かされて育つので、

        マナーの良さや、規律の順守に役立っていることは確かです。

         

        でも、具体的にこういうことはすべきではない、とは教えられずに、

        迷惑をかけてはいけない、とだけ教えられると、

        困った時に、人に助けを求められなくなってしまいます。

         

        何か問題が起きた時、やってしまった時、

        大人なら、「人に迷惑をかけてはいけない」から、

        自分でなんとか解決しようとあがくでしょう。

         

        でも、子供に、それを求めるのは、私は酷だと思います。

        せめて子供たちには、「人に迷惑をかけてはいけない」ではなく、

        「何か困ったことがおきたら、すぐに周りの大人に言いなさい。助けてもらいなさい」と、

        そう言える世の中に、いいかげんそろそろ、

        そっちに舵を切っていいんじゃないかと思います。(-_-;)

         

        助けてもらってありがたいという経験があったら、

        きっと人を助けることもできる人間になると思います。

        助けてほしいのに「人に迷惑をかけてはいけない」から言えない、

        助けてもらえなかった、経験を積み重ねてしまった人間は、きっと誰も助けない、

        見て見ぬふりする臆病で卑怯な人間になりかねないでしょう。

         

        でもね、

         

        私は、「助け合い」とかは、基本的に「嘘」だとも思っています。

         

        助けてもらえる人は、いつも助けて貰えるし、

        人を助けるような能力も余裕も無いから、人を助けたくてもできないし、

        他人は自分を助けるために存在すると思っているので、そもそもしない。

        助けられてあたりまえ。

        末っ子気質。

         

        助ける人は、いつも誰かを助ける羽目になるし、

        困ったことがあっても、人に助けは求めないで、自分でなんとかする。

        どうにもならない場合は、誰にも助けてもらえずに黙って死ぬ。

        助けられることは万死に値する恥。

        長男長女がこれ。

         

        そして、両者の比率はおそらくは、1:2ぐらい。

        これで世の中が、なんとかうまく回っている。

        この比率が、2:2になれば、「助け合い」の世の中だと言えるのかもしれません。

        まあ、無理でしょうけど。

         

        せめて、せめてね、

         

        子供たちには、「人に迷惑をかけてはいけない」ではなく、

        「何か困ったことがおきたら、すぐに周りの大人に言いなさい。助けてもらいなさい」と、

        大人が言う世の中になってほしいです。(-_-;)

        そして、できれば大人も、「どうしよう、助けて」と、言える世の中になればいいなあ。

        まあ、無理でしょうけど。

         

         


        ネコに恥ずかしくない生き方

        0
          こがねちゃん、りうちゃんに
          恥ずかしくない生き方をしたい、とか、
          うっかり言ったものの、
          ハテ、それは?

          と、つらつら考えていました。

          ネコに恥ずかしくない人の生き方とは?

          まず思い当たることは、
          よく眠ること。
          何より寝ること。

          それから、いちいちイライラしないこと。
          まぁ、いいか、と、流して寝てしまうこと。

          食べる時は美味しく楽しく感謝して。
          お行儀よく食べること。

          自分のやりたいこと、したいことを最優先に。
          そのためには一人で行動することを厭わない。
          一人を恐れない。
          寂しくなったら寝てしまうこと。

          好きな人には好きって言う。
          キライな人は無視してなるべく関わらない。
          何だったら逃げる。

          今だけを見つめて、ただ生きる。
          明日のことや、その先の事を心配してクヨクヨしない。
          しそうになったら寝てしまうこと。

          自分を大好きでいい。
          イヤになったら寝てしまうこと。



          こんな感じかな?(^_^)



          「死命」を観て

          0
            「死命」というドラマを観ました。
            とても良かったです。

            病で余命幾ばくも無い殺人鬼と、
            同じく余命わずかの刑事の話です。
            刑事役の吉田鋼太郎さんは舞台俳優なので、
            歩き方や身のこなしがきれいですね。

            毎日毎日、平穏無事に生活できていると、
            それが未来永劫ずっと続くような気がします。
            が、そんな事は無いのです。
            自分がいつ、どんな風に死ぬかは判らないし、選べない。(-_-;)

            末期ガンの刑事と、その娘のやり取りがとても自然で、哀しくて、胸がつまりました。
            母親も亡くなっているので、
            まだ若くてダンサー志望の彼女が、
            これから一人で生きていくことの寂しさを思うと辛いです。
            多分、人が生きるうちで一番辛いのは、
            寂しさなのだと思います。
            寂しいという気持ちに喰い殺されないようにするには、
            好きな事に取り組むしかないように思います。
            彼女にはダンスがあるので、
            きっと寂しくても辛くても生きていくのでしょう。

            また、若い刑事のお父さんが脳梗塞を患いながら、
            パン屋さんを続けているというエピソードも
            胸をつかれました。
            一生、自分の仕事を続けていけるというのは、
            幸せな事だと思います。
            それに対して、余命わずかの刑事が、
            自分は何かを作る仕事をしたことがない、
            と言うのが印象的でした。
            いろんな仕事がある中で、
            パン屋さんになった不思議、
            警察官になった不思議。

            余命わずかの殺人鬼の方は、
            あまりにも生い立ちが残酷で悲惨で、
            いったい、どの段階なら彼が更生できたのか、
            生き直す事ができたのかが解らなくて、
            呆然とするばかりでした。

            ひるがえって、私は、

            目の前の事を一個一個やっていくのが精一杯です。
            将来設計など何もありません。

            ヨコにそれますが、
            大昔に、新卒で漠然と適当に就職したばかりの時に、
            どこぞの保険屋が、
            将来設計書みたいな物を持って来た時は、
            こんな失礼な傲慢な人間(職種)がいるのかと思いました。
            何勝手に人の人生を小銭に換算してくれてるのか、と。
            私はお前の作ったお話のキャラクターか?、と。
            保険屋という輩は以来好きにはなれません。
            悪いけど、あれは虚業だと思います。

            明日も明日の用事があります。
            頑張らないとね。
            こがねちゃん、りうちゃんに
            恥ずかしくないように頑張らないと。


            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << July 2019 >>

            categories

            selected entries

            archives

            recent comment

            楽天市場

            キャットフード

            recommend

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM