ととのいました

0
    りうちゃんの体を箱に移しました。

    見て気持ちのいい写真ではないと思いますが、載せておきます。

    お花がちょっと少なかったです。(;ω;)
    葉っぱ除けるとボリュームダウンするので、ちょっと多すぎるぐらい用意した方がいいですね。

    でも、せっかく咲いているお花をこんな風に使わせて頂くのも申し訳ない気がするので、お花はこれだけで許してもらいます。


    ほっぺたの絆創膏が痛々しいです。(;ω;)
    本当に、こんなことになっちゃったことだけは申し訳ないし、悔やんでも悔やんでも悔やみきれません。(;ω;)
    痛恨としか言いようがありません。(;ω;)
    どれだけ謝っても足らないし、どうにもなりません。

    体の上に、私がおふろ入ってから着た黄色のTシャツを被せます。
    あと、ナミダと若干のハナミズのしみこんだタオル地ハンカチも。
    りうちゃんは迷惑だろうけど。

    ちょっと不思議なことがあるのです。
    去年の夏頃に下手なストレッチをして左肩を痛めてしまい、腕が背中に回らず、寝てておきあがる時も左肩を着くと痛くて起き上がれなかったのです。
    すぐに病院に行かなかったから、もう治らないんだろうな、と思いました。
    時々、下手に動かしてイタタになる以外は生活に支障はないし、仕方ないかと。

    それが、りうちゃんが亡くなる三日前ぐらいから急に不思議と痛くなくなって、腕も後ろに回るようになりました。
    何にも関係ないと思うし、りうちゃんが生きててくれるのなら腕が動かなくてもいいぐらいです。

    亡くなる二日前、私はりうちゃんに付き添って、居間のソファーで二晩寝ましたが、その前の日の晩まで、私の左腕を枕にして、脇にくるまって寝ていました。

    腕が痛いから離しても、頭をくっつけてきて、垂直に突き刺さってきて、ベッドの半分以上を占領するんです。
    ゴロゴロゴロゴロ言ってくれる時もあって、ホントにかわいいです。(;ω;)
    もうそうなると離すことができなくて、左腕のことも忘れて寝ました。
    これ以上悪化することもないだろうし、したらしたで仕方ないし。
    それがあんまり今は痛くないんです。
    たまたまだと思うけど、不思議です。

    りうちゃんは幸せだった。
    充分生きた。

    というのはわかります。

    でも、少し違うんです。
    違うと思います。

    私が幸せだったのです。
    りうちゃんに、幸せにしてもらっていたのです。
    りうちゃんがくれた幸せに比べたら、私はたいして何もしてません。(;ω;)
    偉いのは、りうちゃん。
    立派なのは、りうちゃん。
    その事が解ったのも、りうちゃんのおかげです。(;ω;)

    みなさま、ホントにありがとうございます。
    みなさまにも感謝してもしきれません。(;ω;)



    あれもこれも

    0

      ちゃちゃっと作りました。
      どちらも五センチ大くらいの大きさです。
      赤い巾着袋には、こがねちゃんとりうちゃんの小さな毛玉が入っています。
      黒い花模様の小袋の中は私の髪の毛を入れて、閉じつけたものです。
      ちょうど前髪が伸びすぎてたので、ハサミで切って入れたのですが、思いの外バッサリ切りすぎました。
      あう〜 (´Д`)

      あゆさんのアドバイスを参考に、Tシャツを一晩着て、それを敷こうと思います。
      みなさま、創意工夫なさっていて、とても参考になります。
      ありがとうございます。(;ω;)



      これはカリカリを詰める袋です。


      シーバが二袋入りました。
      またたびの小袋もひとつ入れました。


      こんなこと今やるんなら、もっと好きなものを好きなだけ食べさせてあげればよかった、好き嫌い言うとか言って、昨日の残りのウェットフードを食べなさいとか、これ食べないのならもう食べるものないよ?とか、ケチ臭いこと言うんじゃなかった。

      りうちゃんは、なんでも食べる良いこで、もっともっと食べたかったんだと思う。
      カリカリはいまいち好きじゃないから、ウェットフードやおさしみをもっと食べたかったはず。
      あげればいいのに、なんでもっとあげなかったんだろう。
      今頃悔やんでも遅すぎる。

      わーわー鳴いている時、うるさいとか思うんなら、すぐに抱っこすればよかった。
      手をあげたことは一回もないし、怖がらせるような叱り方は一回もしてないと、これだけは自信があるけど、叱りつけたことはいっぱいある。

      猫は悪くない。
      悪いことをしても悪くない。
      人間の都合で悪いことをしたと思うだけで、猫は悪いことをしてやろうとは思ってやってない。
      感情的な叱り方はしない方がいい。
      信頼してくれなくなるから。

      もっと大事にして、もっとかまって、うざがられてもかまって、毎日向き合う時間をたっぷりきっちり作ればよかった。
      後悔してもしきれない。

      そこにいるのが当たり前になって、本当には大切にしてなかった。
      ひどすぎる。
      りうちゃんは、文句もあんまり言わずに、食べて、寝て、トイレして、ホントに手のかからない子。
      いや、それをいいことに、手をかけなかった。

      こがねちゃんにおしりくっつけて寝るのがきっと一番の幸せで、あと、たまに食べるおさしみが一番の楽しみ。
      隠しておいた、またたびの小袋を一袋舐めてしまって、連続でんぐり返しをしてるのを見た時はびっくりした。

      もっともっと毎日幸せな気持ちになるよう、色んなことをしてあげればよかった。
      後悔ばかりが込み上げてくる。





      葬儀の準備

      0
        午前中にホームセンターに段ボール箱とお花を買い求めに行ってきました。
        ちゃんとした生花店が見当たらないので、スーパーマーケットとか回るつもりでしたが、ホームセンターで良いお花をお安く求めることができました。

        店内では平静を装いましたが、クルマに乗ってから泣けて泣けて、泣きながら運転して帰って来ました。
        こういうのは危ないのでダメです。


        玄関に安置しています。
        冷蔵庫並みに冷え冷えです。
        葬儀は明後日の火曜日なので、まだ箱には入れていません。

        葬儀は、こがねちゃんの時と同じ所に電話して頼みました。
        ペット葬儀110番という所です。
        ここは窓口だけで、加盟店の業者さんが派遣されてくる、ホットペッパーみたいな所のようです。
        こがねちゃんの時はきちんと対応してもらいました。
        ここに電話してしまうと、いよいよ決定的な現実となるので、なかなか電話できませんでした。
        でも、しないとね。


        りうちゃんに着ける首飾りのシュシュを大急ぎで作りました。
        右側のちょっとくたびれたのは、りうちゃんが身に付けていたものです。
        これは私がずっと持っています。
        りうちゃんには同じ布で作ったピカピカのおニューをしてもらいました。
        一度着けてみたら、細ってしまってブカブカだったので、ゴムを短くして作り直しました。


        こがねちゃんの毛玉です。
        りうちゃんの毛玉は結構たくさんあるのですが、こがねちゃんのはそれほどたくさんはありません。
        貴重な毛玉ですが、りうちゃんに持たせないとね。

        後は、おもちゃを少しと、ウェットフード、カリカリ、チュール、おやつ。
        それと、私の髪の毛を少し入れます。

        他に、こんな物を入れたよ、入れるといいよ、いいんじゃないかな、というのがあれば教えて下さい。


        ありがとう

        0
          どうやら、先程辺りに行ってしまったようです。

          28日の午前1時半に、私は睡魔に襲われ、気を失うように眠りに落ちました。
          2時50分頃に覚醒し、りうちゃんの様子を見ました。
          何も変わりません。
          でも、向きを変えた方がいいいかもと思い、体に触れました。
          柔らかくて、温かい。
          でもなんか、鼓動が… ない?

          動いていませんでした。
          動いているとしても、ほとんど感じられません。
          ああ、行ってしまったんだな、と、思いました。
          敷いていたホットマットを外しました。
          オシッコシートにまとまったオシッコが出ていたので、取り換えます。

          まだ体は柔らかかったから、2時40〜50分頃でしょう。
          鳴き声も何もなかったです。
          手足の姿勢もそのままで、苦しんだ形跡などはありません。
          今でも眠っているように見えます。

          今は、悲しいより、敗北感と申し訳なさの方が大きいです。
          何だか、ついうっかりしてしまったせいで、取り返しのつかない事になってしまって、茫然自失って感じです。

          眠っているように見えます。
          そうとしか思えません。

          朝になって、現実が容赦なく襲いかかって来るのが怖いです。
          今は現実逃避しています。
          記録のために書いています。

          眠っているように見えます。
          でも多分もう、そうじゃない。
          でも、こんどこそ本当に、静かに深く眠ってしまったようです。



          ゆっくり静かに見守りたいのに

          0
            お言葉ありがとうございます。
            とてもとても救われます。
            本当にありがとうございます。

            連絡しないといけない所には連絡して、りうちゃんにつきそう事にしました。
            辛いけど天命にまかせて見守ろうと思ったのですが、オデコにまた穴が開いてしまい、膿を拭き取る作業の1日でした。( ノД`)…

            「シュークリームじゃないんだから…( ノД`)…」
            って、つい言ってしまいました。
            母が言いました。
            「あんた、これから先シュークリーム食べにくくなるよ?( ;´・ω・`)」

            りうちゃんはずっと目を半分開けたまま、じっと横になっています。
            時々、まばたきします。
            手足もほぼ動かしません。
            オシッコを時々、少しだけします。
            色は普通のオシッコ色です。
            お水は時々、シリンジで含ませていますが、ほとんど飲んでないと思います。
            普通のオシッコ色のオシッコが出るのが不思議です。
            これも段階のひとつなのでしょうか。

            見守る、看取ると決めたと言っても、もしかしたら間違ってるんじゃないか?
            病院で治療を受けるべきじゃないのか?
            私は助かるものを見捨てようとしてるんじゃないのか?
            と、迷いもします。
            この期に及んで。

            後悔も罪悪感もあります。
            山ほどあります。
            きっとずっと苦しむのだと思います。
            だから、今は考えないようにしています。

            看取りの時間

            0
              病院に行くのはやめました。

              看取りの時間を過ごす事にしました。
              ずっと側にいて、天命に委ねます。

              病院に行くかどうか迷い増したが、もう食べないし、水も飲めないし、立ち上がることも歩く事もできそうにありません。
              病院に行ってケアを受けても、しんどいだけでしょう。
              病院が好きなわけはないですからね。

              おみみを撫でると、ちょっと嬉しそうです。
              目を少し細めて動きます。

              こがねちゃんの時はホントに突然だったので、こんな時間はありませんでした。
              こがねちゃんは、あっという間にダッシュして飛び出して行ってしまいました。
              に何度もお外に脱走した、こがねちゃんらしいと言えばらしいですね。

              りうちゃんは、こわがりで用心深いネコなので、まだしばらくいてくれるでしょう。
              来週の予定は全部キャンセルで、後先考えずにぶっちぎります。

              時々、泣けてきますが、がまんしないとね。
              りうちゃんがせっかくくれた時間ですから、穏やかに過ごしましょう。

              お言葉、ありがとうございます。
              とても救われます。
              りうちゃんは幸せなネコです。



              今日のりうちゃん

              0
                今日も病院です。

                こわい話が多いので、申し訳ないです。
                ホントにこわいです。( ノД`)…

                昨夜、就寝時に、りうちゃんのアタマのとっぺんから白いクリーム状の膿が出始めました。((( ;゚Д゚)))
                コットンを充てて、被っているネットでおさえて寝ました。

                今日は、早朝にりうちゃんは起きませんでした。
                私の方が先に目が覚めてしまい、8時前にりうちゃんを抱えて居間に降りました。
                パンツを見てみたけど、おしっこは出ていませんでした。
                ごはんも食べません。
                チュールも舐めません。
                お水をシリンジで少しだけ飲ませてみましたが、口が痛いのでしょうね。
                いやがります。( ノД`)…

                粉末の抗生物質を水で溶いてシリンジで飲ませてみましたが、嫌がるので半分ぐらいしか飲ませられなかったです。( ノД`)…

                病院で洗浄の処置です。
                こわい。
                もうこわいし可哀想で辛いです。
                アタマのとっぺんが破けて、5ミリ大の穴が空いてしまいました。((( ;゚Д゚)))
                周辺の毛も抜けて、カッパ禿げです。( ノД`)…

                右のアゴも穴が開きました。
                なんでこんなに酷い事になるのかと思います。
                辛いです。( ノД`)…

                ただ、右頬の大穴の膿が出なくなってきたとのことで、ホッとしたのですが、アタマとアゴから出てきてるから、もうどうしたらいいのか。

                鼻から管を入れて給餌する方法もあるという説明も聞きました。
                それで栄養補給をするそうです。
                特に勧められた訳ではありませんが、延命処置の選択肢を突きつけられるのは辛いです。
                選択しないことを選ぶことは、つまり諦めるということだからです。( ;´・ω・`)

                傷の処置をして貰って、点滴もしてもらいました。
                給水用のシリンジを分けて下さいとお願いしたのですが、貰うのを忘れてしまいました。

                それと、看護師さんに、匂いが結構スゴいので、何か有りませんか?とお願いしてみたら、バイオウィルという消臭殺菌スプレーを出してくれました。
                これが1800円もするんですが、効きました!
                匂いがスッと消えます。
                コットンを湿らせて、披毛の汚れた所を拭くと、少しだけでもきれいになりますしね。

                今日はこれで6500円!
                アハハハハハ ヾ(@゜▽゜@)ノ
                体重は2、5キロに減りました。


                帰宅してから夜まで、りうちゃんは横になったままです。
                時々、ひっくり返しています。
                眠っていません。
                辛いです。( ノД`)…

                目も真ん丸で、瞳孔が開いています。
                あまり見えてないのかもしれません。
                でも、時々、瞳が動きます。
                しっかりした眼です。
                真ん丸でとてもかわいいです。
                戦国武将みたいな眼光鋭い目も大好きです。

                今夜から、りうちゃんに付き添って、私は居間のソファーで寝ます。
                ちょっと狭いので寝心地は良くないですが、ベッドで寝てる時も、りうちゃんに2/3取られてるから大丈夫です。

                そう言えば、昨晩、ちょっと遅めに就寝した時、いきなり、りうちゃんが手で私の持っていたタブレットの画面をバシバシ叩いたので、ビックリしました。
                私はなにもしてないですが、きっとどこかが痛くなったので、私がやったと思ったのかもしれません。( ;´・ω・`)

                明日も病院に行きます。
                が、治療を止めるという選択肢が現実味を帯びてきました。
                私は優柔不断で、メニューは最後まで決められない人間です。

                どんどん悪くなる。
                食べない、飲まない、多分もう歩けない、鳴かない。
                これ以上治療を続けることは、無理な延命処置をしてるだけかもしれません。
                どんな状態でも生きていてほしいと、21才になるネコさまに望むのは酷かもしれないです。

                決められません。
                でも、決められません。( ;´・ω・`)


                辛いです。

                0
                  りうちゃんの病状は日増しに深刻になってきています。
                  夜、抱っこしてみたら、右の下顎の状態が悪化してる事に気がつきました。
                  病院ではなんの説明もありませんでした。( ;´・ω・`)
                  判ってるけど言わないのか、気づいていないのか。
                  どっちにしてもちょっとそれはないんじゃないの?と思います。

                  もう治療の方法がないのかもしれません。
                  完治は無理でも、症状の緩和、もしくは現状維持できれば、と思っていますが、どんどん悪くなっています。
                  抗生物質は膀胱炎などに使われるビクタス錠40 ですが恐らく効いていません。

                  自己責任で口内炎に効果があるという抗生物質を購入して自己責任で与えるかどうか、きっともう間に合わないかもしれないのに迷っています。
                  サプリメントもいろいろあるみたいですが、そんなもんじゃもう間に合わないでしょう。

                  こがねちゃんの時はホントに突然で、私はおろかにもきっと回復すると思っていたので、いきなり足元が崩れた感じでした。

                  でも、りうちゃんの場合は、今は、じわじわ首が絞められていく感じです。
                  長期戦と言うのは、少しづつ小刻みに目盛が上下しながらも上がっていくことをいうのだと思っていますが、現実にはどんどん下降して行っています。

                  今日もほとんど食べられませんでした。
                  今日の先生はステロイドに難色を示しましたが、私は与えるつもりです。
                  免疫力が下がるとしても、少しでも食べる方がましです。

                  病院に不信感は持ちたくありません。
                  でも、過信しすぎるのもダメかもしれません。

                  今日のりうちゃん

                  0
                    今日も病院です。

                    今日も朝の5時前に起きてきて、どうするのかな、と思ったら、ネコトイレに行きました。
                    トイレでトイレするのかな? と、見てたら手前の床に小さいウンチが出ました。
                    ちょっとでもでるだけましです。

                    台所に行って、食べるかな?と思ったのですが、ほとんど食べません。( ;´・ω・`)
                    どうも匂いが分かりにくくなってるような気がします。
                    食べる気はあるみたいで、口を近づけては来るのですが、一口舐めて止めます。
                    歩いて居間に行ってしまうので、食べないのかなあ、と思って、片付けようと思ったら、戻ってきて…
                    を、3〜4回繰り返します。
                    それでも食べてくれたら、どうということはないのですが、そうでないと辛いです。

                    今日の先生は初めての女性の先生です。
                    獣医師さんはなぜだか美人さんばかりですね。
                    やっぱり、体重は減ってました。
                    2.6.2キログラム。

                    体温が35度ちょっとしかなくて、低体温になっていました。
                    血圧は問題ないのですが、手足がやや冷たいです。
                    湯タンポで温めてもらいました。

                    おでこの腫れはさらに増しています。
                    私は待合室に逃げたのですが、注射で抜いて見たら、膿が6CCほど出たそうです。
                    腫瘍の可能性もゼロではないですが、口内炎の膿だと思ってよいみたいです。
                    また溜まるかもしれないとのこと。

                    洗浄の処置と点滴をしてもらって、診察室に呼ばれたので戻ったら、頭にネットをつけてもらっていました。
                    大袈裟だけど、傷口を保護するためのようです。

                    正直、先生によって処置がいろいろ違う事にちょっと溜め息が出ます。
                    診断がまるで違うとか言うことはないですが、判断にはやはり個人差があります。
                    メリットかデメリットかは、場合によると思います。

                    今日は点滴もしたので4500円!
                    もうかなりマヒして来ました。(*´・з・)


                    今は、寝ています。
                    とにかく暖かくしないといけません。


                    痛々しいでしょう?
                    生きるということを極めた姿なのだと思います。
                    死ぬに死ねない、とも言えるかもしれませんが、それは多分、健康な者が思うことなのでしょうね。



                    また問題が出てきて

                    0
                      今日は病院です。
                      待ち時間が長いと可哀想なので、朝イチで行くのですが、毎日それだとストレスになるので、今日はちょっと遅めに行きました。
                      朝イチ組の方々が引けた後のようで空いててよかったです。

                      左腕のむくみは今日はおさまってて、先生に聞くとやはり点滴の影響でした。
                      よかったあ。

                      早朝に起きてきてゴハンを結構食べてくれたせいか、体重が2.7キログラムに増えていました。
                      チュールも一本食べましたしね。

                      傷口を洗ってもらいます。
                      膿はまだ出ているとのこと。(´;ω;`)
                      毎日洗浄に来た方がいいですって、ちょっと怒られました。
                      昨日来なかったからね。
                      その都度、診てくれる先生が違うと、こういうこともありますね。

                      で、左側の顔が腫れてる気がすると相談しましたら、
                      顔は腫れてないけど、額が腫れてることがわかりました。
                      口内炎か別の腫瘍かはCTスキャンでもしないとわからないそうで。

                      またしても凹みました。
                      また問題が出てきてしまいました。( ;´・ω・`)

                      今日は洗浄と、ステロイドをいただいて2500円ぐらい。
                      すんごい安いと思える事に泣けてきます。

                      帰宅してから、凹みながら様子を見ていたら、額だけではなく、後頭部の右側も腫れてる事に気がつきました。
                      額も頭も触るとフヨフヨします。
                      怖いので、軽くしか触りませんが、痛がらないです。
                      私は、これは口内炎の膿だと思います。
                      膿がこんなとこに回っていることだって怖いのですが。
                      もうホントに、治ることは奇跡的なことかもしれません。
                      可哀想で辛いです。
                      痛くて泣いたり暴れたりしないこと、少しづつでも食べてくれること、だけが救いです。

                      母が、傷口を見て、
                      「こんなワニにかじられたみたいになって…( ノД`)…」
                      って言ったので、ちょっと笑ってしまいました。
                      なぜだか少し救われました。



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      楽天市場

                      キャットフード

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM