看取りの時間

0
    病院に行くのはやめました。

    看取りの時間を過ごす事にしました。
    ずっと側にいて、天命に委ねます。

    病院に行くかどうか迷い増したが、もう食べないし、水も飲めないし、立ち上がることも歩く事もできそうにありません。
    病院に行ってケアを受けても、しんどいだけでしょう。
    病院が好きなわけはないですからね。

    おみみを撫でると、ちょっと嬉しそうです。
    目を少し細めて動きます。

    こがねちゃんの時はホントに突然だったので、こんな時間はありませんでした。
    こがねちゃんは、あっという間にダッシュして飛び出して行ってしまいました。
    に何度もお外に脱走した、こがねちゃんらしいと言えばらしいですね。

    りうちゃんは、こわがりで用心深いネコなので、まだしばらくいてくれるでしょう。
    来週の予定は全部キャンセルで、後先考えずにぶっちぎります。

    時々、泣けてきますが、がまんしないとね。
    りうちゃんがせっかくくれた時間ですから、穏やかに過ごしましょう。

    お言葉、ありがとうございます。
    とても救われます。
    りうちゃんは幸せなネコです。



    今日のりうちゃん

    0
      今日も病院です。

      こわい話が多いので、申し訳ないです。
      ホントにこわいです。( ノД`)…

      昨夜、就寝時に、りうちゃんのアタマのとっぺんから白いクリーム状の膿が出始めました。((( ;゚Д゚)))
      コットンを充てて、被っているネットでおさえて寝ました。

      今日は、早朝にりうちゃんは起きませんでした。
      私の方が先に目が覚めてしまい、8時前にりうちゃんを抱えて居間に降りました。
      パンツを見てみたけど、おしっこは出ていませんでした。
      ごはんも食べません。
      チュールも舐めません。
      お水をシリンジで少しだけ飲ませてみましたが、口が痛いのでしょうね。
      いやがります。( ノД`)…

      粉末の抗生物質を水で溶いてシリンジで飲ませてみましたが、嫌がるので半分ぐらいしか飲ませられなかったです。( ノД`)…

      病院で洗浄の処置です。
      こわい。
      もうこわいし可哀想で辛いです。
      アタマのとっぺんが破けて、5ミリ大の穴が空いてしまいました。((( ;゚Д゚)))
      周辺の毛も抜けて、カッパ禿げです。( ノД`)…

      右のアゴも穴が開きました。
      なんでこんなに酷い事になるのかと思います。
      辛いです。( ノД`)…

      ただ、右頬の大穴の膿が出なくなってきたとのことで、ホッとしたのですが、アタマとアゴから出てきてるから、もうどうしたらいいのか。

      鼻から管を入れて給餌する方法もあるという説明も聞きました。
      それで栄養補給をするそうです。
      特に勧められた訳ではありませんが、延命処置の選択肢を突きつけられるのは辛いです。
      選択しないことを選ぶことは、つまり諦めるということだからです。( ;´・ω・`)

      傷の処置をして貰って、点滴もしてもらいました。
      給水用のシリンジを分けて下さいとお願いしたのですが、貰うのを忘れてしまいました。

      それと、看護師さんに、匂いが結構スゴいので、何か有りませんか?とお願いしてみたら、バイオウィルという消臭殺菌スプレーを出してくれました。
      これが1800円もするんですが、効きました!
      匂いがスッと消えます。
      コットンを湿らせて、披毛の汚れた所を拭くと、少しだけでもきれいになりますしね。

      今日はこれで6500円!
      アハハハハハ ヾ(@゜▽゜@)ノ
      体重は2、5キロに減りました。


      帰宅してから夜まで、りうちゃんは横になったままです。
      時々、ひっくり返しています。
      眠っていません。
      辛いです。( ノД`)…

      目も真ん丸で、瞳孔が開いています。
      あまり見えてないのかもしれません。
      でも、時々、瞳が動きます。
      しっかりした眼です。
      真ん丸でとてもかわいいです。
      戦国武将みたいな眼光鋭い目も大好きです。

      今夜から、りうちゃんに付き添って、私は居間のソファーで寝ます。
      ちょっと狭いので寝心地は良くないですが、ベッドで寝てる時も、りうちゃんに2/3取られてるから大丈夫です。

      そう言えば、昨晩、ちょっと遅めに就寝した時、いきなり、りうちゃんが手で私の持っていたタブレットの画面をバシバシ叩いたので、ビックリしました。
      私はなにもしてないですが、きっとどこかが痛くなったので、私がやったと思ったのかもしれません。( ;´・ω・`)

      明日も病院に行きます。
      が、治療を止めるという選択肢が現実味を帯びてきました。
      私は優柔不断で、メニューは最後まで決められない人間です。

      どんどん悪くなる。
      食べない、飲まない、多分もう歩けない、鳴かない。
      これ以上治療を続けることは、無理な延命処置をしてるだけかもしれません。
      どんな状態でも生きていてほしいと、21才になるネコさまに望むのは酷かもしれないです。

      決められません。
      でも、決められません。( ;´・ω・`)


      辛いです。

      0
        りうちゃんの病状は日増しに深刻になってきています。
        夜、抱っこしてみたら、右の下顎の状態が悪化してる事に気がつきました。
        病院ではなんの説明もありませんでした。( ;´・ω・`)
        判ってるけど言わないのか、気づいていないのか。
        どっちにしてもちょっとそれはないんじゃないの?と思います。

        もう治療の方法がないのかもしれません。
        完治は無理でも、症状の緩和、もしくは現状維持できれば、と思っていますが、どんどん悪くなっています。
        抗生物質は膀胱炎などに使われるビクタス錠40 ですが恐らく効いていません。

        自己責任で口内炎に効果があるという抗生物質を購入して自己責任で与えるかどうか、きっともう間に合わないかもしれないのに迷っています。
        サプリメントもいろいろあるみたいですが、そんなもんじゃもう間に合わないでしょう。

        こがねちゃんの時はホントに突然で、私はおろかにもきっと回復すると思っていたので、いきなり足元が崩れた感じでした。

        でも、りうちゃんの場合は、今は、じわじわ首が絞められていく感じです。
        長期戦と言うのは、少しづつ小刻みに目盛が上下しながらも上がっていくことをいうのだと思っていますが、現実にはどんどん下降して行っています。

        今日もほとんど食べられませんでした。
        今日の先生はステロイドに難色を示しましたが、私は与えるつもりです。
        免疫力が下がるとしても、少しでも食べる方がましです。

        病院に不信感は持ちたくありません。
        でも、過信しすぎるのもダメかもしれません。

        今日のりうちゃん

        0
          今日も病院です。

          今日も朝の5時前に起きてきて、どうするのかな、と思ったら、ネコトイレに行きました。
          トイレでトイレするのかな? と、見てたら手前の床に小さいウンチが出ました。
          ちょっとでもでるだけましです。

          台所に行って、食べるかな?と思ったのですが、ほとんど食べません。( ;´・ω・`)
          どうも匂いが分かりにくくなってるような気がします。
          食べる気はあるみたいで、口を近づけては来るのですが、一口舐めて止めます。
          歩いて居間に行ってしまうので、食べないのかなあ、と思って、片付けようと思ったら、戻ってきて…
          を、3〜4回繰り返します。
          それでも食べてくれたら、どうということはないのですが、そうでないと辛いです。

          今日の先生は初めての女性の先生です。
          獣医師さんはなぜだか美人さんばかりですね。
          やっぱり、体重は減ってました。
          2.6.2キログラム。

          体温が35度ちょっとしかなくて、低体温になっていました。
          血圧は問題ないのですが、手足がやや冷たいです。
          湯タンポで温めてもらいました。

          おでこの腫れはさらに増しています。
          私は待合室に逃げたのですが、注射で抜いて見たら、膿が6CCほど出たそうです。
          腫瘍の可能性もゼロではないですが、口内炎の膿だと思ってよいみたいです。
          また溜まるかもしれないとのこと。

          洗浄の処置と点滴をしてもらって、診察室に呼ばれたので戻ったら、頭にネットをつけてもらっていました。
          大袈裟だけど、傷口を保護するためのようです。

          正直、先生によって処置がいろいろ違う事にちょっと溜め息が出ます。
          診断がまるで違うとか言うことはないですが、判断にはやはり個人差があります。
          メリットかデメリットかは、場合によると思います。

          今日は点滴もしたので4500円!
          もうかなりマヒして来ました。(*´・з・)


          今は、寝ています。
          とにかく暖かくしないといけません。


          痛々しいでしょう?
          生きるということを極めた姿なのだと思います。
          死ぬに死ねない、とも言えるかもしれませんが、それは多分、健康な者が思うことなのでしょうね。



          また問題が出てきて

          0
            今日は病院です。
            待ち時間が長いと可哀想なので、朝イチで行くのですが、毎日それだとストレスになるので、今日はちょっと遅めに行きました。
            朝イチ組の方々が引けた後のようで空いててよかったです。

            左腕のむくみは今日はおさまってて、先生に聞くとやはり点滴の影響でした。
            よかったあ。

            早朝に起きてきてゴハンを結構食べてくれたせいか、体重が2.7キログラムに増えていました。
            チュールも一本食べましたしね。

            傷口を洗ってもらいます。
            膿はまだ出ているとのこと。(´;ω;`)
            毎日洗浄に来た方がいいですって、ちょっと怒られました。
            昨日来なかったからね。
            その都度、診てくれる先生が違うと、こういうこともありますね。

            で、左側の顔が腫れてる気がすると相談しましたら、
            顔は腫れてないけど、額が腫れてることがわかりました。
            口内炎か別の腫瘍かはCTスキャンでもしないとわからないそうで。

            またしても凹みました。
            また問題が出てきてしまいました。( ;´・ω・`)

            今日は洗浄と、ステロイドをいただいて2500円ぐらい。
            すんごい安いと思える事に泣けてきます。

            帰宅してから、凹みながら様子を見ていたら、額だけではなく、後頭部の右側も腫れてる事に気がつきました。
            額も頭も触るとフヨフヨします。
            怖いので、軽くしか触りませんが、痛がらないです。
            私は、これは口内炎の膿だと思います。
            膿がこんなとこに回っていることだって怖いのですが。
            もうホントに、治ることは奇跡的なことかもしれません。
            可哀想で辛いです。
            痛くて泣いたり暴れたりしないこと、少しづつでも食べてくれること、だけが救いです。

            母が、傷口を見て、
            「こんなワニにかじられたみたいになって…( ノД`)…」
            って言ったので、ちょっと笑ってしまいました。
            なぜだか少し救われました。


            今日のりうちゃん

            0
              今日は病院に行かなかったので、少し気持ちが楽です。
              でも、午前2時半と7時半頃にりうちゃんに起こされ、二回ごはんを食べさせました。
              大体20分〜30分かかります。
              朝ドラを観てから、また寝ました。( ;´・ω・`)
              10時過ぎに起きまして、りうちゃんを抱えて階段を
              降りて行く途中、たまたまメガネをしていなかったため、階段の最後の一段を踏み外しました。
              もうないと思ったらもう一段あったってやつです。( ;´・ω・`)
              私は膝を床に強打しましたが、りうちゃんは床にそっと置くことに成功しました。
              だから膝を強打したわけで。
              きっとカラフルアザになりますね。( ;´・ω・`)

              結構大きな音がしたので、母にしこたま怒られました。
              私の心配より、りうちゃんの心配をしてくれたので、ありがたいです。( ;∀;)

              実は、その前の夜に、りうちゃんの左腕がむくんでいる事に気づいて焦りました。
              別に痛がってはいないし、歩くので、病院どうしようと思ったのですが、点滴の影響でこうなる場合もあるらしいとネット検索でわかったので、病院は1日休むことにしました。

              ホームセンターで新しく買ってきたどろんどろんペーストのフード、気に入ってくれてよく食べます。
              舌も今日はだいぶ出ています。
              先生の指示で、ステロイドを一回与えたので、その効果だと思います。
              ステロイドは食欲旺盛になるそうです。。
              もう食べてくれるのならなんでもいいです。

              気になってきたのは、傷口のない左側の顔が少しむくんでいることです。( ;´・ω・`)
              右を下にするのが怖いので、いつも左を下にするので、そのせいかどうか。( ;´・ω・`)
              病院で聞いてみないと。

              私のメンタルもヤバくなって来ました。
              不安と焦りがヒタヒタヒタヒタ押し寄せてきて、もうすぐ膝上まで来そうです。
              食欲不振で、食べるは食べますが、摂取してるだけで、あんまり味がしません。( ;´・ω・`)
              テレビの内容も半分ぐらいしか頭に入って来ません。

              たまにフッと、さっぱりした清々しいような気持ちになりますが、またすぐにゾクゾクした焦りが押し寄せてきます。
              今ならまだ何かしら手はあるんじゃないか、という焦りです。
              りうちゃんの状態に左右されまくりです。
              自分の弱さが情けなく、私には動物と暮らす資格がないと思います。
              もっとしっかりしないといけません。


              長期戦というかなんというか

              0
                朝イチで病院に行きました。
                ちょっと重い話になります。

                未明に、りうちゃんがどうしても起きると言うので、階段を転がり落ちると怖いので、私も起きて階下に降ろしました。
                ごはんを食べたいのかな、と思って出したけど食べません。
                きっと口の中が痛いのだと思います。( ;´・ω・`)
                居間と廊下をウロウロよたよた歩いたと思ったら、四センチぐらいのウンチしてました。
                ウンチがしたくて起きたらみたいです。

                また少し眠って、起きたのですが、やっぱりあんまり食べません。( ;´・ω・`)
                仕方がないので病院に。

                傷を見ていただいたら、口の奥側から膿が出てきていて、口の中の奥歯の辺りにも膿が出ていてました。
                やはり口内炎が悪化した傷口のようです。
                昨日ほど膿は出ませんでしたが、思わしいものではありません。( ;´・ω・`)

                話の流れで、このままだとどれぐらいもつか、先生の印象と私見で良いので、と聞いてみました。
                答えにくい事を聞いているのは承知しています。
                どこも悪くなければ一年でももっとでも大丈夫だと思うけれども、今の状態では半年ぐらいかもしれないとのこと。

                ということは、春先までもつかどうかと、私は理解しました。

                集中して治療はすれば治るものであれば毎日通って下さいと言えるけど、高齢で回復力が落ちているので長期戦にならざるをえない。
                費用的にも大変になるので、可能な範囲での治療を考えて行くので、遠慮なく言ってください。
                とのこと。

                つまり、完治回復は難しいので、あとは延命のための治療になると理解しました。

                私の希望は、りうちゃんが痛い苦しい思いをしないことです。
                あちこち排泄しても、また、歩けなくても、ちょっとでもごはんを食べて、お水も飲んで、熟睡できれば言うことありません。

                痛い痛い痛い苦しい苦しい、食べたくない食べられない、痛い痛い…
                という状態では生き長らえる…ことがむごいのか、だからといって治療をやめて自然に任せることの方がむごいのか、
                あるいは眠らせて全うさせることの方がむごいのか、どうなのか。

                どこかの段階でどれかを選択しないといけません。
                苦痛があることを承知で、がんばれがんばれと延命治療をする選択は無いように思います。
                20才ですからね。
                病に、倒れた20才です。
                まだまだ生きられる若いネコではありませんから。



                安楽死と言うのは、言葉としてはきついですね。
                眠らせて全うさせると言い換えますが、この選択も酷いですが視野に入って来ました。
                それだけ病状は深刻で痛々しいです。
                右の頬の直径三センチ大の傷口は、免疫力があがって治癒しなければどんどん広がるそうです。
                こんなことになっては、とても生きられるもんではないと思います
                24時間が苦しいはずです。

                なんでも食べられそうなものを食べてよいとのこと。
                子猫用のフードもいいそうです。
                チュールもいいと。
                もう、もったいないから残ったフード全部食べろとは言いません。
                食べられそうなものを用意して、食べられたら良かったね、という話です。

                今日は点滴もしました。
                4500円!

                昨日と同じ男性の先生でしたが、今後は出来るだけこの先生にお願いしようかと思っています。
                りうちゃんは若いきれいな美人さんの先生が希望!かもしれないけど、傷口が相当エグいのと、りうちゃんは力が無駄に強いので、男性の先生の方がいいような気がします。

                ものすごく辛いです。
                自然に任せるとか、本人の生命力次第と言っても、決断をするのは私、生き死にを決めるのは私なのです。
                ネコと暮らす、最後まで責任を持つということは、こういうことなのですね。

                読んで下さる方にはありがとうございます。
                余裕がなくてお返事をお返しできず申し訳ありません。
                特に、まるる様、大変な状況にもかかわらずお言葉をいただきありがとうございます。
                まるる様の所は大丈夫なのかな、お辛いだろうなと案じております。
                なかなかお返事をお返しできず本当に申し訳ありません。
                お辛いことが多々おありだと思います。
                好きなだけ書き込んで下さい。
                吐き出すことでまとまる考えもありますし、落ち着く気持ちもあります。
                どうぞご遠慮なく。


                凹んでしまう

                0
                  病院に行きました。
                  また。(´;ω;`)

                  今日は男性の先生です。
                  ちょっと内容が野戦病院並みに怖いので、心してくださいね。(´;ω;`)

                  もうね、薄いかさぶたの下から白い膿が玉になってニュルニュル出てきて、スタイリングムースみたいにニュルニュル出てきて、もう、(´;ω;`)
                  膿を出しきると、パックリ空いた穴にシリンジみたいな器具で水をジャバジャバ注いで洗浄ですわ。

                  それが終わったら、傷口の表面の黒くなってる皮膚は壊死してるから切除しますってね、さすがにここは見ていられなくて出ましたけど、切除したから筋肉丸見えになってしまって。(´;ω;`)

                  今日は、精神も心もガッツリ凹みました。
                  高齢で免疫力が落ちてるからということで、治るとは言って下さらなかったことに凹みました。
                  もしかしたら、ホントにこの傷口が命取りになるかもしれません。
                  口内炎が悪化した結果の傷かどうかも断言はできないようです。
                  ただ、私は状況から見て口内炎が原因だと思っていますが、お医者さんはその断言はできないようでした。
                  傷口がよくなってきたら、縫合するかもとのことですが、するとか、しようととかはおっしゃらない。

                  明日から毎日、消毒と洗浄に通うことになりました。(´;ω;`)
                  金額的にもどうなるのか、想像したくありません。
                  でも、こんな傷口を放置なんかできません。

                  先ずは免疫力を上げて、傷を治すしかないのですね。
                  幸い、本当に幸いなことにまだ自発的に食べることができますし、お水も飲みます。
                  血の混じったヨダレは時々出ますが、まったく食べられなかった時の事を考えると、今はまだましです。

                  痛々しい傷口を上にして横になって寝ているのは可哀想で辛いです。
                  傷口のある右のほうの目がうまく閉じないのか、目を開けたまま寝てるのも辛いです。
                  涙が目元から鼻に流れてるのも辛い。(´;ω;`)

                  お金のなんとかなる限り治療は続けますが、自分でできることも探していかないといけないと思います。

                  今日のりうちゃんの体重は2.6キログラム。
                  6000円!



                  ほっぺが腫れて ( >Д<;)

                  0
                    土曜日の朝、起きて居間に行くと、離れた所にいたりうちゃんのほっぺたが片方ふくれているのに気がつきました。

                    見てみるとやっぱりふくれて固いのです。
                    毛が少しダマになっていたので、引っ張ってみたらスポッと抜けて、うわあああああああ!

                    皮膚が赤くなって膿んだ様になっていました。
                    もう即病院です。
                    朝ごはん抜きで病院です。( ;´・ω・`)

                    結果は、口内炎が悪化して、外側に出てきているとのこと。
                    ほっぺの毛を少し刈って、膿を出してもらいました。
                    うわあああああああ ( >Д<;)

                    もしかしたら、やっぱり腫瘍とか癌なんじゃないかと思いましたし、こんな傷口見てしまうと、口内炎なんて生易しいもんじゃないんじゃないかと、オロオロウロウロしてしまいます。

                    食欲はそこそこあって、食べるのが救いですが、寝てる時も衰弱してるんじゃないかと心配で辛いです。
                    私がつらがっても仕方がないんですけどね。

                    ステロイドはちょっと中断することになりました。
                    抗生物質だけになります。
                    でもまたヨダレに少し血が混じってるので、ステロイドとさようならってわけにはいかないと思います。

                    今日は、膿を出してもらって、5000円!
                    きれいな若い美人さんが、見るも無惨な傷口の膿を出してしまうのですから、獣医師さんってスゴいなあと思いました。

                    明日も消毒で病院に行きます。
                    口内炎の恐ろしさが段々わかってきました。
                    皆様も、病院に行かれる時は、ついでに口の中や歯も見てもらって下さい。
                    仔猫や若いネコさんは、一日でも早く歯磨きをがんばって初めて下さい。
                    口内炎は、早いと3〜4才でも発症するようです。
                    年齢は関係ないのだと思います。


                    特に痛がってはいませんが、痛くないわけないと思います。( ノД`)…

                    食べられる幸せ

                    0

                      ボケボケですが、りうちゃん、食べることができます。
                      ステロイドのお陰です。
                      複雑な気持ちですが、ありがとうステロイド作ってくれた人。

                      心配して下さる方にもありがとうございます。
                      りうちゃん、今は元気で食べてます。
                      夜中の2時まえに。( ;´・ω・`)


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      楽天市場

                      キャットフード

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM